接触通知ステップ2となった「iOS 13.7」でも、日本国内で通知を受けるにはCOCOAが必須とのこと。

先日リリースされた「iOS 13.7」は、接触通知システムがOSレベルの実装となるステップ2に移行したことをお伝えしました。

ところがどっこい『「iOS 13.7」でも接触通知を受け取るには「COCOA」が必要 − 厚生労働省 | 気になる、記になる…』とのことで、

ios137_03.gif
厚労省のFAQに『iOS13.7でも、接触確認アプリがなければ新型コロナウイルス感染症に陽性と診断された方との接触について通知を受け取ることはできません。すでに接触確認アプリをご利用の方は、アンインストールせずにご利用ください。』と素晴らしい早さで追記されています↑

普通に読めば、COCOAをインストールしないとコロナアイコンの接触通知も受け取れない(= OSレベルの接触通知システムが機能しない)ということになりますね。接触通知システムとステップ1のAPIを用いたアプリ(日本なら厚労省アイコンのCOCOA)は連携して真価を発揮するわけですが、すでにアプリがリリースされている国だと前者単独で利用できない縛りでも設けているのでしょうか。

ただ、そのほうが通知に関する余計な混乱を招かずにすみそうですね。いずれにせよCOCOA矛盾表示不具合の修正は待ったなしです。しつこくて申し訳ありませんが、解決されるまでは声を上げますよ。

Mac Fan 2020年10月号 [雑誌] - Mac Fan編集部
Mac Fan 2020年10月号 [雑誌] - Mac Fan編集部

関連記事 関連記事:

「iOS 13.7」「iPadOS 13.7」配布。接触通知システムがOSレベルの実装となる「ステップ2」に。: パワーリンゴ(2020/09/02)

「iOS 13.7」「iPadOS 13.7」配布。接触通知システムがOSレベルの実装となる「ステップ2」に。

Appleが「iOS 13.7」「iPadOS 13.7」を配布しています。

ios137_01.jpg
デバイス単体もしくは母艦経由でアップデートしてください。iOS 13.7の効能書きは以下。
iOS 13.7では、Appをダウンロードしなくても新型コロナウイルス感染症(COVID-19)接触通知システムの利用を選択することができます。システムが利用可能かどうかは、お住まいの地域の公衆衛生当局による対応状況によって異なります。このリリースには、iPhoneで発生していたその他のバグの修正も含まれています。

一部の機能は地域やAppleデバイスによっては利用できないことがあります。Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

あまり理解できていないのですが、4月のプレスリリースではアプリ開発用のAPI提供が「ステップ1」で、日本のCOCOAもその成果物の一つとなりますね。そして今回はOSレベルの実装となる「ステップ2」……で合っていますでしょうか。

ios137_02.jpg
設定App > 接触通知」が新たに設けられました↑ 接触通知アイコンは、すでに何度かお目にかかっている能天気コロナマークでして、従来の、COCOAをインストールしないと接触通知も組み込まれない点が改善された……だけではないはずですが。いずれにせよ、COCOAアプリの有無に関わらず接触通知は必ず届くようになった(本機能をオフにしないかぎり!)ことが、利用者にとっては大きな相違ですね。

しかし経験上、通知のみ届いた場合はすこぶる厄介なため、COCOAのインストールも強くお勧めします。ただしっ、矛盾表示の不具合を抱えた現状では同じ理由で困っちゃうため、COCOAの早急なアップデートも願うばかりです。

渚にて 人類最後の日 (創元SF文庫) - ネヴィル シュート, 佐藤 龍雄
渚にて 人類最後の日 (創元SF文庫) - ネヴィル シュート, 佐藤 龍雄
これは全然違いますが、じつに美しい終末ものです。

関連記事 関連記事:

接触通知ステップ2となった「iOS 13.7」でも、日本国内で通知を受けるにはCOCOAが必須とのこと。: パワーリンゴ(2020/09/04)

「COVID-19にさらされた可能性」通知が届く。COCOA バージョン1.1.2の不具合は非常にマズい!: パワーリンゴ(2020/08/26)

Apple WatchにCOCOAの通知が届く。ログ記録はコロナウイルス風のアイコン。: パワーリンゴ(2020/08/20)

旬を過ぎた今になって「AirPods Pro」購入。ファーストインプレ未満のもろもろ。

これが大きなネタ・パート1です。ぱぱぱ、ぱーとわん?

airpodspro01.jpg
私の記憶が確かならば、「旧AirPodsユーザこそ体験してほしい」とクック船長が宣ったはず。そのお言葉を真に受けて、完璧に旬を逃した今「AirPods Pro」を入手しましたよっ↑

やはり3万円の壁は高いです、とても……。しかし、ここにきてネットショップが軒並み29,000円前後の値付けとなり、ポイントバックも大きいので「ええい、ままよっ」とばかりポチった次第。ちなみに本品が届いた日は「COVID-19にさらされた可能性」通知を見るより前なので、人生に絶望して自暴自棄になったとか、そーゆーのではありません(もしそうなら全部乗せMac Proをポチっているとかなんとか)。

airpodspro02.jpg
内容物に関して個人的に目新しいアイテムが、USB-C - Lightningケーブル↑ Lightning端子搭載デバイスの母艦をUSB-C非搭載のMac mini(Late 2014)が務めているため、すぐには必要ありません。それでもいずれ使うことになるでしょうから、大切に保管しておきます(で、使いたいときには存在を忘れているオチ)。

airpodspro03.jpg
初代AirPodsの形状もなかなかでしたけれど、AirPods Proは捉え所のない三次元曲面をまとっています↑ そしてケースが大きいっ。ポケットに入れた際のゴロゴロ感は初代だと気にならなかったのに、本ケースは残念ながらその閾値を超えてしまいましたねぇ。

まだ使用時間がごくわずかなので、装着感やノイズキャンセリング、音質などの話はおいおいしていきたいと思います。

Apple AirPods Pro
Apple AirPods Pro
数年前までの徹底した定価販売が崩れつつあり、消費者としては喜ばしいかぎりです。

関連記事 関連記事:

イヤーチップ交換式の「AirPods Pro」、耳との相性が悪くて利用を断念した人々の救世主となるか?: パワーリンゴ(2019/10/30)

COCOAアプリ矛盾表示のその後。保健所連絡〜検体採取〜結果報告まで。

前回の続きです。

厚労省からの返信メールを読み終えてすぐ、地元の保健所に電話しました。事前にネットで調べたかぎりだと、COCOAアプリの矛盾表示程度ではPCR検査を受けられず、2週間の様子見(≒ 2週間の自主隔離)を促されるに留まってしまう事例が散見されます。よって、私も同様の対応を覚悟しましたヨ。

ところがですねぇ……担当者にこれまでの経緯を一通り伝えたところ、「厚労省からのメールに『陽性者との接触があったと判断』するよう書かれていたのですね?」と念押しされ、少し待ったのちに「PCR検査の対象に該当します」とあっさり決定〜。

検体採取も当日中に完了です。保健所の駐車場で車内に待機していると、例のロングロング綿棒を持ち全身防護服で固めた……ではなく、軽装の職員さんが小さな容器を持ってきて「唾液を入れてください」とのこと。綿棒を鼻の奥まで突っ込まれる悲喜劇すら回避されてしまい、本当に拍子抜けした次第です。

その後、中一日おいて陰性の結果が電話で伝えられ万事終了しました。

*****

以上のように驚くほどスムースに事が運んだのは、私が検査を受ける直前に、COCOAの接触通知を受けた人もPCR検査の対象に含めるよう厚労省が自治体に要請した件が大きかったのかもしれません。あるいは、単純に田舎だから検査体制に余裕があった可能性も十分考えられます。少なくとも厚労省メールの文言が効いたのは確かです。

いずれにせよ、COCOAの接触通知を受けても検査対象とならなければアプリの存在意義が大いに損なわれるのは自明ゆえ、要請は(遅きに失した感はあるものの)妥当でしょう。そうなると、なおさら矛盾表示の問題修正を急いでほしいと願うばかり。

念のため断っておきますが、一連の記事は「COCOAを今後も活用していくならば」という前提で、不具合などの基本的な技術面についての意見を述べたにすぎず、PCR検査数拡充やアプリ運用の是非、自治体の対応差問題やらを論じる意図はありません。当サイトはあくまで鉄道模型系ちゃうMac系ブログですのでっ。

生存者ゼロ (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ) - 安生 正
生存者ゼロ (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ) - 安生 正
ネタバレになりますが、厳密に言うとこの本は違うんですよ。

関連記事 関連記事:

「COVID-19にさらされた可能性」通知が届く。COCOA バージョン1.1.2の不具合は非常にマズい!: パワーリンゴ(2020/08/26)

「COVID-19にさらされた可能性」通知が届く。COCOA バージョン1.1.2の不具合は非常にマズい!

もっと大きなネタもあるのですが、それどころじゃなくなりました。ご心配をかけるのもアレなので先に結果を申しますと、すでにPCR検査を受けて陰性との報告を受けています。

cocoa112_01.jpg
8月22日午前1時50分に「COVID-19にさらされた可能性があります」という通知が届きました↑ ここで重要なのは、iPhoneの「通知」だという点。

cocoa112_02.jpg
それというのも、COCOA - 新型コロナウイルス接触確認アプリ バージョン1.1.2上では「陽性者との接触は確認されませんでした」と表示されたままなのです↑ この矛盾に関してはすでに各所で報告され、厚労省も把握していますね。現状の対応はアプリサポートへメールする旨FAQなどで案内を出しています。

メールを送る前に個人がまず行うべきは、「設定App > プライバシー > ヘルスケア > COVID-19接触のログ記録 > 接触チェックの記録」に格納されたログを片っ端からチェックすること。

cocoa112_03.jpg
私の場合、「一致したキーの数:1」が一件該当しました↑ すなわち陽性確認者と過去に接触した動かぬ証拠となります(接触チェックの記録を一番下までスクロールするとjsonログファイルが書き出せるので、テキストエディタで開いて検索すれば簡単に見つけられます)。

*****

その後、メールを送って週明けに返信をもらいました。あちこちのブログで言及されているとおりの定型文でして、結論は『陽性者との接触があったと判断し、ご対応をお願いしたく存じます』となります。

こうなると、COCOA バージョン1.1.2における表示の矛盾が非常に厄介な問題として表出します。すなわち、アプリ上でも正しく表示が切り替われば、接触した日付と回数およびその後の対応を確認することができるはずなのに、それらを参照する手立てがないわけですよ。特に接触した日付すらわからない点が致命的。感染経路の特定もへったくれもありゃしませんし、陽性者との接触により自分が感染したかもしれないタイミングが1日前なのか14日前なのか見当もつきません。つまり、これから症状が現れるのか、すでに無症候で過ごしているのかがわからず、余計な不安を抱えることになります。

なお、上掲のログに刻まれたタイムスタンプはキーのデータベースを参照した日時であるため、厚労省メールでも『【一致したキーの数が1以上だったタイムスタンプの日付から直近2週間以内に陽性者との接触があった】ということしか当窓口からお伝えすることができない』という至極真っ当な回答となっています。

長くなるので以後の成り行きは次回に続きます。ひとつ申し上げると、焦って一足飛びに行動するのではなく、厚労省のFAQに従ってまずメールを送り、返信をもらうことでスムースに事が進む可能性が高いです。少なくとも私の場合は、この返信メールに救われるカタチとなりました。

アンドロメダ病原体〔新装版〕 - マイクル クライトン, 浅倉久志
アンドロメダ病原体〔新装版〕 - マイクル クライトン, 浅倉久志

関連記事 関連記事:

「COCOA 1.1.3」配布、Bluetoothの検出精度向上。通知とアプリの矛盾表示については?: パワーリンゴ(2020/09/09)

COCOAアプリ矛盾表示のその後。保健所連絡〜検体採取〜結果報告まで。: パワーリンゴ(2020/08/27)

Apple WatchにCOCOAの通知が届く。ログ記録はコロナウイルス風のアイコン。

iPhoneには届いていましたけれど、Apple Watchに表示されたのは今回が初めてです。昨日、COCOA - 新型コロナウイルス接触確認アプリ」からの通知がApple Watchに届きましたヨ。

aw_covid19_notification01.jpg
この「COVID-19接触のログ記録」通知は、アプリの厚労省アイコンではなくコロナウイルスっぽいアイコンが付されるんですよね↑ 『【実録】コロナ接触確認アプリ「COCOA」から接触通知が!見えてきた課題とは | DOL特別レポート | ダイヤモンド・オンライン』の記事画像を見るかぎり、アプリからの通知は厚労省アイコンとなる模様。ですから「ログ記録」と「COCOAアプリ」は別建てで、厳密にはCOCOAからの通知ともいえませんね。それはともかく、引き起こされている事態の深刻さに比べるとずいぶん能天気な雰囲気を醸し出すアイコンですが、ウイルスの形状がもっとまがまがしかったり、逆に単純すぎるよりはマシかもしれません。え? そのほうが危機感を煽れたのに、ですって?

復活の日 (角川文庫) - 小松 左京
復活の日 (角川文庫) - 小松 左京
時期が時期だけに熱中症の警告かと勘違いしそう。

現行品、Apple Watchの「スポーツループ(PRODUCT)RED」バンドを入手。旧モデルとの意外な相違点も。

5月の旧ブラックに引き続き、現行「スポーツループ(PRODUCT)RED」バンドを購入しました。ビックカメラで安売りしていることを知って飛びついた次第です。今年はバンドばかり買っていますね(というよりバンド以外のApple製品を買っていない……)。

aw_sportsloop_red01.jpg
あいかわらず無駄に立派な化粧箱↑ 旧パッケージ天面にあった商品名などが省かれ、バンドのイラストのみ印刷されています。ただ、間違いやすいポイントであるサイズ表記のシールまで側面に移すのはどーかと。

aw_sportsloop_red02.jpg
中のイラストや説明文も変更されています↑

aw_sportsloop_red03.jpg
「(PRODUCT)RED」のロゴは面ファスナーの直下↑ したがって装着時は完全に隠れます。また、ご覧のとおり片面がパーブルとのツートンでして、鮮烈な赤を少しは抑えるのに役立っているかも。

aw_sportsloop_red04.jpg
色以外は旧モデルと同仕様じゃろと思いきや、予想外の違いを発見……全長がわずかに短くなっているのです↑ 上から順に今回のRED・旧ブラック・激安互換品です、念のため。

aw_sportsloop_red05.jpg
盤石な黒赤の組み合わせゆえにSeries 3 アルミ スペースグレイとの相性は良好、異論はことごとく却下します↑ バンドの上下を変えれば普段自分の目に触れる面も入れ替わるので、「真紅が目に刺さるぅ〜」なんて場合は上下逆に付けてみるのもアリでしょう。いずれにせよ目立ちますっ。それが私には最大の難点……。

Apple Watch (40mm) ケース用 (PRODUCT)REDスポーツループ
Apple Watch (40mm) ケース用 (PRODUCT)REDスポーツループ
納期は伸びていますがAmazonでも安く販売されていますね。現在Appleが、(PRODUCT)RED製品の寄付先をCOVID-19関連に切り替えていることも影響しているのでしょうか。

関連記事 関連記事:

わざわざ高い旧製品のApple純正「スポーツループ ブラック」バンドを探し出す。どこまでいっても自己満足に終始する逸品。: パワーリンゴ(2020/05/18)

「iOS 13.6.1」「iPadOS 13.6.1」配布。小規模の問題修正。

Appleが「iOS 13.6.1」「iPadOS 13.6.1」を配布しています。

catalina10156add01.jpg
デバイス単体もしくは母艦コンピュータ経由でアップデートしてください。iOS 13.6.1の効能書きは以下。
iOS 13.6.1には、iPhoneで発生していたバグの修正が含まれます。

・空き領域が少ない場合に、不要なシステムデータファイルが自動的に削除されない可能性がある問題に対処
・一部のディスプレイの色が緑がかって表示される原因となっていた温度管理の問題を修正
・一部のユーザで接触通知が無効になることがある問題を修正

一部の機能は地域やAppleデバイスによっては利用できないことがあります。Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

小規模な問題修正ですが、「接触通知が無効になることがある」だなんて根本的にマズい不具合解消も含んでいますね。

Mac Fan 2020年9月号 [雑誌] - Mac Fan編集部
Mac Fan 2020年9月号 [雑誌] - Mac Fan編集部

「macOS Catalina 10.15.6 追加アップデート」配布。仮想環境やiMac(2020)のディスプレイに関する問題修正。

お盆にご苦労様……って米国は関係ありませんかそーですか。Appleが「macOS Catalina 10.15.6 追加アップデート」を配布しています。

catalina10156add01.jpg
システム環境設定のソフトウェア・アップデートからどうぞ。効能書きは以下。
macOS Catalina 10.15.6追加アップデートには、Macで発生していたバグの修正が含まれています。

・仮想化アプリケーションの実行時に発生する可能性がある安定性の問題を修正
・iMac(Retina 5K、27インチ、2020)で、スリープ解除後にディスプレイの色が薄く表示されることがある問題を解決

一部の機能は地域やAppleデバイスによっては利用できないことがあります。このアップデートのセキュリティコンテンツについて詳しくは、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/kb/HT201222

小規模な問題修正ですね。仮想環境といえば、Big Sur対応のParallels Desktop 16が発表されました。

Parallels Desktop 16 Retail Box JP(通常版)
Parallels Desktop 16 Retail Box JP(通常版)

Appleマップの「Look Around」、国内ローンチと同時に片田舎の地元でも利用可能に。

昨年5月にApple Maps カーを目撃していましたが、日本でのサービス開始と同時に地元が対応するとは予想外です。『Apple版ストリートビュー「Look Around」が日本でも利用可能に | 気になる、記になる…』ということで、Apple純正マップの機能向上は大歓迎ですよ。

applemap_lookaround01.jpg
基本的にはGoogleストリートビューそのまんま↑ 後発だけあって、Look Aroundのほうが高速かつ滑らかな描画と視点移動の細かさが際立ちます。一方、道路上の自動車や歩行者の数が多くて煩雑な気もします(場所や撮影時間帯によるでしょうが)。Look Around対応地域を表示すれば、黄色い人の代わりに双眼鏡アイコンが現れるようになっています。

ちなみに上掲のスクリーンショットは、2年前の台風21号で倒壊した電柱街道。こんなひなびた辺境が早々に対応を果たした理由として考えれるのは……「関空の対岸」くらいしか思い当たりません。

Mac Fan 2020年9月号 [雑誌] - Mac Fan編集部
Mac Fan 2020年9月号 [雑誌] - Mac Fan編集部
とはいえ、関空利用者が対岸地域を歩き回る割合もかなり低いと思われます。

関連記事 関連記事:

「Apple Maps カー」、ゲットだぜっ。京都ナンバーのインプレッサ?: パワーリンゴ(2019/05/19)