JOBYゴリラポッドレビュー。

 遂にゲットしましたヨ。タコみたいな三脚『JOBYゴリラポッド(オリジナル)』です。iPhoneの固定に使ったり、カメラで物撮りをしたくて購入に至りました。
 
 パッケージは普通のブリスターパック↓

画像


 開封して三脚っぽくしてみました↓ 実は、このように真っ直ぐにするのは結構大変。質感は価格相応。赤い部分はラバー、黒い部分はプラです。
 
画像


 ネジは土台をスライドさせて外し、カメラに装着↓ ゴリラポッドを頻繁に使うなら、この土台をカメラに付けっぱなしにしておくのもよいでしょう。ただし、ご覧のように付けたままではSDカードやバッテリーの交換が難しくなる機種があると思います。トビは普段、Eye-Fiカードを使っているので、それほど高頻度にふたを開閉することはありません。
 
画像


 GR DIGITAL IIIを載っけてみました↓ パースが掛かっているのを差し引いても、ゴリラポッドは思っていたより小柄。また、非常に軽量です。

画像


 横にしたところ↓
 
画像


 ローアングルポジション↓
 
画像


 ゴリラポッドの真骨頂、変な場所↓ ラバー部のおかげでしっかりとグリップできています。こりゃあイイ。
 
画像


 GR DIGITAL IIIでマクロ撮影↓ とはいっても、セルフタイマーを使わなかったので無意味です。私はRICOHカメラ用ケーブルスイッチ『CA-1』を導入予定です。
 
画像


 工夫次第で、様々なアングルを創作できますし、カメラ以外の用途にも活用できそうで概ね満足です。ただし、足の曲げ方に慣れないと簡単にクネッといってしまう時があります。関節自体はそこそこ固いのですが、力の掛かり具合を意識する必要がありますね。もちろん載せるモノの重量にも限度があります。
 GR DIGITAL IIIにワイコンを装着↓
 
画像


 このくらいの重量なら、足の曲げ方に注意すれば問題ありません。一般的なコンデジはほとんど大丈夫でしょう。小振りなマイクロフォーサーズ機でも大きめのレンズを載せたものだと非常に厳しいかも。デジイチは無理です。自立できないと思います。
 
 もう一つの購入動機である、自由度の高いiPhone 3G固定台としての利用ですが、上海問屋の携帯用三脚固定ホルダー『DN-100CC』が売り切れてしまい、次回入荷不明という状況になってしまってヘコんでいます。これは是非再生産してほしいもの。
 
 当面は、カメラ三脚という普通の使い方で色々遊んでみたいと思います。



 オリジナルのゴリラポッド。コンデジならこれで十分。




 デジイチなど3kgまで耐えられるタイプ。


RICOH ケーブルスイッチ CA-1
リコー


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


 RICOHのケーブルスイッチ。単機能で2,100円と安価なのが嬉しいです。

"JOBYゴリラポッドレビュー。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント