システム要件が厳しいmacOS Catalinaの「Sidecar」、いずれは液タブ機能を試したい。

MojaveではiOSデバイスのカメラをスキャナ代わりに使う「連携カメラ(Continuity Camera)」が実装され、両ハードウェアの直接的な連携がスタート。CatalinaにおいてはiPadを高機能サブディスプレイ化する「Sidecar」で、さらにハード連携が前進しましたね。

catalina_sidecar_sys01.jpg

ただ、鳴り物入りで登場したわりに本機能のレビューが少ないのは気のせいか……いや、ひょっとして『macOS Catalina、「Sidecar」の必要条件が明らかに あなたのiPadは使える? - ITmedia NEWS』というわけで、Sidecarのシステム要件がなかなか厳しいことも影響しているのではないでしょうか。

私の場合、MojaveのMac mini(Late 2014)をCatalinaへアップグレードしたところで利用できませんし、すでにiPadOS 13へ上げたiPad 5thも非対応。こりゃしばらくはお預けですねぇ。

なお、昔ながらのデスクトップ環境たるMac miniでは、単純なサブディスプレイ化にさほど魅力を感じません。私がSidecarで試したいのは、やはり「事実上の液晶タブレット」機能ですよ。対応アプリケーションが限られるものの、Affinity製品群が含まれる点は安心材料といえます。しかしまぁ、自分が対応ハードウェアを揃えられるのはいつになることやら……。

Apple iPad (10.2インチ, Wi-Fi, 32GB) - シルバー
Apple iPad (10.2インチ, Wi-Fi, 32GB) - シルバー

コストパフォーマンスに優れた第7世代ですが、Apple Pencilの価格がねぇ……。

関連記事 関連記事:

日本時間10月8日、「macOS 10.15 Catalina」登場。事情によりMac miniへの導入は先送り。(2019/10/08)

劣化した「QuietComfort 3」のイヤーパッド交換、2度目は互換品を試すも……難しい選択だ。

1度目の交換は2013年でしたか。6年経ち、また劣化してしまったのでQuietComfort 3のイヤーパッド交換2回目をお届けします。

qc3earpuds_univarc01.jpg

すでに昨年より劣化が始まっていて、前回を踏まえればイヤーパッドの寿命は概ね5年となりましょう。破れていない箇所も、指でこすると黒い粉が付着します↑

qc3earpuds_univarc02.jpg

そこで今回、TriPortをはじめ他のヘッドホンでなかなかの耐久性を見せているUnivarc製互換品を試すことにしました↑ なぜかカラビナが付属します。純正では別々に用意されていますが、UnivarcはQC3とOE2の共用品となっています。

qc3earpuds_univarc03.jpg

左が純正、右がUnivarc↑ 合皮を絞り込んだシワが目立ちますね。ただ造りに乱れはなく、丁寧な仕事です。

qc3earpuds_univarc04.jpg

裏側も同じく左が純正、右が互換品↑ プラ製固定具の形状が一部異なるものの、取り付けに影響はありません。

qc3earpuds_univarc05.jpg

で、気になる装着感は……はっきりいって別物です! まずスポンジの硬さに驚きましたね。いや、ごく一般的なスポンジなんですが、純正の極端な柔らかさに慣れた身としては違和感ありまくりボンバーですよっ。左が純正、右がUnivarcで、スポンジの目の細かさが明らかに異なります↑ 仕方なくスポンジ(とそれに引っ付いているプラ)を取り出して互換品の革に入れました

qc3earpuds_univarc06.jpg

結局は合皮のみ交換したカタチと相成りました、なんだかなー。パッド側面が張り出して、余計にシワが目立ちます↑ 私は室内専用だから構いませんけれど、見てくれがイマイチですねぇ。

さて、装着感の違いにはもうひとつ、合皮表面の触り心地が純正は新品時からしっとりというかペタペタ、Univarcはサラサラというポイントが挙げられます。なるほど、オンイヤー型かつ重めの本機は、イヤーパッドのペタペタ感で耳とのグリップ力を上げていたことに気づいた次第。要するにサラサラの互換品だとヘッドホンが少々ズレやすく感じるわけですよ。

ただし、この違いこそが耐久性と直結しているように思えてなりません。短寿命で高価だが文句ない付け心地の純正か、長寿命で安価だが付け心地がイマイチの互換品か……本当に悩ましい選択です。

Univarcブランド 取り付け簡単! Bose QuietComfort 3 対応 交換用ヘッドホンパッド イヤーパッド イヤパッド 2個 オリジナルカラビナ メーカー保証書 豪華3点セット! QC3 OE2 OE2I
Univarcブランド 取り付け簡単! Bose QuietComfort 3 対応 交換用ヘッドホンパッド イヤーパッド イヤパッド 2個 オリジナルカラビナ メーカー保証書 豪華3点セット! QC3 OE2 OE2I

持ち出す機会の多い場合は純正が無難ですね。新品同士を比較できていませんけれど、耳への密着度の差によってノイズキャンセリング効果にも影響があるかもしれません。せめて純正がもう1,000円安ければ。

関連記事 関連記事:

「QuietComfort 3」イヤーパッド交換の一部始終。ノイズキャンセリングの機構もチラリ。: パワーリンゴ(2013/07/11)

Catalina対応の正式版「mi 3.0.4」登場。起動速度向上も。

ベータではなく正式版ですよ。テキストエディタ「mi 3.0.4」がリリースされました。

mi304_01.jpg

前回の正式版3.0.3r1からの変更点は以下。
・macOS 10.15(Catalina)対応
・対応する括弧のハイライト表示、タブストップ設定追加、TSVモード追加等の小規模な機能追加
・ファイルを開く処理の処理速度改善
・縦書き表示時の表示不具合等の修正

ベータ版での機能追加や問題修正が全て含まれるはずなので、簡単な記載に留めているのでしょう。3.0.4b3で触れた「ファイルを開く処理の処理速度改善」は効果的ですから、アップデートをお勧めしますよ。

なお、私の環境がまだMojaveでして、macOS Catalinaでの動作は確認できておりません。

macOS Catalina パーフェクトマニュアル
macOS Catalina パーフェクトマニュアル

関連記事 関連記事:

起動が爆速にっ……テキストエディタ「mi 3.0.4b3」登場。このスピードを維持してほしい。: パワーリンゴ(2019/10/05)

日本時間10月8日、「macOS 10.15 Catalina」登場。事情によりMac miniへの導入は先送り。

最後まで具体的な日付が示されませんでしたが、本日Appleが「macOS 10.15 Catalina」をリリースしました。

catalina_release01.jpg

システム環境設定のソフトウェア・アップデートからどうぞ。なお「詳しい情報…」をクリックすると、Apple公式サイトのCatalinaページへ飛ばされる手抜き仕様となっております。

で、さっそくMac miniへインストール……と言いたいところですけれど、諸般の事情でしばらくはMojaveを使い続ける予定です。いやね、64bit一本化によって想定外のソフトウェアがうまく動かない可能性も出てきたのですよ。ソフト本体は間違いなく64bitに対応しているものの、言語設定などを初期化するサポートソフトが32bitだったというありがちな見落としです、ありがちですよねっ。

再三述べてきたとおり、Catalina以降は32bitが切り捨てとなります。古いソフト(たとえ2017、2018年頃の製品でも!)をお使いの方は、それらが64bitに対応しているかどうかよくチェックしてアップグレードの検討を進めてくださいませっ。

macOS Catalina パーフェクトマニュアル
macOS Catalina パーフェクトマニュアル

上記サポートソフトは、おそらくplistを一括で書き換えるだけのシェルスクリプトと思われますが、私の手に負えるレベルなのか不明。

関連記事 関連記事:

システム要件が厳しいmacOS Catalinaの「Sidecar」、いずれは液タブ機能を試したい。: パワーリンゴ(2019/10/11)

おおむねブラッシュアップに留まる「macOS Catalina」、32bit切り捨ての効果は徐々に?: パワーリンゴ(2019/06/06)

大玉トラックボール「ExpertMouse 7」をiPadOSで使ってみる。色々な点で隔靴掻痒。

iPadOSはiOSに合わせて、バージョン13からスタートしましたねぇ。USBやBluetooth接続のマウスが利用できるとのことで、iPad 5thに大玉トラックボール「ExpertMouse 7 ワイヤレス(以下EM7w)」を繋いでみました

ipados_em7w01.jpg
絵的には不調和の極みといったところですかそーですか↑

EM7wはUSBドングル式とBluetoothのワイヤレス接続に対応しており、今回は後者を利用しました。右クリックでAssistiveTouchのメニュー、第3ボタンクリックでホームに戻るようになっています。スクロールも効きますが、残念ながら第4ボタンは機能しません。

あくまでアクセシビリティのAssistiveTouchに含まれる項目ゆえ、指の代替手段の域から出ていないなぁというのが率直な感想です。サイズと色のみ選べる円形のポインタは、見慣れないせいもあるでしょうけれど精密なポインティングが難しく感じます。また、macOSやWindowsのごとく操作対象によって形状が変化するわけではありません

ですから、個人的にもっとも活用したいテキスト編集ではIビームにならないどころか、普通にドラッグして文字列を選択することもできません。あの、iOS特有のメニュー付き選択モードをいったん呼び出してはじめてドラッグが可能になるんですね。

結局、機能面でタッチ操作と変わらないならディスプレイを触ったほうがはるかに近いし直感的という……現状有利な点は、指やペンに隠れてポイント箇所が見にくいときくらいでしょうか。いずれにせよiPadOSは出たばかり、より本格的なマウスの使い勝手が提供される可能性もありますし、Appleの今後の方針に注視したいですね。

エレコム ワイヤレスマウス Bluetooth 静音 クリック音95%軽減 モバイル 3ボタン 充電式リチウムイオン電池 CAPCLIP ブラック M-FCC2BRSBK
エレコム ワイヤレスマウス Bluetooth 静音 クリック音95%軽減 モバイル 3ボタン 充電式リチウムイオン電池 CAPCLIP ブラック M-FCC2BRSBK
iOS 13でもマウスが使えるそうですが、試す気が起きません。

起動が爆速にっ……テキストエディタ「mi 3.0.4b3」登場。このスピードを維持してほしい。

毎度お世話になっているテキストエディタの最新ベータ「「mi 3.0.4b3」が登場しました。

mi304b3_01.jpg

効能書きは以下。
・macOS 10.15(Catalina)にて、「ドキュメントはタブに開く」メニューのチェックマークの位置がずれる等の問題を修正(#1477)
・macOS 10.15(Catalina)にて、ヘルプを開くことができない問題を修正(#1478)
・ファイルを開く処理の処理速度改善(#1483)
・テキストエンコーディングを変更して再読み込みした際、変更後のテキストエンコーディングを、ファイル保存しなくてもメタデータに保存するよう修正(#1476)
・検索・置換ウインドウにて、最近検索・置換した文字列メニューの初期選択位置が最初の項目にならないことがある問題を修正(#1481)

私の環境では『ファイルを開く処理の処理速度改善』が奏功したのか、miの起動が爆速になりました。非常にありがたい改良ですが、これまでも起動の高速化は何度か図られてきたはずなのですよ。で、その後のアップデートの積み重ねにより徐々に遅くなってしまう印象が強いんですねぇ。できればこの速度を維持していただければなぁ、と願うところです。

Mac Fan 2019年11月号
Mac Fan 2019年11月号

関連記事 関連記事:

Catalina対応の正式版「mi 3.0.4」登場。起動速度向上も。(2019/10/09)

テキストエディタ「mi 3.0.4b2」登場、早々にCatalina対応。(2019/09/10)

2週間足らずのうちに3度目……「iOS 13.1.2」配布。バックアップ・カメラ・Bluetoothなどなど。

iOS 13がリリースされてから、まだ2週間も経っていないのですよっ。Appleが早くも3度目のアップデート「iOS 13.1.2」を配布しています。

ios1312_01.jpg

iPhone単体もしくはiTunes経由でどうぞ。効能書きは以下。
iOS 13.1.2には、iPhoneのバグ修正と改善が含まれています。このアップデートには以下が含まれます:

・iCloudバックアップの進行状況バーが、バックアップの完了後も表示され続ける場合があるバグを修正
・“カメラ”が作動しない場合がある問題を修正
・フラッシュライトが起動しない場合がある問題に対処
・ディスプレイの調整データが失われる場合があるバグを修正
・ショートカットがHomePodから実行できない場合がある問題を修正
・Bluetoothが特定の車両で接続解除される場合がある問題に対処

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

アップデートの頻度もさることながら、致命的とはいえないものの(カメラが作動しないのは致命的?)細かな問題が多岐にわたって存在していた点に不安を覚えますねぇ。iOS 13の開発が遅れ、よほど急いでリリースされたんでしょうか。さすがにもう落ち着いてほしいところです。

iPhone完全マスターガイド iOS13のすべて (英和ムック)
iPhone完全マスターガイド iOS13のすべて (英和ムック)

じつは3つ目で三度目の正直?「macOS Mojave 10.14.6追加アップデート2」配布。

10.14.6の追加アップデートはこれで3つ目なんですけれどネっ。Appleが「macOS Mojave 10.14.6追加アップデート2」を配布しています。

mojave10146su3_01.jpg

システム環境設定のソフトウェア・アップデートからどうぞ。効能書きは以下。
macOS Mojave 10.14.6追加アップデート2をすべてのユーザに推奨します。このアップデートを適用するとmacOSのセキュリティが向上します。


このアップデートについて詳しくは、こちらを参照してください: https://support.apple.com/kb/HT209149

参照先にも追加アップデートの記載がなく、本当に内容が無いよう……。

前の追加アップデートで触れましたが、マイナーバージョンに追加アップデートが3回も適用されるのは今回が初で間違いありません。加えて、Sierra以降「10.x.6」を最終バージョンとする疑惑がまた補強されました、ってのはありえませんかそーですか。

しかし、いまだmacOS Catalinaのリリース日に関する公式アナウンスがないとは、この調子だと10.14.6のさらなる追加アップデートが登場しかねない雰囲気です。

macOS Catalina パーフェクトマニュアル
macOS Catalina パーフェクトマニュアル

Catalinaは、公式ページの『10月登場』が現時点で唯一の情報。

関連記事 関連記事:

「macOS Mojave 10.14.6追加アップデート(第2弾)」配布。マイナーバージョンに2度の追加アップデートは初?: パワーリンゴ(2019/08/28)

またまた……「iOS 13.1.1」配布。バッテリー消耗やリマインダー同期遅延などの問題修正。

iOS 13がリリースされて10日経ったかどうかというのに、せわしないですねー。Appleが「iOS 13.1.1」を配布しています。

効能書きは以下。
iOS 13.1.1には、iPhoneのバグ修正と改善が含まれています。このアップデートには以下が含まれます:

・iPhoneがバックアップから復元できない場合がある問題を修正
・バッテリーの消耗が通常より速い場合がある問題に対処
・“メール”で、Yahooアカウントを追加するときの安定性を改善
・iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxで、Siriへのリクエストの認識に影響を与える場合がある問題を修正
・Safariで、検索候補をオフにしても有効に戻る場合がある問題に対処
・“リマインダー”で、同期が遅延する問題に対処
・他社製のキーボードAppで発生するセキュリティの問題を修正

Appleソフトウェア‧アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

32bitを切り捨てる抜本的な改良を断行したiOS 11ほどでないにしろ、細かな変更が多岐にわたった故の問題噴出……だと思いたいです。

iPhone完全マスターガイド iOS13のすべて (英和ムック)
iPhone完全マスターガイド iOS13のすべて (英和ムック)

矢継ぎ早に「iOS 13.1」配布。Staccal 2の問題なども解消。

大急ぎのリリースだったようで、Appleが「iOS 13.1」を配布しています。

ios131_01.jpg

デバイス単体もしくはiTunes経由でどうぞ。macOS Catalina登場以降も母艦がMojave以前なら、引き続き「iTunes経由」の記述で間違いじゃないですね。iTunes for Windowsも継続するそうですし。効能書きは以下。
iOS 13.1には、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxで超広帯域無線(UWB)テクノロジーを活用したAirDrop、“ショートカット” App内の提案されたオートメーション、“マップ”で到着予定を共有する機能などの改善とバグ修正が含まれています。

AirDrop
・iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxでは、空間認識のための超広帯域無線(UWB)テクノロジーを備えた新しいU1チップを使用して、自分のiPhoneを相手のiPhoneに向けることで、AirDropの対象者を選択することが可能

ショートカット
・ギャラリーの提案されたオートメーションであなたの日課をパーソナライズ
・個人用/ホームオートメーションで、トリガで作動するショートカットを自動で実行
・“ホーム” Appの“オートメーション”タブでショートカットを高度なアクションとして対応

マップ
・“到着予定を共有”が追加され、経路の案内中に到着予定時刻を送信可能

バッテリーの状態
・最適化されたバッテリー充電により、iPhoneがフル充電された状態の時間を減らすことで、バッテリーの劣化速度を抑制
・iPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Max向けに、突然のシャットダウンを防止するパフォーマンス管理機能を追加。予期しないシャットダウンが発生した場合にこの機能を無効にするオプションも追加
・iPhone XR、iPhone XS、およびiPhone XS Max以降の“バッテリーの状態”で、新しい正規のApple製バッテリーを確認できないときの通知を追加

このアップデートには、バグ修正やその他の改善も含まれています。このアップデートには以下が含まれます:

・“探す”の“自分”タブにゲストがサインインして紛失したデバイスを探すことができるリンクを追加
・iPhone 11、iPhone 11 Pro、およびiPhone 11 Pro Maxで、お使いのiPhoneのディスプレイが新しい正規のApple製ディスプレイであることを確認できないときの通知を追加
・“メール”で、ダウンロード数の誤り、送信者と件名の欠落、困難なスレッドの選択またはフラグ付け、通知の重複、フィールドの重なりが発生する場合がある問題に対処
・“メール”で、メールメッセージをバックグラウンドでダウンロードできない場合がある問題を修正
・“メッセージ”で、ミー文字が顔の表情を正しく追跡できない場合がある問題に対処
・“メッセージ”で、詳細ビューに写真が表示されない場合がある問題を修正
・“リマインダー”で、一部のユーザがiCloudリストを共有できない問題を修正
・“メモ”で、Exchangeのメモが検索結果に表示されない場合がある問題を解決
・“カレンダー”で、誕生日イベントが複数回表示される場合がある問題に対処
・“ファイル” Appで、他社製のサインイン画面が表示されない場合がある問題に対処
・ロック画面からスワイプして“カメラ”に切り替えるときに、カメラの向きが回転して表示される場合がある問題を修正
・ロック画面上で操作中にディスプレイがスリープ状態になる場合がある問題に対処
・ホーム画面で、Appアイコンが空白または別のAppとして表示される場合がある問題を解決
・ライトモードとダークモードを切り替えるときに、対応する壁紙の外観が切り替わらない場合がある問題を解決
・“設定”の“パスワードとアカウント”で、iCloudからサインアウトするときの安定性の問題に対処
・Apple IDの設定をアップデートするためにサインインするときに繰り返しエラーになる場合がある問題を修正
・充電器に接続するときにデバイスが振動しない場合がある問題を修正
・共有シートで、人やグループがぼやけて表示される場合がある問題に対処
・スペルミスのある単語をタップしたときに代替単語が表示されない場合がある問題を修正
・多言語入力が機能しない場合がある問題を解決
・他社製キーボードを使用した後にQuickTypeキーボードに戻ることができない場合がある問題に対処
・テキストを選択するときに編集メニューが表示されない場合がある問題を修正
・CarPlayで、Siriが“メッセージ”の内容を読み上げない場合がある問題を修正
・CarPlayで、他社製メッセージAppを使用してメッセージを送信できない場合がある問題を解決

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

問題修正だけでなく機能追加も含まれた大型アップデートですねぇ。

前回述べたStaccal 2の問題が解消されており、リマインダーへのアクセスをオンにした状態で起動できることを確認しました。同様に使えなかった別のアプリも起ち上げられましたし、iOS 13で不具合に遭遇した方は本アップデートで挙動を再確認してくださいませ。

Mac Fan 2019年11月号
Mac Fan 2019年11月号

関連記事 関連記事:

iOS 13で起動しなくなった「Staccal 2」はリマインダーの連携オフで解決。その純正リマインダーについて。: パワーリンゴ(2019/09/24)