新しいMacBook Air、Mac mini、MacBook Pro 13は全て同じ「Apple M1」搭載、冷却性能で差をつける?

今秋最後のApple Eventにて、待望のApple Silicon Macが発表されました。

apple_m1_mac01.jpg
書きたいことが多すぎて困るのですけれど、今回登場したMacBook AirMac miniMacBook Pro 13インチは全て同じスペックのApple M1チップ搭載と相成りました。厳密にいえば、Air下位機種に限りGPUを1コア減らして7コアにするという微妙な差別化が図られています。

apple_m1_mac02.jpg
各機種ともそれぞれの旧モデルより何倍速いかという指標が示されたのみで、新しいAirとProの性能差などは現段階で不明です。しかしイベント動画を通して察せられるのは、冷却能力の違いによって最大パフォーマンスを抑制、あるいは発揮可能な時間差を設けたことでしょうか。なにせMacBook Airはファンレスで来ましたからねぇ。

いうまでもなく個人的にはMac miniに大注目ですよ。ただまぁ……パフォーマンスに関する一通りの評価が出るまでは手を出しづらいところ。ともあれMac新時代の幕開け、ですっ。

Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ【4K対応HDMI出力ポート / 60W出力 Power Delivery 対応USB-Cポート / 1Gbps イーサネット / 2つの USB-A ポート / microSD & SDカード スロット搭載 】 MacBook Pro / iPad Pro / ChromeBook 他対応 テレワーク リモート 在宅勤務
Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ【4K対応HDMI出力ポート / 60W出力 Power Delivery 対応USB-Cポート / 1Gbps イーサネット / 2つの USB-A ポート / microSD & SDカード スロット搭載 】 MacBook Pro / iPad Pro / ChromeBook 他対応 テレワーク リモート 在宅勤務

関連記事 関連記事:

今般発表されたM1 Macは、RAMのカスタマイズオプションが16GBに限られる。上位M1に期待?: パワーリンゴ(2020/11/12)

いよいよApple Silicon Macかっ。「Apple Event」第3弾は日本時間11月11日午前3時から。: パワーリンゴ(2020/11/03)

「macOS Catalina 10.15.7 追加アップデート」配布、純粋なセキュリティアップデート。

内容がないよう……ですが、いちおう。Appleが「macOS Catalina 10.15.7 追加アップデート」を配布しています。

catalina10157supple01.jpg
システム環境設定のソフトウェア・アップデートからどうぞ。効能書きは以下。
macOS Catalina 10.15.7追加アップデートをすべてのユーザに推奨します。このアップデートを適用するとmacOSのセキュリティが向上します。

一部の機能は地域やAppleデバイスによっては利用できないことがあります。このアップデートのセキュリティコンテンツについて詳しくは、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/kb/HT201222

純粋なセキュリティアップデートのようですね。

macOS Catalina パーフェクトマニュアル - 井村 克也
macOS Catalina パーフェクトマニュアル - 井村 克也

「watchOS 7.1」配布。Macのロックを解除できなかった問題が修正される。心電図はまたお預け。

アップデータリリースの前日に記した不具合があっさり解決されましたヨ。Appleが「watchOS 7.1」を配布しています。

watchos71_01.jpg
効能書きは以下。
watchOS 7.1には、新機能、機能改善、およびバグ修正が含まれます。

・ヘッドフォンの音量が聴覚に影響を及ぼす可能性がある場合に通知する機能を追加
・韓国とロシアでApple Watch Series 4以降の“心電図” Appに対応
・韓国とロシアで不規則な心拍の通知に対応
・一部のユーザがApple WatchでMacのロックを解除できなかった問題を解決
・Apple Watch Series 6でユーザが手首を上げたときに画面が暗いことがある問題を修正

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/ja-jp/HT201222


watchos71_02.jpg
というわけで、Macのロック解除ができなくなる問題が無事に修正されました。watchOSのアップデート直後にオンにしようとするも、例の『通信できませんでした』が表示されたのでMacBook Proを再起動。すると、自らシステム環境設定を開くまでもなく『Apple WatchでMacのロックを解除』通知が現れ、あっさり有効化できた次第です↑

待望の心電図ですが……韓国とロシアに対応したものの、日本はまたお預けです。認可に向けた動きが噂されていましたけれど、やはり壁は厚いんでしょうかね。

最新 Apple Watch SE(GPSモデル)- 40mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド
最新 Apple Watch SE(GPSモデル)- 40mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド
Series 6が現行機種でいるうちに心電図機能が解禁されなければ、SEの存在意義は非常に大きいものとなりましょう。

関連記事 関連記事:

事情により復元したwatchOS 7のApple Watch Series 3で「Macのロック解除」ができなくなる。既知の問題?: パワーリンゴ(2020/11/05)

内容充実、「iOS 14.2」「iPadOS 14.2」配布。AirPodsのバッテリー充電も最適化される。

アップデート祭りですよ。Appleが「iOS 14.2」「iPadOS 14.2」を配布しています。

ios142_01.jpg
デバイス単体もしくは母艦経由でアップデートしてください。iOS 14.2の効能書きは以下。
iOS 14.2には、iPhone用の以下の機能改善が含まれます:
・動物、食べ物、顔、家庭用品、楽器、性差別のない絵文字など、100種類以上の新しい絵文字
・ライトモードとダークモードの両方のバージョンでデザインされた8枚の新しい壁紙
・拡大鏡で近くにいる人を検知し、iPhone 12 ProおよびiPhone 12 Pro Maxに搭載されているLiDARセンサーでその人との距離を報告可能
・MagSafe対応iPhone 12レザースリーブに対応
・AirPodsのバッテリー充電を最適化し、AirPodsがフル充電された状態の時間を減らすことで、バッテリーの劣化速度を抑制
・ヘッドフォンの音量通知機能によって、音量が聴覚に影響を及ぼす可能性があるときに警告
・新しいAirPlayコントロールで家中にエンターテイメントをストリーミング
・iPhone、iPad、Apple Watch、AirPods、CarPlayでHomePodおよびHomePod miniのインターコムに対応
・HomePodをApple TV 4Kに接続してステレオ、サラウンドサウンド、ドルビーアトモスオーディオを再生可能
・接触通知に関する統計情報を、個人を特定しない形で対象の公衆衛生当局に提供するオプションを追加

このリリースには、以下の問題の修正も含まれます:
・ホーム画面のDockでAppが機能しなくなる問題
・カメラを起動したときに、カメラファインダーが黒く表示されることがある問題
・パスコードを入力しようとしたときに、ロック画面のキーボードをタッチしても認識されない可能性がある問題
・“リマインダー”で過去の時間がデフォルトで設定されることがある問題
・“写真”ウィジェットにコンテンツが表示されないことがある問題
・“天気”ウィジェットで華氏を設定しているのに最高気温が摂氏で表示されることがある問題
・“天気”の“これから1時間の降水確率”の表で、雨の止む時間が誤って表示されることがある問題
・“ボイスメモ”の録音中に電話がかかってくると中断される問題
・Netflixのビデオを再生中に画面が黒くなることがある問題
・Apple Watch Appを開いているときに、予期せずApple Watch Appが終了することがある問題
・一部のユーザで、“ワークアウト”のGPS経路やヘルスケアデータがApple WatchとiPhone間で同期されない問題
・CarPlayダッシュボードで、オーディオが“再生停止中”と誤って表示される問題
・デバイスがワイヤレスで充電されない可能性がある問題
・iCloudバックアップからiPhoneを復元した場合、またはiPhoneの移行機能を使用して新しいiPhoneにデータを転送した場合に接触通知が無効になる問題

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

私が興味を惹かれた項目は、AirPodsにもバッテリー充電を最適化する機能が付されたこと。むしろ、初代はともかく第2世代AirPodsやAirPods Proが登場時より対応していなかったのは意外ですねぇ。

エレコム AirPods用 ネックストラップ 【 落下防止 ケーブル 】iPhone7 iPhone7 Plus イヤホン ストラップ スポーツ クリア P-APAPNCR
エレコム AirPods用 ネックストラップ 【 落下防止 ケーブル 】iPhone7 iPhone7 Plus イヤホン ストラップ スポーツ クリア P-APAPNCR
AirPodsの落下防止ネックストラップといった本末転倒アイテムが話題になっているようですけれど、個人的にはケースへ出し入れする際にいちいち脱着する必要がある点に難を覚えます。

事情により復元したwatchOS 7のApple Watch Series 3で「Macのロック解除」ができなくなる。既知の問題?

まず率直に申しますと、Apple Watch Series 3とwatchOS 7の組み合わせは最悪ですっ。これほど酷くなるのは想定外でして、Apple Watch SEを「微妙な立ち位置」などと腐した件については撤回します。

watchos7_mac_unlock01.gif
本題ですが、我がSeries 3をwatchOS 7.0.3にアップデートして以来、特定の通知が全く来なくなったのです。設定をいじくり回しても埒が明かないため、思い切ってリセットすることに↑

初期化〜再セットアップ中にも一度落ちて最初からやり直したりと、結構ギリギリな状態でどうにか完了。幸い通知の不具合は解消され一安心です。

watchos7_mac_unlock02.jpg
ところが……新たな問題を召喚してしまいましたヨ。Apple WatchによるMacBook Proの自動ロック解除が機能しないといいますか、設定できなくなりました↑ チェックボックスをオンにしようとするも『MacとApple Watchが通信できませんでした。』ですって。

ただ、『Apple WatchでMacのロック解除ができない?Appleサポートに複数報告 - iPhone Mania』のように、本件はwatchOS 7以降で生じる既知の問題らしいですね。いちおう解決策が公開されているものの、キーチェーンアクセスを触ることはplistファイルの編集などよりはるかに怖いのでやめておきます。Appleが認識しているのなら遠からずアップデートで解決されるはず、きっと、たぶん。

最新 Apple Watch Series 6(GPSモデル)- 40mm (PRODUCT)REDアルミニウムケースと(PRODUCT)REDスポーツバンド
最新 Apple Watch Series 6(GPSモデル)- 40mm (PRODUCT)REDアルミニウムケースと(PRODUCT)REDスポーツバンド
それでも今、私が買うならSeries 6に限りますね。SEが嫌いなわけでは決してありません。

関連記事 関連記事:

「watchOS 7.1」配布。Macのロックを解除できなかった問題が修正される。心電図はまたお預け。: パワーリンゴ(2020/11/07)

Series 3ユーザ待望の「watchOS 7.0.3」配布。Apple Watch Series 3の不具合が解消……のはずだが。: パワーリンゴ(2020/10/20)

自分の個体はたぶん大丈夫……「AirPods Proの音の問題に対する修理プログラム」とな。

先日Appleより「AirPods Pro の音の問題に対する修理サービスプログラム」が発表されました。

airpodspro_repair_program01.jpg
症状は以下のとおり。
・AirPods Pro から異音 (「パチパチ」という音など) がして、周囲の騒音が大きい時、運動中、または通話中にそれが大きくなる。
・アクティブノイズキャンセリングが正常に機能しない。たとえば、低音が欠落したり、背景音 (街頭や飛行機の騒音等) が大きくなるなど。

2020年10月より前の製造分だそうで、8月末に購入した私のものも対象期間に入ります。

幸い、上記ズバリの症状は現れていないはずですメイビー。歯切れの悪い物言いになった理由はですねぇ……ノイズキャンセリングのオンとオフで音質の差を感じるのですよ。そりゃ仕組みを考えれば差が生じて当然なのかもしれませんけれど、ええ加減な自分の耳でも違いが聞き取れるレベル。オンにすると、特にボーカルの艶っぽさが消えてパサパサになってしまいます。

さすがにこれは本来の仕様でしょうねぇ。なおノイズキャンセリングオフ時は、愛用の有線イヤホンShure SE215と遜色ない音質だと思います。

Apple AirPods Pro
Apple AirPods Pro
「AirPods ProとSE215の違いもわからんのかっ」と呆れられても困りますが、つまりノイキャンオン・オフの差はそれ以上だという証左でもあります。

関連記事 関連記事:

iOS 14とiPadOS 14によりシームレスな接続が実現した「AirPods Pro」、接続も切り替えも早くて最高っ。: パワーリンゴ(2020/10/11)

いよいよApple Silicon Macかっ。「Apple Event」第3弾は日本時間11月11日午前3時から。

日本時間だと午前2時が多いのに今回は午前3時だそうで、リアルタイム視聴に臨む方はご注意ください。今秋第3弾となる「Apple Event」が日本時間11月11日午前3時より開催されます。

appleevent201110_01.jpg
副題は「One more thing.」らしいのですが、その表記をAppleのサイトで見つけることができませんでした。ジョブズ由来となる、発表会最強の殺し文句をタイトルに冠したイベントは初めてだと思います。ただ、3つのApple Eventを本来ひと続きのものと捉えれば、第3弾に「One more thing.」を持ってくるのも当然といえるのではないでしょうか。

いずれにせよ、これでApple Silicon Macに関する内容でなければズッコケます……というより、私はそれしか期待しておりませんからっ。

最新 Apple MacBook Air (13インチPro, 1.1GHzクアッドコア第10世代のIntel Core i5プロセッサ, 8GB RAM, 512GB) - シルバー
最新 Apple MacBook Air (13インチPro, 1.1GHzクアッドコア第10世代のIntel Core i5プロセッサ, 8GB RAM, 512GB) - シルバー
現行Airもいいマシンですけれど、Proに対してサイズや重量のアドバンテージがイマイチなんですよねぇ。

関連記事 関連記事:

新しいMacBook Air、Mac mini、MacBook Pro 13は全て同じ「Apple M1」搭載、冷却性能で差をつける?: パワーリンゴ(2020/11/11)

「Mac mini(Late 2014)」購入から6年。次はApple Silicon Mac mini……なのかっ?

13インチ MacBook Pro(2019)1.4GHzよりスペックは劣ろうが、名実ともにメイン機の座を固守するMac mini(Late 2014)。購入から6年が経ちました。

macmini2014_6th01.jpg
OSは、レガシーソフトウェア資産の関係でMojave止まりです。したがって体感速度も2年前から大して変わっていないことになりますね。5年経過のときと同様モッサリ感は否めませんし、MacBook Proという比較対象が現れたせいで余計に遅さが目立ってしまいます。

この1年でApple Siliconへの移行が発表され、次期Mac mini(相当の機種)がApple Silicon搭載となるのはほぼ確実でしょう。つまり、現行の2018年モデルが最後のIntel Mac mini……と同時に、ユーザが増設できる最後のSO-DIMMスロット採用miniとなることも予想しておきます。個人的には外れてほしいのですけれど、たぶん当たりますねっ。

だからといって2018を狙うつもりは全くなくて、順当にApple Silicon機の発売を待つことになると思います。いかんせん発売される順番どころかラインナップ自体どうなるのやら見当もつかない今、mini相当の機種が出ればいいなぁ〜程度に期待をとどめておきませう。
最新 Apple Mac mini (3.0GHz 6コア第8世代Intel Core i5プロセッサ, 8GB RAM, 512GB)
最新 Apple Mac mini (3.0GHz 6コア第8世代Intel Core i5プロセッサ, 8GB RAM, 512GB)
一部の開発者に貸し出されたApple Siliconテスト機もMac miniの筐体を利用したものでした。

関連記事 関連記事:

さすがに重さを感じる今日この頃……「Mac mini(Late 2014)」購入から5年。買った後悔はナシ。: パワーリンゴ(2019/10/24)

問題修正多数の「iOS 14.1」「iPadOS 14.1」配布。10bit HDRビデオの再生・編集対応も。

Appleが「iOS 14.1」「iPadOS 14.1」を配布しています。

ios141_01.jpg
デバイス単体もしくは母艦経由でアップデートしてください。iOS 14.1の効能書きは以下。
iOS 14.1には、iPhone用の機能改善とバグ修正が含まれています。

・iPhone 8以降の“写真”で10ビットHDRビデオの再生と編集に対応
・一部のウィジェット、フォルダ、アイコンがホーム画面に縮小表示されていた問題に対処
・ホーム画面でウィジェットをドラッグするとフォルダからAppが削除されてしまうことがある問題に対処
・“メール”で一部のメールが誤ったエイリアスから送信されていた問題を修正
・着信時に地域情報が表示されないことがある問題を修正
・一部のデバイスで拡大表示モードと英数字のパスコードを選択すると、ロック画面の緊急電話ボタンがテキスト入力ボックスと重なってしまうことがある問題を修正
・アルバムまたはプレイリストの表示中に、一部のユーザで曲のダウンロードやライブラリへの追加ができないことがある問題に対処
・“計算機”でゼロが表示されないことがある問題を修正
・ストリーミングビデオの再生開始時に解像度が一時的に低下することがある問題を解決
・一部のユーザでファミリーメンバーのApple Watchが設定できなくなっていた問題を修正
・“Apple Watch” AppでApple Watchのケース素材が誤って表示されていた問題を解決
・“ファイル” Appで、一部のMDM管理のクラウド・サービス・プロバイダによるコンテンツが誤って利用不可として表示されることがある問題に対処
・Ubiquitiワイヤレス・アクセス・ポイントとの互換性を改善

一部の機能は地域やAppleデバイスによっては利用できないことがあります。Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

多くの問題修正が含まれています。私の初代iPhone SEで身に覚えのある内容は見当たりませんが、すでにアップデートを済ませました。

10bit HDRビデオの再生・編集に対応する機種はiPhone 8以降、12.9インチiPad Pro(第2世代)以降、11インチiPad Pro、10.5インチiPad Pro、iPad Air(第3世代)以降、iPad mini(第5世代)とのこと。

最新 Apple iPad (10.2インチ, Wi-Fi, 32GB) - スペースグレイ (第8世代)
最新 Apple iPad (10.2インチ, Wi-Fi, 32GB) - スペースグレイ (第8世代)
無印iPadは最新世代でもHDRビデオ再生・編集に非対応ですね。この程度の差別化は全然OKでしょう。

Series 3ユーザ待望の「watchOS 7.0.3」配布。Apple Watch Series 3の不具合が解消……のはずだが。

再起動問題へは至らなかったものの、ビミョーな挙動不審が見られた私のSeries 3も恩恵にあずかりたいところ。Appleが「watchOS 7.0.3」を配布しています。

watchos703_01.jpg
効能書きは以下。
watchOS 7.0.3には改善とバグ修正が含まれ、これには一部のユーザでApple Watch Series 3が予期せず再起動する問題が含まれます。
一部の機能は地域やAppleデバイスによっては利用できないことがあります。Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

ということで、やはりSeries 3とwatchOS 7で発生する明らかな不具合だったわけですね。

watchos703_02.jpg
今回必要な空きストレージ容量は2.0GB↑ 8GBしかないSeries 3 GPSモデルだと、毎度のアップデートがあっぷあっぷの状態。さらに私のiPhoneがロートルの初代SEということもあってか、ダウンロードから完了まで1時間前後を要します。

アップデートした結果ですが……文字盤遷移の乱れはwatchOS 7.0.2でかなり軽減されており、7.0.3でも変化を感じません。つまり完全解消には至っておらず、不具合というよりも処理性能の限界かなぁと感じますねぇ。

あいかわらず「アーティスト」文字盤も手首を上げるだけでは変化してくれません。これまたSeries 3の仕様で終わる予感、うーむ。

ベルキン Apple Watch 充電スタンド Series 5 / 4 / 3 / 2 / 1 対応 ナイトスタンドモード付 F8J218BT-A ブラック
ベルキン Apple Watch 充電スタンド Series 5 / 4 / 3 / 2 / 1 対応 ナイトスタンドモード付 F8J218BT-A ブラック
純正充電器をはめて使うBelkinのスタンドは重宝しています。

関連記事 関連記事:

事情により復元したwatchOS 7のApple Watch Series 3で「Macのロック解除」ができなくなる。既知の問題?: パワーリンゴ(2020/11/05)

「watchOS 7.0.2」配布。Apple Watch Series 3の不具合解消に望みをかける。: パワーリンゴ(2020/10/13)