新MacBook Proの「Touch Bar」に戸惑う。今後のモデルチェンジでサイズアップするか…

さて、hello againな新MacBook Proを象徴するTouch Barですが、様々な意見があるようですね。「ユーザにとってよりよい改善箇所を模索した」結果なのか「新機種の目玉にできそうな箇所を無理やり作った」結果なのか、いちユーザの(MacBook Proに関してはユーザですらない)トビが論じ始めたところで大した意味もありますまい。
画像

加えて、最低でも店頭展示機などで触ってみなければ使い勝手も未知数というのが正直な感想。要するに戸惑っておるわけです、ハイ。まぁ、仕事でMacを使っていたときなら物理ファンクションキーの消失にブチ切れたことでしょう。今では同キーが必須となる場面もずいぶん減って、さほど困らずに移行できると思います。まさしく、ユーザ設定やアプリケーションソフトに大きく左右されてこその「ファンクション」なエリアですね。

ただ、日本語入力にファンクションキーを利用している方は少なくないはずで、Touch Barだと使いづらく感じるのは想像に難くありません。Windowsからのスイッチャーや、古参MacユーザでもATOK一筋といった場合に多いと思います。え? 私ですか? Windows版ATOK → Mac版ATOK → ことえり(以後純正)と妙ちくりんな変遷をたどっておりまして、ことえり以降はもっぱらcontrolキーとのショートカットを用いています。

今回はファンクションキーの置き換えを明示するためか、あの場所あのサイズに収まっていますが、本気で使い込むには細すぎる気もします。やはりトラックパッドよろしく代を重ねるごとにサイズを増していきそうな予感……。




そもそもファンクションキーがなく、Fn + 最上段キーで機能させているHappy Hacking Keyboard。もしescキーまで同じ所作だったなら今ほどの人気を勝ち得たか怪しいですね。

関連記事 関連記事:

Touch Bar搭載MacBook ProのSSDは換装不可能。しかし大きなデメリットでもないか。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2016/11/17)

「hello again」の裏でひっそり終了。名機MacBook Air 11インチよありがとう。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2016/10/29)

"新MacBook Proの「Touch Bar」に戸惑う。今後のモデルチェンジでサイズアップするか…" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント