タイピングの一助を目論み……「Baseus アルミ製折りたたみスタンド」をMacBook Proの裏面に貼る。

1年経過レビューを含め、13インチMacBook Pro(2019)1.4GHzの話題はバタフライキーボードに終始するといっても過言ではありません。つーかそれ以外に語ることが無いんかい!と怒られそうですが。

で、因縁のキーボードを長時間叩くときはメーカーの推奨する正しい使い方からかけ離れたトンデモ法を編み出して、ごくわずかでも快適にタイピングできるよう工夫しておりました。なにかの折にAppleから突っ込まれると面白くないため、とても文章では残せません。

baseus_folding_stand01.jpg
さすがにそれを継続するのはマズかろうと、真っ当な製品をひとつ購入しましたよ。アルミ製の「Baseus 折りたたみ式ノートパソコンスタンド(Amazon)」↑ 要するに筐体の後部を持ち上げて、キーボード面を傾斜させるスタンドです。

この手のフリップスタンドはKickflipが嚆矢だったと記憶しており、今なら少なくないコピー・類似・派生品から選ぶことができます。

baseus_folding_stand02.jpg
私がこれを選んだ理由は、見てくれと強度と某所の特価。完全無欠の中国製ながら、総アルミかつスペースグレー色も用意された、MacBookシリーズにうってつけの製品ですね。厚手の粘着ジェルシートで裏面にべったり貼り付けます。事前の清掃用アルコール拭きも付属しています↑

baseus_folding_stand03.jpg
後方のRにかからない、底板凹部の辺から15mmの位置に貼り付けました↑ 位置決めは、左右均等よりも水平確保を最優先すべきでしょう。でないとガタつきが生じます。安価なアルミアクセサリにしては、色のマッチが良好なほうだと思います(少し明るい)。

baseus_folding_stand04.jpg
ヒンジは固すぎず柔らかすぎず、ジャストですよ↑ ただ、購入時点でちょうどいい固さということは、以後開閉するたびに緩む一方なわけで……。また、任意の角度で止めることを想定した構造ではありません、念のため。

baseus_folding_stand05.jpg
机に置くと実測9度の角度がつき、筐体後端上面までの高さは約40mmとなります↑ 個人的にはちぃと高すぎるかなと感じるものの、従来のトンデモ法よりは低かったりします。いずれにせよ傾斜の好みは人それぞれ、貼り付け位置を前後させることで多少の調整も可能です。

ちなみに前側は、辛うじてゴム足のみで接地しています。

本品で厄介な点を一つ挙げておくならば、スタンドを立てても畳んでも机の天板に硬いアルミが接触することです。相手がより硬いスチールデスクならともかく、机にキズを付けたくない場合はなんらかの対策が必要ですね。

baseus_folding_stand06.jpg
もしバタフライキーボードの打ちにくさに辟易していて、傾斜による緩和効果を試したい方のために、トンデモ法の写真のみ掲載しておきます↑ 何度も書きますがこれは誤った使用方法であり、どちらにも物理的損傷を引き起こす可能性がある旨ご留意くださいませ。

HJHSHOP ノートパソコン アルミ スタンド 折り畳み式 3mm スリムタイプ アルミニウム合金 アルミ合金 折りたたみ ノートPC 放熱 冷却 MacBook Pro Air iPad フリップスタンド ダークグレー
HJHSHOP ノートパソコン アルミ スタンド 折り畳み式 3mm スリムタイプ アルミニウム合金 アルミ合金 折りたたみ ノートPC 放熱 冷却 MacBook Pro Air iPad フリップスタンド ダークグレー
厚くて弾力に富んだ粘着シートはかなり強力なので、より後方の、Rに若干かかる位置まで下げても実用強度を保てそうです。

関連記事 関連記事:

アルミ製フリップスタンドによる机のキズ防止に、カバーテープとスポンジシールを貼る。: パワーリンゴ(2020/12/22)

13インチMacBook Pro(2019)1.4GHz購入から1年。キートップのテカりが非常に早く訪れたバタフライキーボード。: パワーリンゴ(2020/12/07)

USB-C to USB-A変換ケーブルでバスパワー機器の動作が不安定なときは、多機能ハブ経由で繋ぐと回避可能な場合も。

小ネタです。USB-C(Thunderbolt 3)2ポートのMacBook Pro(2019)にA端子のUSB 3.0 外付け2.5インチHDDを接続する際、当初はUSB-C to USB-A 変換ケーブルを使っておりました↓

usbc_a_buspower01.jpg
ところが、勝手にアンマウントされる現象がランダムに発生。調べると似た事象がいくつか見つかります。どうもバスパワーの電力不足に起因する可能性が高いようですね。接続直後に一旦アンマウントされやすいのも、最初のスピンアップ時に要する電力が足りていない感じ。

usbc_a_buspower02.jpg
そこで、USB-C多機能ハブをMacBook Proに繋ぎ、ハブのUSB-Aポートに外付けHDDを接続したところ、アンマウントされることなく安定して動作することが判明しました↑ 以後、消費電力の大きそうなバスパワー機器を繋ぐときはハブを介するようにしています。

なお、本件についてはMacBook Proのバッテリー or AC駆動と関連は見出せず、Macに電源アダプタを繋ごうが変換ケーブル経由ではHDDのアンマウントが発生します。

加えて、私の使っているAnkerのハブはPDポートを搭載していますが、PDポートに電源アダプタを差して給電してもしなくてもHDDは安定動作しますね。もちろんハブとHDD両方の電力を要するため、バッテリー駆動だと減りが早くなるはずです。

元来USB機器のバスパワー駆動は電力面においてシビアで、HDD自体やケースの種類によっても状況が大きく変化します。よって、上記も一例に過ぎないことをご了承ください。

Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ【4K対応HDMI出力ポート / 60W出力 Power Delivery 対応USB-Cポート / 1Gbps イーサネット / 2つの USB-A ポート / microSD & SDカード スロット搭載 】 MacBook Pro / iPad Pro / ChromeBook 他対応 テレワーク リモート 在宅勤務
Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ【4K対応HDMI出力ポート / 60W出力 Power Delivery 対応USB-Cポート / 1Gbps イーサネット / 2つの USB-A ポート / microSD & SDカード スロット搭載 】 MacBook Pro / iPad Pro / ChromeBook 他対応 テレワーク リモート 在宅勤務
購入当初は変換ケーブルのみでほぼ事足りそうな雰囲気でしたが、やはり買っておいてよかったです。

関連記事 関連記事:

MacBook Proの未知のポートに対応するため、Anker製USB-C変換ケーブルとPowerExpand+ハブを入手。: パワーリンゴ(2019/12/04)

Apple Watch Series 3を「watchOS 7.2」にアップデートするも、ペアリング解除による4時間コースは避けがたい。

Apple製品のアップデートに関しては近年稀に見る酷さですよ。Apple Watch Series 3(GPS、8GBストレージ)を「watchOS 7.2」にアップデートしましたが、もはや通常の手段ではにっちもさっちも行きません。今回要求される空き容量は確か2.5GBだったと思います。

容量不足で Apple Watch をアップデートできない場合 - Apple サポート』ということで、実質Series 3ユーザに向けたサポート文書まで登場していたんですね。

Apple Watchをそれなりに使っているならば、「再起動」や「メディア・Appの削除」程度で空き容量を確保するのはもう無理でしょう。となると「Apple Watch のペアリングを解除してアップデートする」方法しか残りません。

watchos72_01.jpg
かいつまんで段取りを述べると、

1. ペアリング解除(= 初期化)。
2. 新しいデバイスとして設定。
3. watchOSをアップデート。
4. ペアリング解除。
5. アップデート前のバックアップから復元。


以上のような具合。難しい作業ではないものの、やたら時間がかかるうえ、途中の操作が必要なので寝ている間に全てを完了させることもできません。iPhone SE(第一世代)が母艦である私の場合は、4時間前後を要しましたねぇ。

ここまでSeries 3のユーザビリティを落とすくらいなら、いっそwatchOS 6で打ち止めにしてほしかったですよ。たとえ「2万円から〜」の販売戦略を取りたかったにしても、今Series 3を買って地獄のアップデートを体験させられた日にゃ、二度と帰ってこない顧客を創出するばかりではないでしょうか。

年1回のメジャーアップグレードならまだ我慢できますけれど、頻繁なマイナーアップデートのたびに苦行を強いられるのは全く本意ではないため、今後は自分の必要とする不具合修正や機能追加がない限りアップデートをスルーする方向で行こうかと考えております、えぇ。

watchos72_02.jpg
ちなみに、watchOS 7.2で追加された心肺機能低下の通知はSeries 3でも機能するようです↑

最新 Apple Watch Series 6(GPSモデル)- 40mm (PRODUCT)REDアルミニウムケースと(PRODUCT)REDスポーツバンド
最新 Apple Watch Series 6(GPSモデル)- 40mm (PRODUCT)REDアルミニウムケースと(PRODUCT)REDスポーツバンド
これまでの経験上、ペアリング解除せずにアップデート可能な空き容量は2.1〜2.2GBまで。

「iOS 14.3」「iPadOS 14.3」配布。AirPods Max対応、Fitness+はまず英語圏から。

iOS 14は小数第一位のアップデートがいつになく進みますねぇ。Appleが「iOS 14.3」「iPadOS 14.3」を配布しています。

ios143_01.jpg
デバイス単体もしくは母艦経由でアップデートしてください。iOS 14.3の効能書きは以下。
iOS 14.3では、Apple Fitness+およびAirPods Maxに対応しました。このリリースには、iPhone 12 ProでApple ProRAWの写真を撮影する機能に加えて、App Storeへのプライバシー情報の導入、iPhoneのその他の機能の追加、およびバグ修正も含まれます。

Apple Fitness+
・iPhone、iPad、およびApple TVで利用可能なスタジオスタイルのワークアウトとApple Watchを組み合わせた新しいフィットネス体験(Apple Watch Series 3以降)
・iPhone、iPad、Apple TVの新しい“フィットネス” Appで、Fitness+のワークアウト、トレーナー、パーソナライズされたおすすめをブラウズ可能
・毎週、人気の上位10種類のワークアウトタイプにビデオワークアウトを追加: 高強度インターバルトレーニング、インドアバイク、ヨガ、コア、筋力、ダンス、ローイング、トレッドミルでのウォーキング、トレッドミルでのランニング、マインドフル・クールダウン
・Fitness+のトレーナーがワークアウト用に厳選したプレイリストを利用可能
・Fitness+のサブスクリプションは、オーストラリア、カナダ、アイルランド、ニュージーランド、イギリス、および米国で利用可能

AirPods Max
・新しいオーバーイヤーヘッドフォン“AirPods Max”に対応
・ハイファイオーディオで豊かなサウンドを実現
・アダプティブEQにより、イヤークッションの装着状態に合わせてサウンドをリアルタイムに最適化
・アクティブノイズキャンセリングで環境ノイズを遮断
・外部音取り込みモードで周囲の環境音を聞き取ることが可能
・空間オーディオとダイナミック・ヘッド・トラッキングにより、まるで映画館にいるかのようなサウンド体験を実現

写真
・iPhone 12 ProおよびiPhone 12 Pro MaxでApple ProRAWの写真を撮影可能
・Apple ProRAWの写真を“写真” Appで編集可能
・25 fpsでビデオを撮影するためのオプション
・iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、およびiPhone Xで静止画を撮影する際に前面カメラを左右反転可能

プライバシー
・新しいプライバシー情報セクションがApp Storeページに追加され、デベロッパから報告されたアプリケーションのプライバシー規約の概要を表示

TV App
・Apple Originalの番組や映画を簡単に見つけて視聴できるように、AppleTV+のタブを刷新
・検索機能が強化され、ジャンルなどのカテゴリ別に参照でき、入力中に検索履歴や候補を表示
・上位の検索結果に映画、テレビ番組、Podcast、チャンネル、スポーツの最も関連性の高い検索結果を表示

App Clip
・Apple製App Clipコードを“カメラ”またはコントロールセンターからスキャンしてApp Clipを起動可能

ヘルスケア
・“ヘルスケア” Appの“周期記録”で、妊娠、授乳、または避妊方法の使用を指定できるようになったことで、生理や妊娠可能期間の予測をより的確に管理

天気
・“天気”、“マップ”、およびSiriで空気質のデータを中国本土で利用可能
・米国、イギリス、ドイツ、インド、メキシコで特定の空気質レベルになったときに健康上の推奨事項を“天気”とSiriで提供

Safari
・SafariのEcosia検索エンジンオプション

このリリースには、以下の問題の修正も含まれます:
・一部のMMSメッセージを受信できないことがある問題
・一部の“メッセージ”の通知を受信できないことがある問題
・メッセージの作成中に連絡先グループのメンバーが表示されなかった問題
・一部のビデオを“写真” Appから共有したときに正常に表示されないことがある問題
・Appのフォルダを開けないことがある問題
・Spotlightの検索結果や、SpotlightからのAppの起動が正しく動作しないことがある問題
・“設定”でBluetoothが利用できない場合がある問題
・デバイスがワイヤレスで充電できなくなることがある問題
・MagSafeデュアル充電パッドでiPhoneをワイヤレス充電したときに最大電力未満にしか充電できないことがある問題
・WACプロトコルを使用するワイヤレスアクセサリおよび周辺機器の設定を完了できないことがある問題
・VoiceOverの使用中にリマインダーでリストを追加すると、キーボードが閉じてしまう問題

一部の機能は地域やAppleデバイスによっては利用できないことがあります。Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

機能追加も多いですね。Apple Fitness+は、まず英語圏のみのスタートとなるようです。普通の動画コンテンツと違い、ディスプレイを見続けるわけにはいかないサービスゆえ、多言語展開するに当たっては字幕ではなく吹き替えが必要になるのかもしれません。

ALINCO(アルインコ) クロスバイク AFB4417 折りたたみ機能付き
ALINCO(アルインコ) クロスバイク AFB4417 折りたたみ機能付き
ひょっとするとエアロバイクは今年が空前の売り上げを叩き出しているのではないでしょうか。私も欲しい……。

「macOS Big Sur 11.1」配布。AirPods Maxに対応。メニューバーアイテムの順番を覚えてくれるようになった?

今年最後のアップデート祭りになりそうです。Appleが「macOS Big Sur 11.1」を配布しています。

bigsur111_01.jpg
システム環境設定のソフトウェア・アップデートからどうぞ。効能書きは以下。
macOS Big Sur 11.1では、AirPods Maxへの対応、TVアプリケーションの機能強化、App Storeのプライバシー情報が導入されます。このリリースにはMacのバグ修正も含まれています。

AirPods Max
・新しいオーバーイヤーヘッドフォン“AirPods Max”に対応します
・ハイファイオーディオで豊かなサウンドが再現されます
・アダプティブEQにより、イヤークッションの装着状態に合わせてサウンドがリアルタイムに最適化されます
・ノイズキャンセリングをオンにして環境ノイズを遮断できます
・アクティブノイズキャンセリングを使用して環境ノイズを遮断できます
・空間オーディオとダイナミック・ヘッドトラッキングにより、まるで映画館にいるかのようなサウンド体験を楽しめます

TVアプリケーション
・まったく新しいApple TV+のタブで、Apple Originalの番組や映画を簡単に見つけて視聴できます
・検索機能が強化され、ジャンルなどのカテゴリ別に閲覧でき、入力中に検索履歴や単語の候補が表示されます
・映画、テレビ番組、Podcast、チャンネル、スポーツなど、最も関連性の高い一致が最上位検索結果に表示されます

App Store
・新しいプライバシー情報セクションがApp Storeページに追加され、デベロッパが報告したアプリケーションのプライバシー慣行の概要が表示されます
・Arcadeのゲームでは、ゲーム内ダッシュボードで新しくプレイできるArcadeゲームが推奨されます

M1を搭載したMacでのiPhoneおよびiPad App
・iPhoneおよびiPad用Appの新しいウインドウオプションにより、ウインドウを横向きや縦向きに切り替えたり、ウインドウを拡大して画面全体に表示したりできます

写真
・Apple ProRAWの写真を“写真”アプリケーションで編集できます

Safari
・Ecosia検索エンジンのオプションがSafariに追加されます

空気質
・中国本土の場所の空気質が“マップ”とSiriで利用できます
・米国、イギリス、ドイツ、インド、メキシコでは特定の空気質レベルになったときに健康上の推奨事項がSiriで提供されます

このリリースでは以下の問題も対処されます。
・macOS Catalinaからアップグレードしたあとでタイムコードトラック付きのムービーを開くとQuickTime Playerが終了することがある
・Bluetooth接続状況がコントロールセンターに表示されない
・Apple WatchでMacを自動的にロック解除するときの信頼性
・MacBook Proの各機種でトラックパッドのスクロールが予想より速くなることがある
・M1を搭載したMacでLG UltraFine 5Kディスプレイが誤って4K解像度で表示されることがある

一部の機能は地域やAppleデバイスによっては利用できないことがあります。
このアップデートについて詳しくは、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/kb/HT211896
このアップデートのセキュリティコンテンツについて詳しくは、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/kb/HT201222

AirPods Maxへの対応が目玉ですね。私の環境だと、Apple Watchによるロック解除が不安定でしたが、今回の効能書きどおりよくなっていることを願います。

また、Big Surの持病(過去のOS Xでも幾度か発症したはず)だったメニューバーアイテムの順番を覚えない不具合が解消された……かもしれません。まだ2回の再起動でしかチェックしていないもんで。

macOS Big Sur パーフェクトマニュアル - 井村克也
macOS Big Sur パーフェクトマニュアル - 井村克也
そろそろ新機能の総復習をしたいところ。

ほぼブツ撮り専業ながらリコー「CX3」購入より丸10年を迎える。脆弱だが……脆弱とはいわせないっ。

信じがたいことにRICOH CX3購入から10年が経ちました。えぇ、まだ壊れずに動いておるのですっ。2010年8月購入ゆえ、ずいぶん記事化が遅れてしまいました。

cx3_10thaniv01.jpg
もうCX3(クルマじゃなくてコンパクトデジカメねっ)といってもピンと来ない方のほうが多いかもしれませんね。薄型高倍率かつテレマクロに秀でたリコーコンデジのメインストリームです。多機能なのに素晴らしく洗練された操作系も魅力でして、これに慣れると他社製を使うのが辛く感じるほど。

一方、本機最大の短所は画質でしょうけれど、それと同じくらい問題視されてきた点こそが耐久性の低さ。特に、シリーズを通して採用され続けたリトラクタブル機構が脆弱で、ネット上の故障報告も枚挙にいとまがありません。

cx3_10thaniv02.jpg
ですから10年も使えるとは想像だにしておりませんでした。いつ壊れてもいいように、同じく強力なマクロ機能を持ったオリンパスTG-5を控えさせているものの、ブツ撮り役はまだ先になりそうです。

やはり……デジタルモノでも長持ちするに越したことはありませんよ、ホント。

OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-6 レッド 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS 内蔵Wi-Fi TG-6RED
OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-6 レッド 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS 内蔵Wi-Fi TG-6RED
ステイホームなご時世、TG-5の出番もごく限られております。

関連記事 関連記事:

今はもうシリーズ終了のRICOH「CX3」購入から3年経過。万能コンデジの再来を祈る!: パワーリンゴ(2013/08/22)

「AirPods Max」にて、Appleのオーディオ系ラインナップに空いていたセグメントが埋まる。

近ごろのリーク情報はよく当たりますねぇ。Appleがオーバーヘッド型の、いわゆるヘッドホン「AirPods Max」を発表しました。12月15日発売だそうです。

airpodsmax01.jpg
Apple WatchとHomePodのエッセンスをうまく掛け合わせた、Appleらしいデザインだと思いますよ↑ ただ、ヘッドホンのデザインに関しては自分の琴線に触れるものが未だ現れず……って何を期待しているんだか。

もし出るのなら5万円前後は覚悟せねばなるまいと予想していましたが、税別61,800円ですってよ奥さん。「あと1万円ちょっと足せばM1 Mac miniが買えるじゃん!」といった思考回路を持つ人間はそもそもお呼びじゃないようです。

ワイヤレスイヤホンのAirPodsとAirPods Pro、据置型スピーカーのHomePodとHomePod miniに、ワイヤレスヘッドホンのAirPods Maxが加わることで、Appleのオーディオ系ラインナップが一通り揃ったカタチですね。え?「AirPods Pro Max」の入る余地が残されているって? それは神の味噌汁。

airpodsmax02.jpg
なお『「AirPods Max」の交換用イヤークッションは7,480円 | 気になる、記になる…』だそうな。これまたバカ高く感じるものの表面がメッシュ生地になっているため、すぐに劣化してしまうPUレザー製より長持ちする期待は持てるでしょう。私はBOSEのヘッドホンばかり使ってきましたけれど、イヤーパッドの交換にずいぶん費やしていますからねぇ〜。

Bose QuietComfort 25 Acoustic Noise Cancelling headphones - Apple devices ノイズキャンセリングヘッドホン ブラック
Bose QuietComfort 25 Acoustic Noise Cancelling headphones - Apple devices ノイズキャンセリングヘッドホン ブラック
私はもう室内でしかヘッドホンを利用しないので、有線オンリーで十分です。

13インチMacBook Pro(2019)1.4GHz購入から1年。キートップのテカりが非常に早く訪れたバタフライキーボード。

先月末で整備済13インチMacBook Pro(2019)1.4GHz購入から1年が経ちました。

mbp2019_1year01.jpg
この間にApple Siliconへの移行が発表され、M1 Macの販売すら始まってしまい、状況は一変。本機の経過レビューを期待する方など、もはや皆無に近いことでしょう。

とはいえ我が家最新・最速機だけあって、Big Surへのアップグレード後もなんらストレスなく動いてくれています。

mbp2019_1year02.jpg
バタフライキーボードに関しては、「個性的な打鍵感」と「減らないタイプミス」に続き「すぐにテカるキートップ」が新たに加わりましたヨっ↑

生来の乾燥肌で摩擦が少ないせいか、私の使うキーボードは2、3年を経ないと摩耗が目立たないのですが、本機のキートップはわずか1年でテカり始めた次第。

考えられる要因としては、

・キートップのマット処理が変わった。
・底突きが早いため過剰な打鍵圧がかかっている。
・ミスが多いため通常よりタイピングが力んでいる。


あたりでしょうか。表面処理の変更は解明のしようがないものの、タイピングに力が入りすぎている点は正しい気がしますね。「ミスが多い」→「タイピングが力む」なんて、原因と結果が入れ替わり立ち替わりし続けるいたちごっこ状態かもしれません。

そうそう、7月にCaps LockキーをEscに変更して今に至ります。苦肉の策ながら、結果的にこれは慣れでカバーできました。

MacBook Pro 13 インチ キーボードカバー/MacBook Pro 15 インチ キーボードカバー【2016/2017/2018 Touch Bar】日本語配列JIS 対応型番:A2159, A1706, A1707, A1989, A1990 防水防塵カバー 超薄0.18mm TPU材质 防水防塵 極めて薄く MacBook Pro キーボードカバー (クリア)
MacBook Pro 13 インチ キーボードカバー/MacBook Pro 15 インチ キーボードカバー【2016/2017/2018 Touch Bar】日本語配列JIS 対応型番:A2159, A1706, A1707, A1989, A1990 防水防塵カバー 超薄0.18mm TPU材质 防水防塵 極めて薄く MacBook Pro キーボードカバー (クリア)
私はキーボードカバーが苦手ですが、リセールバリューを重要視するなら付けるのもアリでしょう。

関連記事 関連記事:

タイピングの一助を目論み……「Baseus アルミ製折りたたみスタンド」をMacBook Proの裏面に貼る。: パワーリンゴ(2020/12/21)

購入から半年経ったMacBook Pro(2019)1.4GHz、スリープ運用が習慣化。キーボード周りは……。: パワーリンゴ(2020/05/24)

テキストエディタ「mi 3.5」正式版リリース。モード設定のiCloud共有やApple Siliconネイティブサポートなど。

毎度お世話になっているテキストエディタmiの正式版「mi 3.5」がリリースされました。

mi35_01.jpg
前の正式版3.0.4r1からの変更点を引用します。
・Apple Silicon搭載Macにネイティブ対応しました。
ユニバーサルバイナリですので、Intel 64bitとApple Siliconの両方のCPUに対応しております。
・iCloudモード設定機能を追加しました。
モード設定データ(ツールバー項目等を含む)を、複数のMac(同じiCloudアカウントのMac)で共有できるようになります。
環境設定(⌘+カンマキー)の「一般」タブの「iCloudにモード設定データを保存する」をONにすると、有効になります。
※モード設定データは、iCloudドライブの「mi」フォルダの「.mi」フォルダ(不可視フォルダ)に保存されます。
・Control+アルファベットキーのキーバインド設定のデフォルト動作を、macOS標準の動作に変更しました。
※バージョン3.0.4以前の旧動作に変更したい場合は、環境設定(⌘+カンマキー)の「操作」タブの「Control+アルファベットにバージョン3.0.4以前の旧キーバインドを割り当てる」をONに変更願います。
・自動保存機能を追加しました。
環境設定(⌘+カンマキー)の「一般」タブの「自動保存を有効にする」をONにすると、新規ドキュメント以外のドキュメントを自動保存します。

モード設定をiCloud経由で共有できるようになったことと、Apple Silicon Macにネイティブ対応したことが大きいですね。もちろんUniversal Binary 2ですから、Intel Macでも普通に動作します。

最新 Apple MacBook Air Apple M1 Chip (13インチPro, 8GB RAM, 256GB SSD) - ゴールド
最新 Apple MacBook Air Apple M1 Chip (13インチPro, 8GB RAM, 256GB SSD) - ゴールド

関連記事 関連記事:

テキストエディタ「mi 3.5.1」配布。ベータ無しのマイナーアップデートとな。: パワーリンゴ(2021/01/06)

Universal Binary 2対応のテキストエディタ「mi 3.5b6」配布。アップデート前後のプログラムサイズをチェック。: パワーリンゴ(2020/11/24)

モデルワーゲン「頸城の丸山製単端ジ1」製作記、全10回のまとめ。軸箱可動車輪の補足。

< 2軸単端では重量級の81g = である調 >


2年も熟成させてしまったが、作り始めればテンポよく進み無事完成にこぎつけた。走りに課題を残したものの、ひとまず製作記を以下にまとめよう。

mw_kubiki_ji1_71.jpg
そうそう、ひとつ言い忘れていたよ。動力回りの話で「軸箱可動車輪」なる単語が何度か出てきた。これはリンク先のとおり、ギヤは動かず車輪のみスイングする代物。複雑な構造かつ単価も恐ろしい代わりに、その効果はかなり大きい。例えば、2軸車には辛いファイントラックのポイント通過など、本車輪装備車なら低速で進入しても止まる確率が激減するのだ。惜しむらくは……パーツ単体販売が長らく品切れ中になっていることだなぁ。

〜 前口上を述べる 〜

モデルワーゲン「頸城の丸山製単端ジ1」製作記、その1。これぞ本命、キット全容と製作方針開陳。(2020/11/25)

〜 ゴリゴリ丸める 〜

モデルワーゲン「頸城の丸山製単端ジ1」製作記、その2。サイコロ状のボンネットをひたすらヤスって丸くする。(2020/11/26)

〜 ひたすら組む 〜

モデルワーゲン「頸城の丸山製単端ジ1」製作記、その3。側・妻板工作はテンポよく完了。(2020/11/27)

モデルワーゲン「頸城の丸山製単端ジ1」製作記、その4。根性で修正した屋根板に沿わせて妻・側板を矩形に組む。(2020/11/28)

モデルワーゲン「頸城の丸山製単端ジ1」製作記、その5。前の縦雨樋を側板へハンダ付け。後ろは調子に乗って小細工。(2020/11/29)

モデルワーゲン「頸城の丸山製単端ジ1」製作記、その6。下回りは軸受の位置決めが少々厄介。(2020/11/30)

〜 曲げる付ける 〜

モデルワーゲン「頸城の丸山製単端ジ1」製作記、その7。床下に乗務員ステップと排気管を追加する。(2020/12/01)

〜 スタンダードに塗る 〜

モデルワーゲン「頸城の丸山製単端ジ1」製作記、その8。塗装の方針転換、車体はぶどう色2号で。濃いめのウェザリングも。(2020/12/02)

〜 やっとのことで仕上げる 〜

モデルワーゲン「頸城の丸山製単端ジ1」製作記、その9。塗装後の工程に特殊工具を2つも投入し、ついに完成っ。(2020/12/03)

〜 愛しのスタイルを拝む 〜

モデルワーゲン「頸城の丸山製単端ジ1」製作記、その10。写真特集とオマケ動画。後進に大きな課題を残す。(2020/12/04)

TOMIX Nゲージ ミニレールセット ポイントセット MBパターン 91082 鉄道模型 レールセット
TOMIX Nゲージ ミニレールセット ポイントセット MBパターン 91082 鉄道模型 レールセット

関連記事 関連記事:

珊瑚模型店「沼尻ガソ101」製作記、全7回のまとめ。: パワーリンゴ(2020/06/23)