大玉トラックボール「ExpertMouse 7」をiPadOSで使ってみる。色々な点で隔靴掻痒。

iPadOSはiOSに合わせて、バージョン13からスタートしましたねぇ。USBやBluetooth接続のマウスが利用できるとのことで、iPad 5thに大玉トラックボール「ExpertMouse 7 ワイヤレス(以下EM7w)」を繋いでみました

ipados_em7w01.jpg
絵的には不調和の極みといったところですかそーですか↑

EM7wはUSBドングル式とBluetoothのワイヤレス接続に対応しており、今回は後者を利用しました。右クリックでAssistiveTouchのメニュー、第3ボタンクリックでホームに戻るようになっています。スクロールも効きますが、残念ながら第4ボタンは機能しません。

あくまでアクセシビリティのAssistiveTouchに含まれる項目ゆえ、指の代替手段の域から出ていないなぁというのが率直な感想です。サイズと色のみ選べる円形のポインタは、見慣れないせいもあるでしょうけれど精密なポインティングが難しく感じます。また、macOSやWindowsのごとく操作対象によって形状が変化するわけではありません

ですから、個人的にもっとも活用したいテキスト編集ではIビームにならないどころか、普通にドラッグして文字列を選択することもできません。あの、iOS特有のメニュー付き選択モードをいったん呼び出してはじめてドラッグが可能になるんですね。

結局、機能面でタッチ操作と変わらないならディスプレイを触ったほうがはるかに近いし直感的という……現状有利な点は、指やペンに隠れてポイント箇所が見にくいときくらいでしょうか。いずれにせよiPadOSは出たばかり、より本格的なマウスの使い勝手が提供される可能性もありますし、Appleの今後の方針に注視したいですね。

エレコム ワイヤレスマウス Bluetooth 静音 クリック音95%軽減 モバイル 3ボタン 充電式リチウムイオン電池 CAPCLIP ブラック M-FCC2BRSBK
エレコム ワイヤレスマウス Bluetooth 静音 クリック音95%軽減 モバイル 3ボタン 充電式リチウムイオン電池 CAPCLIP ブラック M-FCC2BRSBK
iOS 13でもマウスが使えるそうですが、試す気が起きません。

起動が爆速にっ……テキストエディタ「mi 3.0.4b3」登場。このスピードを維持してほしい。

毎度お世話になっているテキストエディタの最新ベータ「「mi 3.0.4b3」が登場しました。

mi304b3_01.jpg

効能書きは以下。
・macOS 10.15(Catalina)にて、「ドキュメントはタブに開く」メニューのチェックマークの位置がずれる等の問題を修正(#1477)
・macOS 10.15(Catalina)にて、ヘルプを開くことができない問題を修正(#1478)
・ファイルを開く処理の処理速度改善(#1483)
・テキストエンコーディングを変更して再読み込みした際、変更後のテキストエンコーディングを、ファイル保存しなくてもメタデータに保存するよう修正(#1476)
・検索・置換ウインドウにて、最近検索・置換した文字列メニューの初期選択位置が最初の項目にならないことがある問題を修正(#1481)

私の環境では『ファイルを開く処理の処理速度改善』が奏功したのか、miの起動が爆速になりました。非常にありがたい改良ですが、これまでも起動の高速化は何度か図られてきたはずなのですよ。で、その後のアップデートの積み重ねにより徐々に遅くなってしまう印象が強いんですねぇ。できればこの速度を維持していただければなぁ、と願うところです。

Mac Fan 2019年11月号
Mac Fan 2019年11月号

関連記事 関連記事:

Catalina対応の正式版「mi 3.0.4」登場。起動速度向上も。(2019/10/09)

テキストエディタ「mi 3.0.4b2」登場、早々にCatalina対応。(2019/09/10)

2週間足らずのうちに3度目……「iOS 13.1.2」配布。バックアップ・カメラ・Bluetoothなどなど。

iOS 13がリリースされてから、まだ2週間も経っていないのですよっ。Appleが早くも3度目のアップデート「iOS 13.1.2」を配布しています。

ios1312_01.jpg

iPhone単体もしくはiTunes経由でどうぞ。効能書きは以下。
iOS 13.1.2には、iPhoneのバグ修正と改善が含まれています。このアップデートには以下が含まれます:

・iCloudバックアップの進行状況バーが、バックアップの完了後も表示され続ける場合があるバグを修正
・“カメラ”が作動しない場合がある問題を修正
・フラッシュライトが起動しない場合がある問題に対処
・ディスプレイの調整データが失われる場合があるバグを修正
・ショートカットがHomePodから実行できない場合がある問題を修正
・Bluetoothが特定の車両で接続解除される場合がある問題に対処

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

アップデートの頻度もさることながら、致命的とはいえないものの(カメラが作動しないのは致命的?)細かな問題が多岐にわたって存在していた点に不安を覚えますねぇ。iOS 13の開発が遅れ、よほど急いでリリースされたんでしょうか。さすがにもう落ち着いてほしいところです。

iPhone完全マスターガイド iOS13のすべて (英和ムック)
iPhone完全マスターガイド iOS13のすべて (英和ムック)

じつは3つ目で三度目の正直?「macOS Mojave 10.14.6追加アップデート2」配布。

10.14.6の追加アップデートはこれで3つ目なんですけれどネっ。Appleが「macOS Mojave 10.14.6追加アップデート2」を配布しています。

mojave10146su3_01.jpg

システム環境設定のソフトウェア・アップデートからどうぞ。効能書きは以下。
macOS Mojave 10.14.6追加アップデート2をすべてのユーザに推奨します。このアップデートを適用するとmacOSのセキュリティが向上します。


このアップデートについて詳しくは、こちらを参照してください: https://support.apple.com/kb/HT209149

参照先にも追加アップデートの記載がなく、本当に内容が無いよう……。

前の追加アップデートで触れましたが、マイナーバージョンに追加アップデートが3回も適用されるのは今回が初で間違いありません。加えて、Sierra以降「10.x.6」を最終バージョンとする疑惑がまた補強されました、ってのはありえませんかそーですか。

しかし、いまだmacOS Catalinaのリリース日に関する公式アナウンスがないとは、この調子だと10.14.6のさらなる追加アップデートが登場しかねない雰囲気です。

macOS Catalina パーフェクトマニュアル
macOS Catalina パーフェクトマニュアル

Catalinaは、公式ページの『10月登場』が現時点で唯一の情報。

関連記事 関連記事:

「macOS Mojave 10.14.6追加アップデート(第2弾)」配布。マイナーバージョンに2度の追加アップデートは初?: パワーリンゴ(2019/08/28)

またまた……「iOS 13.1.1」配布。バッテリー消耗やリマインダー同期遅延などの問題修正。

iOS 13がリリースされて10日経ったかどうかというのに、せわしないですねー。Appleが「iOS 13.1.1」を配布しています。

効能書きは以下。
iOS 13.1.1には、iPhoneのバグ修正と改善が含まれています。このアップデートには以下が含まれます:

・iPhoneがバックアップから復元できない場合がある問題を修正
・バッテリーの消耗が通常より速い場合がある問題に対処
・“メール”で、Yahooアカウントを追加するときの安定性を改善
・iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxで、Siriへのリクエストの認識に影響を与える場合がある問題を修正
・Safariで、検索候補をオフにしても有効に戻る場合がある問題に対処
・“リマインダー”で、同期が遅延する問題に対処
・他社製のキーボードAppで発生するセキュリティの問題を修正

Appleソフトウェア‧アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

32bitを切り捨てる抜本的な改良を断行したiOS 11ほどでないにしろ、細かな変更が多岐にわたった故の問題噴出……だと思いたいです。

iPhone完全マスターガイド iOS13のすべて (英和ムック)
iPhone完全マスターガイド iOS13のすべて (英和ムック)

矢継ぎ早に「iOS 13.1」配布。Staccal 2の問題なども解消。

大急ぎのリリースだったようで、Appleが「iOS 13.1」を配布しています。

ios131_01.jpg

デバイス単体もしくはiTunes経由でどうぞ。macOS Catalina登場以降も母艦がMojave以前なら、引き続き「iTunes経由」の記述で間違いじゃないですね。iTunes for Windowsも継続するそうですし。効能書きは以下。
iOS 13.1には、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxで超広帯域無線(UWB)テクノロジーを活用したAirDrop、“ショートカット” App内の提案されたオートメーション、“マップ”で到着予定を共有する機能などの改善とバグ修正が含まれています。

AirDrop
・iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxでは、空間認識のための超広帯域無線(UWB)テクノロジーを備えた新しいU1チップを使用して、自分のiPhoneを相手のiPhoneに向けることで、AirDropの対象者を選択することが可能

ショートカット
・ギャラリーの提案されたオートメーションであなたの日課をパーソナライズ
・個人用/ホームオートメーションで、トリガで作動するショートカットを自動で実行
・“ホーム” Appの“オートメーション”タブでショートカットを高度なアクションとして対応

マップ
・“到着予定を共有”が追加され、経路の案内中に到着予定時刻を送信可能

バッテリーの状態
・最適化されたバッテリー充電により、iPhoneがフル充電された状態の時間を減らすことで、バッテリーの劣化速度を抑制
・iPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Max向けに、突然のシャットダウンを防止するパフォーマンス管理機能を追加。予期しないシャットダウンが発生した場合にこの機能を無効にするオプションも追加
・iPhone XR、iPhone XS、およびiPhone XS Max以降の“バッテリーの状態”で、新しい正規のApple製バッテリーを確認できないときの通知を追加

このアップデートには、バグ修正やその他の改善も含まれています。このアップデートには以下が含まれます:

・“探す”の“自分”タブにゲストがサインインして紛失したデバイスを探すことができるリンクを追加
・iPhone 11、iPhone 11 Pro、およびiPhone 11 Pro Maxで、お使いのiPhoneのディスプレイが新しい正規のApple製ディスプレイであることを確認できないときの通知を追加
・“メール”で、ダウンロード数の誤り、送信者と件名の欠落、困難なスレッドの選択またはフラグ付け、通知の重複、フィールドの重なりが発生する場合がある問題に対処
・“メール”で、メールメッセージをバックグラウンドでダウンロードできない場合がある問題を修正
・“メッセージ”で、ミー文字が顔の表情を正しく追跡できない場合がある問題に対処
・“メッセージ”で、詳細ビューに写真が表示されない場合がある問題を修正
・“リマインダー”で、一部のユーザがiCloudリストを共有できない問題を修正
・“メモ”で、Exchangeのメモが検索結果に表示されない場合がある問題を解決
・“カレンダー”で、誕生日イベントが複数回表示される場合がある問題に対処
・“ファイル” Appで、他社製のサインイン画面が表示されない場合がある問題に対処
・ロック画面からスワイプして“カメラ”に切り替えるときに、カメラの向きが回転して表示される場合がある問題を修正
・ロック画面上で操作中にディスプレイがスリープ状態になる場合がある問題に対処
・ホーム画面で、Appアイコンが空白または別のAppとして表示される場合がある問題を解決
・ライトモードとダークモードを切り替えるときに、対応する壁紙の外観が切り替わらない場合がある問題を解決
・“設定”の“パスワードとアカウント”で、iCloudからサインアウトするときの安定性の問題に対処
・Apple IDの設定をアップデートするためにサインインするときに繰り返しエラーになる場合がある問題を修正
・充電器に接続するときにデバイスが振動しない場合がある問題を修正
・共有シートで、人やグループがぼやけて表示される場合がある問題に対処
・スペルミスのある単語をタップしたときに代替単語が表示されない場合がある問題を修正
・多言語入力が機能しない場合がある問題を解決
・他社製キーボードを使用した後にQuickTypeキーボードに戻ることができない場合がある問題に対処
・テキストを選択するときに編集メニューが表示されない場合がある問題を修正
・CarPlayで、Siriが“メッセージ”の内容を読み上げない場合がある問題を修正
・CarPlayで、他社製メッセージAppを使用してメッセージを送信できない場合がある問題を解決

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

問題修正だけでなく機能追加も含まれた大型アップデートですねぇ。

前回述べたStaccal 2の問題が解消されており、リマインダーへのアクセスをオンにした状態で起動できることを確認しました。同様に使えなかった別のアプリも起ち上げられましたし、iOS 13で不具合に遭遇した方は本アップデートで挙動を再確認してくださいませ。

Mac Fan 2019年11月号
Mac Fan 2019年11月号

関連記事 関連記事:

iOS 13で起動しなくなった「Staccal 2」はリマインダーの連携オフで解決。その純正リマインダーについて。: パワーリンゴ(2019/09/24)

iOS 13で起動しなくなった「Staccal 2」はリマインダーの連携オフで解決。その純正リマインダーについて。

iOS 13へアップグレードし、まず直面した問題がカレンダーApp「Staccal 2」の起動不能でした。アポロ13なら2段ロケットのエンジン一基が止まってしまったあたり……ずいぶん不吉なことを言いますネっ。

ios13_staccal2_01.jpg

ありがたいことに『カレンダーアプリ「Staccal 2」をiOS13.0で起動させるには「リマインダーをOFF」にすべし! - カスタム/CUSTOM/でいこう』などなど早くも解決方法を記事にしてくださっているサイトがありまして、「設定 App → Staccal → Staccalにアクセスを許可のリマインダーをオフ」にすれば無事に起動しました↑ やはりユーザ数の多いアプリを選んでおけば非常時に助かります。

ios13_staccal2_02.jpg

ところで、その純正リマインダーが大幅リニューアルしたんですよねぇ。ただし、新機能を全て享受するにはアップグレードが必須でして、私の場合はHigh Sierra止まりのMacBook Air(Late 2010)が対象外となり実行できない状況です↑ それはそうと、消費税UP目前なのに未だ本機の後継を決めかねているとは我ながらいい度胸だと思います。

アップグレードしなくともiOS 12以前のシンプルなリマインダーとして利用できるため、私は当面の間それでしのぐつもりです。

そもそも、カレンダーとリマインダーを別のアプリにすべきかどうかは深淵な課題ですね。リマインダーも時間軸で設定する場合が多く、カレンダーに統合してほしいと思われる方は少なくないはず。他方、純正リマインダーがToDoリスト機能を包含するので別アプリじゃなきゃダメだとの意見もわかります。個人的には、カレンダー・リマインダー・ToDoが(横の連携ではなく)同じデータベースを共有して、ユーザへは見せ方を変えるだけにすれば丸く収まるんじゃないかと思ったり……あれ? そんなのMicrosoftにありましったけ? Outなんとかってヤツぅ?

Mac Fan 2019年11月号
Mac Fan 2019年11月号

Outlookを見ていると、カレンダー・リマインダー・ToDoなどの個人情報管理とメールクライアントは分離すべきか否かといった問題が生じますねぇ。

iPhone SEを「iOS 13」にアップグレード。iPhoneならではの副作用が目立つダークモード(自動)をオンにして様子見。

ひとまずiPhone SEをiOS 13にアップグレードしましたヨ。

ios13_darkmode01.jpg

目玉であるダークモードは、アップグレード直後のセットアップ時に選択できますが、設定 Appの「画面表示と明るさ」にていつでもワンタップで変更可能↑ コントロールセンターへも本機能が追加されています。

macOSにダークモードが搭載されたときと同じく、サードパーティ製Appの対応に時間を要しそうです。それでも、白くて眩しい画面が減るぶんだけ目に優しいかもしれません。

ios13_darkmode02.jpg

また「自動」にすれば、「日の入りから日の出まで」やカスタムスケジュールによって切り替えることもできます。私はこれをオンにしてみました。ダークモードにするとマップ Appもダークモードになり、灯火類連動カーナビと同様の使い勝手になります↑

ただねぇ……実際にダークモードを試すとわかるとおり、画面を触って操作するiPhoneの場合は汚れが目立つんですよ。それが目障りで不快指数が上がったら本末転倒でしょう。上述のマップにしても、「常時ダークモードで使いたいがマップ Appは明るいほうがいい」とのニーズに応える設定は見つけられませんでした。macOSのマップではそれが可能なため、要望が多ければ実現されるかも……。

なお、今のところiPhone SEの動作速度・バッテリーの持ちに顕著な変化は感じません。まぁ、長らく当サイトをご覧くださっている奇特な方なら、遅い環境に対してどんどん鈍感になっていく私をご存知でしょうからあまり当てにしないでください(あかんやんっ)。

OAproda iPhone SE/5/5s 保護フィルム液晶強化ガラス【2枚セット/ ガイド枠付き】4.0inch
OAproda iPhone SE/5/5s 保護フィルム液晶強化ガラス【2枚セット/ ガイド枠付き】4.0inch

当然ながらフィルム類のキズも目立ちます。今は安価なガラスフィルムも増えていますので、貼り替えるいい機会でしょう。

Mojave、High Sierra向け「Safari 13」登場。Catalinaに先んじてメジャーアップデート。

ちとバタバタしているのでiOS 13などの大きいネタは後に回しまして、AppleがmacOS 10.13 High Sierra、10.14 Mojave向け「Safari 13」を配布しています。さふぁりさーてぃーん……あぽろさーてぃーん……大丈夫、「栄光ある」失敗ですから(勝手に失敗作にするなーっ)。

safari13_01.jpg

効能書きは以下。
Safari 13アップデートには、以下の機能改善、およびプライバシー、セキュリティ、互換性の強化が含まれ、すべてのユーザに推奨されます。

• スタートページがアップデートされ、お気に入り、よく閲覧するWebサイト、および最後に閲覧したWebサイトが表示されます
• Webサイトへのサインインで安全性の低いパスワードが入力されたときに警告を表示し、強力なパスワードへのアップグレードを支援
• タブのオーディオボタンからピクチャ・イン・ピクチャを有効にする機能を追加
• Webサイトのアドレスをスマート検索フィールドに入力したときに、検索結果のリストからすでに開いているタブに直接ジャンプすることが可能になります
• USBセキュリティキーを使用して認証を行うWebサイトに対応

このアップデートのセキュリティコンテンツについて詳しくは、次のサイトを参照してください: https://support.apple.com/kb/HT201222

先のスペシャルイベントではMac Proの進捗はおろか、10.15 Catalinaのリリース日すら言及されませんでしたが(サイトでは「10月登場」の記述のみ)、Safariが前倒しでメジャーアップデートを果たしたカタチですね。

効能書きを見ていて、そういえばMacでピクチャ・イン・ピクチャを活用していないことに気づきました。タブのオーディオボタンからすぐに切り替えられるとのことで、積極的に使ってみようかと思います。

アポロ13 [DVD]
アポロ13 [DVD]
大好きな作品です。

Lightning端子継続の「iPhone 11」シリーズ、あいかわらずのネーミングセンスだがラインナップ的にはわかりやすい。

さすがに完全スルーはマズいですかそーですか。新型iPhone全てにLightningコネクタが継続搭載されたため、個人的な事情については身動きが取れなくなりました。

Appleの救い難いネーミングセンスネタも私のほうが食傷気味でして、iMac Proの開拓した「 i と Pro の同居」はもはや止められそうにありません。加えて4単語から成る「iPhone 11 Pro Max」ですよっ。Appleはネーミング担当上級副社長を筆頭とする専門組織を作るべきだと本気で提案したいですね。

iphone11series_name01.jpg

ただまぁ、ラインナップ的にはiPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxと整頓されて、昨年の「XSとXRはどっちがどっちだ?」といった混乱は避けられそうです。またMac OS Xと異なり、Xから11へ素直に進んだことも好感が持てます。しかし、そうなると次は「iPhone 11S Pro Max」ですわな……やはりどげんかせんといかんです、ホント。

iPhone 11 Pro Max レザーケース - (PRODUCT)RED
iPhone 11 Pro Max レザーケース - (PRODUCT)RED
Amazonでは純正レザーケースの予約注文が始まっています。

関連記事 関連記事:

2019年秋の「Apple Special Event」が9月10日に開催。LightningなのかUSB-Cなのか、それが問題だ。: パワーリンゴ(2019/08/30)