OS X Yosemiteの「透明度を下げる」チェックが勝手に外れてしまう。Duet・・・か?

トビの記憶が確かならばDuet Displayをインストールした頃から始まったような・・・。

タイトルどおり、OS X Yosemiteのシステム環境設定 > アクセシビリティ > ディスプレイにある「透明度を下げる」チェックボックスが勝手に外れてしまう現象に悩まされています。

画像


再現性を掴めずにおります。よく起こる例として、Safariを起動すると透明効果が復活するくらいでしょうか。使用中、気がつけば透明効果がかかっていたり、OS起動直後から発生する場合も少なくありません。私のなんらかの操作が引き金なのか、いずれかの常駐プログラムが動作するタイミングなのか、うーむ。

Duet Displayの導入と時期的に被っているだけで、全く別の要因である可能性も十分考えられます。ただ、Mac mini、MacBook Air双方へ導入し、どちらも現象が起こってしまったのですよ。そこで、ひとまず重要参考人として扱い、AirからDuetをアンインストールして様子を見ることにします。いちおう、アクセス権の修復など基本的なトラブルシューティングは一通り済ませたつもりですが・・・近ごろ平和ボケが激しいため抜け落ちた項目があるかもしれません。


OS X Yosemite パーフェクトマニュアル
ソーテック社
井村 克也

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by OS X Yosemite パーフェクトマニュアル の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


関連記事 関連記事:

やはり「透明度を下げる」設定が飛んでしまう原因はDuet Displayのようだ。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2015/01/25)

困った、OS X Yosemiteの「Dock」を端に寄せることができない。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2014/11/19 13:08)

"OS X Yosemiteの「透明度を下げる」チェックが勝手に外れてしまう。Duet・・・か?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント