ワールド工芸「頸城鉄道ワ15」有蓋貨車プチ製作記その4。写真特集 + 豪華特典付き。

< iPhoneが帰ってくるまでの埋め草 = 低品質・低画質・低労力モード = である調 >


ラストは恒例の写真特集だぜ。結局、本連載中にiPhone SEの進捗ステータスが変わることはなかった。

画像

小さいこと以外は有蓋貨車のスタンダードな外観ゆえ、これまでのような珍車系を期待された向きには不評かもしれない↑ 上ドアレールの角に並ぶ突起は、エッチング折り曲げを容易にするもので、実物のディテールにはない。完成してから目に付きやすいことに気づくもアフターフェスティバルちゃう後の祭り。裏にハンダをしっかり流した上で削り取ればよかったのぅ。

画像

モデルワーゲン ホジ3に連れられて↑ ワ15のサイズがよくわかる。ディテール濃度ならぬウェザリング濃度が相当違うのに、思いのほか違和感が少なくて助かった。

画像

そして両車のカプラー改造が報われる瞬間、TOMIXのスーパーミニカーブレールC103(半径103mm)を見事に通過したぞっ↑ この写真は直線から曲線に入る際の変異が最大になる付近で、ホジ3のカプラー首振りが渋いまま、かつカプラー高さが合っていない状態でもそこそこ余裕を残している。つーか、高さくらいちゃんと合わせなきゃいかんだろっ。

調子に乗って、鉄道模型記事では初となる動画も撮ったのだ。C103にS70を加えた小判形エンドレスで、KATOのパワーパック スタンダードSを使用。いかんせんまともなビデオカメラを持っておらず(デジイチのニコンD3100を使用)、動画のクオリティが悲惨なのはご了承いただきたい。カメラ位置とフィーダーケーブル長の関係から、およそ人様に見せられないアクロバティックな姿勢を強いられたため運転もずさん極まりない。とりあえず延長フィーダーを作ることにするよ。





新型のSXはPWM制御に進化したそうな。

関連記事 関連記事:

ワールド工芸「頸城鉄道ワ15」有蓋貨車プチ製作記、全4回のまとめ。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2018/12/24)

ワールド工芸「頸城鉄道ワ15」有蓋貨車プチ製作記その3。首振りカプラープロトタイプ搭載っ。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2018/12/21)

"ワールド工芸「頸城鉄道ワ15」有蓋貨車プチ製作記その4。写真特集 + 豪華特典付き。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント