Appleマップの「Look Around」、国内ローンチと同時に片田舎の地元でも利用可能に。

昨年5月にApple Maps カーを目撃していましたが、日本でのサービス開始と同時に地元が対応するとは予想外です。『Apple版ストリートビュー「Look Around」が日本でも利用可能に | 気になる、記になる…』ということで、Apple純正マップの機能向上は大歓迎ですよ。

applemap_lookaround01.jpg
基本的にはGoogleストリートビューそのまんま↑ 後発だけあって、Look Aroundのほうが高速かつ滑らかな描画と視点移動の細かさが際立ちます。一方、道路上の自動車や歩行者の数が多くて煩雑な気もします(場所や撮影時間帯によるでしょうが)。Look Around対応地域を表示すれば、黄色い人の代わりに双眼鏡アイコンが現れるようになっています。

ちなみに上掲のスクリーンショットは、2年前の台風21号で倒壊した電柱街道。こんなひなびた辺境が早々に対応を果たした理由として考えれるのは……「関空の対岸」くらいしか思い当たりません。

Mac Fan 2020年9月号 [雑誌] - Mac Fan編集部
Mac Fan 2020年9月号 [雑誌] - Mac Fan編集部
とはいえ、関空利用者が対岸地域を歩き回る割合もかなり低いと思われます。

関連記事 関連記事:

「Apple Maps カー」、ゲットだぜっ。京都ナンバーのインプレッサ?: パワーリンゴ(2019/05/19)

「DIGITAL HARINEZUMI 4.0」の内蔵バッテリーを交換。入手しやすい「602030」がギリギリ収まる。

6年前に購入したトイデジカメ 「DIGITAL HARINEZUMI 4.0(デジタルハリネズミ 4.0」、さすがに内蔵リチウムイオンポリマー(リポ)バッテリーがヘタってきました。満充電直後でも連続10枚撮れるかどうかというレベルまで落ち込んでしまったため、思い切って交換することにしました。

digihari4_battery_replace01.jpg
実は、すでに何度か分解して下見を済ませています。適合するバッテリーサイズが一番の問題であることも確認済み↑

digihari4_battery_replace02.jpg
で、今回試みるは602030サイズの300mAh↑ 入手しやすい製品なので、これが内蔵できれば以後も安泰といえます。

digihari4_battery_replace03.jpg
左右側面および底面のネジ計6本を外し、リアケースを後ろに引き抜くと中身が現れます↑ 左上の、斜めに挟まっている銀色の物体がバッテリーですね。

digihari4_battery_replace04.jpg
メイン基板はすんなり外れてくれません。というのも、底面ポートカバーから延びたゴム突起が邪魔なのです↑ これを手前に倒しつつ、基板を真後ろに引っ張り出します。

digihari4_battery_replace05.jpg
コネクタを抜いて取り出したバッテリーを比較↑ 右が純正の631637 300mAhです。6桁の数字は「厚さ6.3mm x 幅16mm x 長さ37mm」というふうにサイズを示す模様。また、天面側にはスポンジ製スペーサーが貼り付いています。両者の比率はずいぶん異なりますが、強く湾曲した背面によってうまく吸収される……はず。

digihari4_battery_replace06.jpg
コネクタ形状はこんな感じ↑ 基板直付けでない点は助かります。

digihari4_battery_replace07.jpg
念のため、新しいバッテリーのケースフィルム四隅を少し内側に折り込んでおきます↑ 簡単な作業ではあるものの、くれぐれもセル本体に力を加えぬよう注意を払わねば危険です。ただ、この工程は必ずしも必要なかったようです。

digihari4_battery_replace08.jpg
純正バッテリーからコネクタを切り取って、新しいバッテリーに移植します↑前もって熱収縮チューブを通しておき、極性を何度もチェック。幸い(?)どちらも常識的で、同じ色同士を結線すればOKでした。

digihari4_battery_replace09.jpg
再びバッテリー交換することを考えて、芯線をよじり合わせたりせず平行に並べた状態でハンダ付け

digihari4_battery_replace10.jpg
繋ぎ目にチューブを持ってきて加熱すれば完了です↑ まぁ、べつに絶縁テープを巻くだけでも十分だと思います。

digihari4_battery_replace11.jpg
あとは逆順に組み上げます。602030サイズは、ギリギリながらもある特定の角度で収めると抵抗なくリアケースが閉まるのです。事前に同サイズのダミーを入れてチェックした甲斐がありましたヨ。なお、上記スペーサーは使いませんでした。充電ケーブルを繋いで動作確認、ばっちりです↑

digihari4_battery_replace12.jpg
充電完了までそこそこ時間を要するのが頼もしいですネっ。しばらく設定を触っても残量表示は満杯のまま↑ これからバッテリーが空になるまで撮影して、再び満充電……を数回繰り返せば万全でしょう。

USB充電全盛の昨今、内蔵バッテリー化された4.0は大変運用しやすく、旧デジタルハリネズミの電源である高価なCR2を消費しなくてもいい点が個人的には無視できません(一本でけっこう持ちますけれど)。他方、リポバッテリーの寿命 = 製品寿命ともいえる設計が致命的なわけです。だからこそ、バッテリー自前交換の道筋を付けておけば、最高の使い勝手と長い製品寿命の両立を図れるんですよねぇ。

いうまでもなく真似される場合は全て自己責任でお願いします。リポバッテリー自体、サイズの個体差が小さくありませんので602030が必ず入ると断言することもできません。作業内容ともどもよくご検討くださいませ。

リチウムポリマー電池 リポバッテリー 3.7V 300mAh コネクタなし ヘッドセット ドローン 等に
リチウムポリマー電池 リポバッテリー 3.7V 300mAh コネクタなし ヘッドセット ドローン 等に
厚みには余裕があるため、幅と長さがこれ以下の製品ならすんなり入ります。当然容量も限られますが、250mAhあれば困らないと思います。純正と同じ631637サイズが容易に入手できれば楽なんですけれど……。

関連記事 関連記事:

サマーセールの「DIGITAL HARINEZUMI 4.0」をゲット。モバイルバッテリーセット品。: パワーリンゴ(2014/08/24)

「iMac 27インチ(2020)」のRAMは引き続きユーザによる増設が可能。しかし基本構成が8GBとは……。

昨日の記事では「iMac 27インチ(2020)」のRAMについて触れませんでした。

imac27_2020_02.jpg
従来どおり、27インチモデルはユーザがアクセス可能なSO-DIMMスロットを4基搭載しています。そのせいかどうかわかりませんが、松竹梅の基本構成ではいずれも最低限といえる8GBに留まるんですよねぇ。iMacが購入対象に入ることはなかったので事情に疎いものの、おそらく旧モデルも同様だったのでしょう、ケチくさいことを続けてくれます。

私がメインで使ってきたMacで、RAMの換装ができた最後のマシンはMacBook黒(Late 2007)でした。当時と比べ容量もスピードも格段に向上した今、組み込み済みの純正品を選択する意義は昔より大きいと思います。ゆえに安価なサードパーティ製をひたすらお勧めするのは避けておきましょう。それでも割高なカスタマイズ価格を考えるとねぇ……。

また、今回はCTOオプションに128GBが追加されました。2019モデルでも128GBまで増設できたそうなので、仕様的には変わりません。

Transcend ノートPC用メモリ PC4-21300(DDR4-2666) 32GB 1.2V 260pin SO-DIMM 2Rx8 (2Gx8) CL19 無期限保証 JM2666HSE-32G
Transcend ノートPC用メモリ PC4-21300(DDR4-2666) 32GB 1.2V 260pin SO-DIMM 2Rx8 (2Gx8) CL19 無期限保証 JM2666HSE-32G
デュアルチャネルを活かすためか、標準の8GBは4GBx2枚となります。CTOで16GBにカスタマイズした場合、まさか4GBx4などという恐ろしい構成にされることはさすがに無い……ですよね?

関連記事 関連記事:

最後のIntel Mac?「iMac 27インチ(2020)」発表。第10世代Core搭載とともに、Fusion Driveも消える。: パワーリンゴ(2020/08/05)

最後のIntel Mac?「iMac 27インチ(2020)」発表。第10世代Core搭載とともに、Fusion Driveも消える。

おそらくこれが最後のIntel Core搭載機となりませう。「iMac 27インチ(2020)」が発表されました。

imac27_2020_01.jpg
基本3構成のいずれも第10世代 6コア Core i5以上を搭載しています↑ ただ、ポータブルMacに載っている「Ice Lake」ではなく、デスクトップ向けの「Comet Lake-S」となるんでしょうか。

さらに、カスタマイズオプションも含めFusion Driveが一掃されました。じつはiMac 21.5インチモデルの基本構成からもHDD(!)およびFusion Driveが駆逐されており(かろうじてオプションに生き残っている)、全MacラインナップにおけるHDDの存在は風前の灯といえます。いよいよ「Macintosh HD」の文字列も見納めになりそうな予感……。

一点留意すべきは、いわゆる松竹梅の梅モデルに関してストレージのカスタマイズが用意されていないこと。なにぶん巨大な一体型デスクトップ機ゆえ、自分の使い方をよく考えたうえで適切な選択をしたいものです、ハイ。

ORICO Thunderbolt 3 Nvme M.2 SSDケース Intel公式認証 40Gbps超高速 [最大読み込み速度:2300MB/S 最大書き込み速度:2100MB/S] ポータブル 外付けケース 2280(M-Key)SSDのみ対応 M.2 SSD 変換アダプタ シルバー SCM2T3-G40
ORICO Thunderbolt 3 Nvme M.2 SSDケース Intel公式認証 40Gbps超高速 [最大読み込み速度:2300MB/S 最大書き込み速度:2100MB/S] ポータブル 外付けケース 2280(M-Key)SSDのみ対応 M.2 SSD 変換アダプタ シルバー SCM2T3-G40

関連記事 関連記事:

「iMac 27インチ(2020)」のRAMは引き続きユーザによる増設が可能。しかし基本構成が8GBとは……。: パワーリンゴ(2020/08/06)

Apple Silicon Macへの移行を控え、レガシー二重奏となったボリューム名称「Macintosh HD」は生き残れるか?: パワーリンゴ(2020/07/20)

13インチ MacBook Pro(2019)にて「バッテリーは充電できません」の表示。バッテリー温度上昇が原因か?

スクリーンショットを取り損ねましたが、13インチ MacBook Pro 1.4GHz(2019)のバッテリー状況に「バッテリーは充電できません」などというステータスが登場しました。えぇ、こんなの初見です。

純正電源アダプタを繋いだまま、軽負荷で数時間使っていたのですよ。作業を終えて充電ケーブルを外そうとしたときに気付きました。

その時点の残量は92%、Catalina 10.15.5で搭載されたバッテリー状態管理機能がちょっとアホになったかと勘繰るのに適した値ですけれど、ケーブルの抜き差し程度では変化が見られません(リンク先のとおり、同管理機能は実質90%で充電を終えた場合も100%表示になるはず)。

ざっと調べてみたところ、SMCリセットで改善したとの報告も見受けられます。ただですね……利用環境について思い当たる節があるというかなんつーか、使い始めより室温30℃以上が続き、33℃を越えるあたりで私が辛くなってきたもんだから作業を止めた次第でして、筐体全体がかなり熱を帯びていました。

mbp_battery_nocharge01.jpg
そこで、ひとまずスリープ放置することに。10分ほど経ってから復帰させてケーブルを差すと、何事もなかったかのように充電が始まりました、やれやれ↑

もしポータブルMacの発熱が激しいときに同じステータスが現れた場合は、使用を中断して短時間でもクールダウンさせることをお勧めします。もとよりバッテリーは暑さ寒さに弱いナマモノと捉えるべきですね。それ以前に……生身の人間にも厳しい環境であること請け合いです。

【2020年最新の 6つ冷却ファン 5段階調整 強冷 超静音】 ノートパソコン 冷却パッド 冷却台 ノートPCクーラー クール 超静音 USBポート2口 USB接続 風量調節可 高度調節可 7-17インチ ノートpc/iPad/Macbook/Macbook Pro 等に対応
【2020年最新の 6つ冷却ファン 5段階調整 強冷 超静音】 ノートパソコン 冷却パッド 冷却台 ノートPCクーラー クール 超静音 USBポート2口 USB接続 風量調節可 高度調節可 7-17インチ ノートpc/iPad/Macbook/Macbook Pro 等に対応
なお、軽負荷ゆえCPU温度はさほど上がっておらず、ファンの回転も聞こえないレベルでした。バッテリーの温度上昇はパームレストの熱さを直に感じ取って判断するのがベストかもしれません。

関連記事 関連記事:

MacBookシリーズの「バッテリーの状態管理機能」を有効にしても、制限された充電量の上限に達すると「100%・充電済み」表示になる。: パワーリンゴ(2020/05/28)

まだ5年……Windows 10登場から丸5年を迎えたとな。自分が使い始めてからも、すでに4年。

WaaS方式への移行後も大型アップデートが幾度となく繰り返されてきたため、「まだ5年しか経っていないのか」というのが率直な印象です。『「Windows 10」、リリースから丸5年を迎える | 気になる、記になる…』だそうですよ。

私が最初に触れたWindows 10はThinkPad X60に入れたパッケージ版の1511(TH2)。2016年8月購入と、いつになく早い段階での導入だったんですよねぇ。その後も順当にアップデートを重ね、手持ちのWindows 10搭載機は全て2004(20H1)まで上げています。

いうまでもなくMacがメインゆえ、使い込み方に雲泥の差があるWindows 10の感想を述べるのは気が引けます。あえて申すなら……Macユーザから見た場合、Windows特有の作法が薄まってなんとなく従来よりも取っ付きやすいかなぁ〜、と。

また、常にジリ貧の我がWindows環境においては、macOSより明らかに軽い点も重要です。なにせ7年前のThinkPad X230(Ivy Bridge)で、なんの不満もないレスポンスを得られるわけですから大したもんです、ハイ。

【新パッケージ】Windows 10 Home 日本語版/May 2019 Update適用/パッケージ版
【新パッケージ】Windows 10 Home 日本語版/May 2019 Update適用/パッケージ版
私はついぞBoot Campを利用することなくIntel Macを卒業することになりそうです。

関連記事 関連記事:

2016年極私的Windows某重大事件、その1。無鉄砲な試みの全貌が明らかに。: パワーリンゴ(2016/08/25)

13インチ MacBook Pro(2019)のCaps Lockキーをescに変更する。物理キー化したものの……。

私にはバタフライ構造よりも深刻な「Touch Bar内のescキー」問題、消極的ながら他の物理キーと入れ替えてみることにしました。

mbp_caps_to_esc01.jpg
あいかわらずTouch BarにDockを表示する「Pock」を使い続けており、escキーの位置が右に寄ってしまうのも辛いところです↑

mbp_caps_to_esc02.jpg
そこで、「システム環境設定 > キーボード > キーボード > 修飾キー…」のCaps LockキーをEscに変更↑ システム標準設定だとそれ以外の選択肢は無いでしょう。ちなみに、キー割り当てを変更したCaps Lockキーのランプは常時消灯します。

この設定でしばらく様子を見るつもりですけれど……正直いってあまり希望を持つことができません(オイっ)。物理キーにはなりましたが、なんてったって左下ですからねぇ〜。

PFU Happy Hacking Keyboard Professional2 白 英語配列 USBキーボード 静電容量無接点 UNIX配列 WINDOWS/MAC両対応 ホワイト PD-KB400W
PFU Happy Hacking Keyboard Professional2 白 英語配列 USBキーボード 静電容量無接点 UNIX配列 WINDOWS/MAC両対応 ホワイト PD-KB400W
ただ今セール特価のHHKB、ファンクションキーは省いてもEscキーはちゃんと残しています。しかもTabの上でかなり押しやすそう。

関連記事 関連記事:

購入から半年経ったMacBook Pro(2019)1.4GHz、スリープ運用が習慣化。キーボード周りは……。: パワーリンゴ(2020/05/24)

Ice Lake搭載MacBook Pro・AirとFinal Cut Pro Xの相性問題はmacOS Catalina 10.15.6にて解消された模様。

第10世代(Ice Lake)搭載MacとFinal Cut Pro Xの相性問題について、未だAppleからの告知もなし。』で記した、13インチ MacBook Pro(2020)上位モデル及びMacBook Air(2020)とFinal Cut Pro X・iMovieとの相性問題が、macOS Catalina 10.1.5.6 アップデートで解消されたようです。

macOS Catalina 10.15.6、Final Cut Proのフリーズ、スリープ復帰失敗、USB2.0接続負荷などの不具合を修正 | ゴリミー』が詳しく、USB 2.0機器の利用やスリープ復帰の問題も同時に修正されたそうですね。

ただ、10.15.6アップデートの記事で触れたとおり、効能書きにはUSB 2.0以外の不具合解消に関する記述が見当たりません。決して小さな問題とはいえない本件をサイレント修正でかわすとは……相も変わらぬAppleのダークサイドを垣間見た気分ですヨ。

ともあれ困っていた方には朗報でしょうし、本件を知って対象機種の購入をためらっていた方も安心して買うことができますね。

Apple MacBook Pro (13インチ, 一世代前のモデル, 16GB RAM, 1TBストレージ, 2.8GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ) - スペースグレイ
Apple MacBook Pro (13インチ, 一世代前のモデル, 16GB RAM, 1TBストレージ, 2.8GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ) - スペースグレイ
現在、Amazonのタイムセールにて2019モデルがお安く出ています。

関連記事 関連記事:

「macOS Catalina 10.15.6」配布。バッテリー駆動時のオプション追加。Final Cut Proに関する問題修正は?: パワーリンゴ(2020/07/16)

第10世代(Ice Lake)搭載MacとFinal Cut Pro Xの相性問題について、未だAppleからの告知もなし。: パワーリンゴ(2020/07/10)

Apple Silicon Macへの移行を控え、レガシー二重奏となったボリューム名称「Macintosh HD」は生き残れるか?

WWDC20基調講演でもジャーンと鳴るシーンが用意されていました。Arm MacもといApple Silicon Macは起動音が復活し、Thunderboltも引き続きサポートされるとのことで、過去に束縛されるロートルへの気遣いが感じられて嬉しいですネっ。

実際、PowerPCからIntel Coreへの移行時は各ラインナップ初号機のデザインをほとんど変えずに既存ユーザの心理的ハードルを下げる戦略が取られました。中でも、先陣を切ったMacBook Proについてはその旨ジョブズが明言したはずです(記憶が確かならば)ので、半分本気でそう思っていますよ。

applesilicon_dtk01.jpg
ま、Apple Silicon Mac初号機がどのようなデザインや構成になるかは未知数ですけれど、基調講演で公にされたMac miniの筐体そのままのDeveloper Transition Kit(DTK)が、早くも緩衝材の役割を果たしている気がします↑

applesilicon_dtk02.jpg
ところで、今なお内蔵ストレージのボリューム名に使われている「Macintosh HD」、個人的にはこれがいつまで生き残るのかちょっと興味がありますね↑

私は「Mac」より「Macintosh」のほうがずっと好きな単語です。自分がMacに興味を持った時期や、初MacにかろうじてMacintoshの文字がプリントされていたことなどに強く影響されているのでしょう。残念ながらAppleはその後「Macintosh」の利用をどんどん縮小し、ハード・ソフト・サービスを含めて上記ボリューム名がおそらく現存する最後の砦となっています。

加えて「HD」の存在すら危うくなりつつあります。唯一HDDを標準搭載するiMacの新型がSSDオンリーとなれば、HDD採用製品は絶滅し、アイコンもろとも完全にレガシー入りするわけです。むしろ現行のSSD搭載MacにHDの文字とHDDアイコンが残っているのも、他社ソフトウェアにおける「フロッピーディスクアイコンの保存ボタン」と同じノリ(というか単なる怠慢?)に見えますねぇ。

私のテケトー予想だと、やはり二重にレガシーな「Macintosh HD」はApple Silicon Macに引き継がれず終焉する運命ではないでしょうか。ここまで熱く語っておきながら……私は新しいMacのセットアップ時に必ずボリューム名を書き換えてしまうのです、えええぇぇ〜〜〜。

Macintosh Museum - 柴田 文彦, マックパワー編集部
Macintosh Museum - 柴田 文彦, マックパワー編集部
今はむしろ、サードパーティ製ソフトの動作条件にMacintoshの文字が残っていることのほうが多いかも。

関連記事 関連記事:

最後のIntel Mac?「iMac 27インチ(2020)」発表。第10世代Core搭載とともに、Fusion Driveも消える。: パワーリンゴ(2020/08/05)

ついにバージョン11、「macOS Big Sur」発表。少し引き上げられた動作条件とApple Siliconへの移行。: パワーリンゴ(2020/06/24)

容量不足により「watchOS 6.2.8」をインストールできず。Appを削除する前に、ひとまず再起動!

watchOS 6.2.8」がリリースされたので、Apple Watch Series 3にインストールしようとしたところ、

watchos628_01.jpg
なんということでしょう、ストレージの空き容量不足によりアップデートをインストールできないですってよ↑ 今どきのApple製品でジリ貧ポータブックと同じ目に遭うとは、なかなか屈辱的です。

watchos628_02.jpg
情報を見ると、アップデートに必要な2.2GBに対して2.1GBの空き↑ 確かに不足していますが、ご覧のとおり曲や写真は一つも入っておらず、サードパーティAppもたった7個と最小限なのです。

ともあれ背に腹はかえられぬとAppを一つ削除するも……空き容量に変化なし。「削除したAppのサイズが小さすぎたか?」と考えあぐね、ふと「Apple Watchを再起動すればひょっとするとひょっとするかも」と実行しました。

watchos628_03.jpg
結果、再起動で2.7GBもの確保に至った次第、やれやれ〜↑ この挙動すらポータブック(というかWindows)っぽくて好かんものの、無事Series 3をwatchOS 6.2.8にアップデートすることができました。アップデート後の空きも2.7GBを維持、削除したAppを入れ直すと、やはりごく小さなサイズだったようです。

なお、6.2.8の効能書きは以下。
watchOS 6.2.8には新機能と改善が含まれています。

・Apple Watch Series 5での車のデジタルキーのサポートを追加
・Apple Watch Series 4以降の“心電図” Appがバーレーン、ブラジル、および南アフリカで利用可能
・不規則な心拍の通知がバーレーン、ブラジル、および南アフリカで利用可能

一部の機能は地域やAppleデバイスによっては利用できないことがあります。Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

ま、記載のないバグフィックスを除いてSeries 3への恩恵はありませんね。

ストレージ容量が8GBしかないSeries 3(GPS)モデルをお使いの方で同じ問題に遭遇した方は、Appを削除する前にWatchの再起動(電源オフ → オン)をお勧めします。

Apple Watch Series 5(GPSモデル)- 40mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド - S/M & M/L
Apple Watch Series 5(GPSモデル)- 40mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド - S/M & M/L
Series 5はGPSモデルも32GBの大容量ストレージを搭載しています。