ワールド工芸「低重心超小型機関車 へっつい」製作記その5。動力フレームを先に作る理由。

< 乗工社のパワーユニットは潔くサイドロッドを省いた = である調 >


キャブ・サイドタンク・床板ときて、今回は動力フレームに飛んじゃうゾ。理由は後述しよう。

画像

下回りの動力関係はt0.4洋白板が奢られている↑ リニューアル品らしく軸穴への圧入ではなく、ネジ止めの車輪押さえで動輪を固定する方式。なお、この写真の段階でネジ穴がひとつ増設されているのだが……ま、気付くほうがオカシイわな。

画像

一枚の板から恐るべき折り紙工法を経て、複雑なメインフレームが姿を現した↑ 曲げ筋に可能なかぎりハンダを流して強度を確保しておく。とにかく水平垂直に細心の注意を払うべきところが、自分でも不思議なほどボケ〜っと工作してしまい後々苦労する羽目に……何やってんだか。

画像

ギヤを仮止めし、伝達の具合を見る↑ ワールド工芸では定番構成のひとつだろうが、まるでアイドラーギヤの駅伝大会だなこりゃ。サイドロッドで動輪同士を連結した蒸機などの場合は、加算されるギヤ間の遊び(バックラッシュ)が問題になる場合もあって嫌な予感がする。

そうそう、私のへっぽこ腕を差し引いたとしても、そのままではウォームとウォームホイールの噛み合いが非常に深くなるはずだ。回らなくなるほどではないが、可能なら現時点でモーターケースの穴を後ろ側へ広げて、モーター取り付け位置を後退させたほうがいいと思う。

*****

さて、動力フレームを先に組み立てたのは、ボイラーとの隙間をチェックしたかったからである。というのもだね、本キットの補重を検討するにあたって真っ先に気づいた箇所が、ボイラー内部の空間なのだよ。つまりボイラー内は空っぽである。「なんてもったいないことを!」と嘆くだけなら簡単な話で、実際問題ボイラーの上からは煙突やサンドドームの足が出っ張り、下からは動力フレーム全体が少し入り込んでギヤの突出も生じる。そんなゴチャついた空間へのウェイト搭載を見送ったメーカーを責めるのも酷だろう。

ゆえに、ボイラー内の活用はモデラー次第。あまり無理のない工作で補重できるよう頭をひねるのだ。なんならメーカー完成品やキット素組み品にも組み込みやすい構造としたい……けれど、過大な要求は厳に慎まねばっ。


ライト 中タップ M1.4×0.3
ライト精機

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


本キットは、素組みでも動力部だけで9箇所タップを立てる必要があり、そのうち1箇所はt0.4洋白の2枚重ねときた。もはやセルフタップでは埒が明かないレベルなので、まだ持っていない方はM1.4タップを是非入手していただきたい。

関連記事 関連記事:

ワールド工芸「低重心超小型機関車 へっつい」製作記その6。緊張のシリンダー工作に水を差すステンレス。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2019/02/28)

ワールド工芸「低重心超小型機関車 へっつい」製作記その4。床板とステンレスエッチングの罠。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2019/02/21)

"ワールド工芸「低重心超小型機関車 へっつい」製作記その5。動力フレームを先に作る理由。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント