ワールド工芸「低重心超小型機関車 へっつい」製作記その6。緊張のシリンダー工作に水を差すステンレス。

< それでもワールド工芸のステンパーツは付けやすい気がする = である調 >


製作箇所があちこち飛んで恐縮ながら、ボイラー内へウェイトを積むために考えた手順ゆえ勘弁してくれぃ。ということで、今回はシリンダー回り。蒸機模型の走行性能に大きな(悪)影響を及ぼすポイントだ。

画像

強度が必要な箇所へステンレスパーツを配するのはありがたい反面、ハンダ付けしづらくて困る。まず、ステンのスライドバーを直角に気をつけながらステン用フラックスでハンダ付け

画像

次に、丸め済みのシリンダーを取り付けて、その底にステンの排水弁を差し込む↑ 熱のコントロールが非常に難しい状況で、とにかく「スライドバーのハンダだけは溶かさない!」と心に誓って取り組んだわ。初心者が全てを守ろうとしても土台無理な話だからなっ。実際、シリンダー前面のフタが何度もパカっと開いてしまった。

画像

上からシリンダーユニットを見る↑ そう、本車は上回り・動力部・シリンダーと大きく3つのユニットで構成され、組み立てや調整・分解がかなり容易な設計となっている。それでも四苦八苦する我が姿をワールド工芸の人が見たらと想像するに、申し訳なさすぎて涙がこぼれるわ。

画像

ここで上回りに戻って、床板をキャブに固定する↑ たっぷりハンダを流してウェイトの足しにしたいところではあるものの、以前述べたとおりキャブ側を重くしてはいけないのでほどほどに留めておく。キャブ裾の裏側が丸々デッドスペースだなんてもったいないオバケが出そう。

画像

さて、仮組みしてみよう。車輪のみ入れた動力部にシリンダーをネジ止めする↑ モーターが入っていないので4輪とも普通に接地する。L字型の動力ユニットは珍しくもないが、妙に後ろへ張り出したモーターケースを見るにつけ、やはり独特の雰囲気を醸し出している。

画像

そこへキャブと床板だけの上回りを載せると……ウィリーーっ↑ ま、そりゃそーなるわ。でも、本車の重量配分がいかに厄介そうかを感じていただけよう。キャブ前妻のマヌケ面が少々腹立たしくなってきたっ。


goot ステンレス用フラックスセット BS-4A
太洋電機産業

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


付属の錫63%ハンダも重宝するゾ。

関連記事 関連記事:

ワールド工芸「低重心超小型機関車 へっつい」製作記その7。肝のボイラー回りはテンパりつつ勢いで突破。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2019/03/03)

ワールド工芸「低重心超小型機関車 へっつい」製作記その5。動力フレームを先に作る理由。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2019/02/25)

"ワールド工芸「低重心超小型機関車 へっつい」製作記その6。緊張のシリンダー工作に水を差すステンレス。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント