「iOS 14.4」「iPadOS 14.4」配布。iPhone 12シリーズのカメラが非正規の場合に通知とな。

watchOS 7.3に続くアップデート祭りです。Appleが「iOS 14.4」「iPadOS 14.4」を配布しています。

ios144_01.jpg
デバイス単体もしくは母艦経由でアップデートしてください。iOS 14.4の効能書きは以下。
iOS 14.4には、iPhone用の以下の機能改善が含まれます:

・より小さなQRコードを認識可能
・“設定”でBluetoothデバイスの種類を分類するオプションにより、音声通知の送信先のヘッドフォンを正しく識別
・iPhone12、iPhone 12 mini、iPhone 12 Pro、およびiPhone 12 ProMaxのカメラが新しい正規のApple製カメラとして確認できない場合に通知

このリリースには、以下の問題の修正も含まれます:

・iPhone 12 Proで撮影したHDR写真に画像のアーティファクトが現れることがある問題
・“フィットネス”ウィジェットに最新のアクティビティデータが表示されないことがある問題
・タイプ入力の反応が遅くなる場合や、単語の候補がキーボードに表示されない場合がある問題
・“メッセージ”で正しい言語のキーボードが呼び出されないことがある問題
・“アクセシビリティ”でスイッチコントロールを有効にすると、ロック画面から電話に応答できなくなる場合がある問題

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

非正規パーツによる修理を想定してのことでしょうか、純正カメラと確認できない場合に通知されるようです。たしかに、セキュリティを迂回するような細工がカメラモジュールへ仕込まれる可能性も考えられますからねぇ。ただ、対応機種がiPhone 12シリーズに限られる点が惜しいです。

TORRAS 半透明 iPhone 12 用ケース iPhone 12 Pro 用ケース 米軍MIL規格取得 高耐衝撃 マット感 ストラップホール付き SGS認証 黄ばみなし レンズ保護 6.1インチ アイフォン12 用 12 Pro用カバー ブラック
TORRAS 半透明 iPhone 12 用ケース iPhone 12 Pro 用ケース 米軍MIL規格取得 高耐衝撃 マット感 ストラップホール付き SGS認証 黄ばみなし レンズ保護 6.1インチ アイフォン12 用 12 Pro用カバー ブラック
モジュールの故障はいかんともし難いですが、レンズの傷・割れなら周囲に厚みのあるケースを付けることである程度予防できるでしょう。

ついに日本で心電図機能が解禁っ、「watchOS 7.3」リリース。不規則な心拍の通知機能も。

Apple、「watchOS 7.3」を正式リリース − 日本で「心電図」アプリが利用可能に | 気になる、記になる…』ということで、待ちに待った心電図Appが日本でようやく使えるようになりました、ヤッタネ! Appleが「watchOS 7.3」を配布しています。本件のニュースリリースはこちら

watchos73_01.jpg
効能書きは以下。
watchOS 7.3には、以下の新機能、機能改善、およびバグ修正が含まれます:

・“ユニティ”の文字盤: パン・アフリカの旗の色から着想を得たもので、1日を通して身体の動きに合わせて形が変わり、自分だけの文字盤を作り出すことが可能
・Apple Fitness+登録者のための“ウォーキングの時間”: “ワークアウト” Appでのウォーキング中にゲストがインスピレーション溢れるストーリーを共有するオーディオ体験
・日本、マヨット、フィリピン、およびタイでApple Watch Series 4以降の“心電図” Appに対応
・日本、マヨット、フィリピン、台湾、およびタイで不規則な心拍の通知に対応
・ズーム機能を有効にすると、コントロールセンターと通知センターが反応しなくなることがある問題を修正

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

国内の医療機器認可に関する法律が高い壁になり、実現は無理だろうといわれていた時期もありましたからねぇ〜。Apple Watch Series 4以降の方は、思う存分心電図を計測してくださいませ。

なお、私のSeries 3でも「不規則な心拍の通知機能」は利用できるようなので、早めにアップデートするつもりです。しかしまぁ、Series 3のアップデートが毎度大変なわけですが……。

Mac Fan 2021年3月号
Mac Fan 2021年3月号

2回目? クリエイターサポートキャンペーンで「Affinity」製品が50%オフに。縦書き非対応が惜しくて……。

たしか2回目だと思うのですけれど、Serifがコロナ禍におけるクリエイターサポートキャンペーンとして「Affinity」製品やコンテンツの半額セールを実施しています。

affinity_halfprice_2nd01.jpg
サブスクリプション嫌い向けの新たな三種の神器たるMac/Win版「Affinity Designer」「Affinity Photo」「Affinity Publisher」が、それぞれ3,060円なり(通常価格6,100円)。一から揃えるにしても1万円でお釣りが来るため、かなりお買い得です。さらに試用期間が90日に延長されていますね(通常何日か失念しました)。

私はDesignerとPhotoを持っているので、Publisherを買えば神器が揃います。ただ……惜しむらくは3つとも縦書きに対応しておらず、特にPublisherの場合は日本語レイアウトソフトとして致命的と言わざるをえません。同じ理由で、Illustrator CS5も捨て切れない次第。

なお、現在の各バージョンが1.8.6とメジャーバージョンの2.0に近づきつつあります。メジャーアップグレードはさすがに有償となる予定で、タイミングに悩む時期でしょう。Serifにとっても初のメジャーアップグレードになりますから、どのような対応となるか要注目です。

はじめてのアフィニティ・フォト: 写真編集からイラストレーションまで、本格的な画像加工ソフト”Affinity Photo”のいちばんやさしい日本語解説書です。これ1冊でMac版/Windows版に対応しています。 - 桑原 明
はじめてのアフィニティ・フォト: 写真編集からイラストレーションまで、本格的な画像加工ソフト”Affinity Photo”のいちばんやさしい日本語解説書です。これ1冊でMac版/Windows版に対応しています。 - 桑原 明
iPad版も50%オフです。

まともな表計算ソフトとしてNumbersを使う。簡単な個人利用にはとても使いやすい面を、Excelが吸収してほしい。

今、Numbersで実につまらない集計を取っています。内容はお察しください。Numbers自体は継続的に使ってきたものの、それなりにまともな表計算ソフトとして利用する機会が滅多にないので勉強がてら、ですね。

numbers_excel_compare01.jpg
個人的には、ひとつのシートに複数の表を自由に作成・配置できる点がExcelに対する最大のアドバンテージだと思います。むろんExcelの作法に慣れ親しんでいれば、「それに意味を見出すほうが難しい」と言われそうですが。また、普段Office系ソフトを扱わない者からすると、お節介なほど強力な補完機能がありがたいです。

他方、関数などで生じるExcelとの微妙な差異が気になるところ。いくらApple製デバイスを買えば無償で付いてくるとはいえ、世界レベルのデファクトスタンダード相手じゃ勝負になりません。ならば開き直って、限界まで合わせてほしいなぁと。いや……表計算ソフトに限ってはもうExcelの天下で全くかまいませんから、Numbersの特長を全部かっぱらってくれと願うところです……あれ?

Microsoft Office Home & Business 2019(最新 永続版)|オンラインコード版|Windows10/mac対応|PC2台
Microsoft Office Home & Business 2019(最新 永続版)|オンラインコード版|Windows10/mac対応|PC2台

iOS 14でホーム画面のカスタマイズが充実するも、ページごとの順番入れ替えが実装されない不思議。

ウィジェットやAppライブラリなどホーム画面のカスタマイズが飛躍的に進化したiOS 14ですが、当初より片手落ちと言わざるをえない点が一つありまして……

ios14_home_pagemove01.jpg
任意のAppアイコン長押し→「ホーム画面を編集」→Dock直上のページ遷移アイコンをタップすることで「ページを編集」画面が現れます

この画面で操作できる内容が、まさかのチェックボックスによるページの表示・非表示のみっ。いやいやいや、「ドラッグしてページ順を入れ替えるくらいはさせてくださいよ!」という話です。百歩譲って、空白ページの挿入だけでもかまいません。

ま、次期iOSの発表時に「できるようになりました〜」などと、いわゆるドヤ顔で発表しちゃうのがAppleのお家芸ですから、マイナーアップデートにも期待を持てません。しかし、ホーム画面の大幅刷新に合わせず後出しする意味もまたサッパリわからないのが正直な感想ですね。

母艦Mac・PCのiTunesでAppの管理ができた頃はホーム画面の入れ替えも可能でしたし、なにより操作性が良好でした。プルプル震えるAppアイコンをページを跨いで移動するときなど、いまだに緊張を強いられる(しかもよく失敗するっ)iPhone上での操作はまだまだ練られるべきだと思います、えぇ。

iPhone完全マスターガイド iOS14のすべて (英和ムック)
iPhone完全マスターガイド iOS14のすべて (英和ムック)
「ページを編集」画面の設計担当者が表示・非表示のみでいいと考えただなんて、ちょっと想像しづらいです。なんらかの技術的障壁があるのでしょうか。

関連記事 関連記事:

初代iPhone SEをiOS 14にアップグレード。まさかの体感速度向上……iOS 13に問題があった?: パワーリンゴ(2020/09/24)

バッテリー交換劇から2年経った初代iPhone SE、最大容量は見覚えのある「89%」に。

27日間もの待ちぼうけを食らったiPhone SE(初代)のバッテリー交換劇から2年が経ちました。

iphonese_2021battery01.jpg
現在の最大容量は89%↑ 89%……興味深いですねぇ。

それというのも、バッテリー交換に出す直前の容量が89%でして、iPhone SE購入より2年2ヶ月のタイミング。良いのか悪いのかわかりませんけれど、私のiPhoneの使い方は一定しているようです。なお、昨年正月にチェックした際は98%でした。

毎夜就寝前に充電するため、89%でも基本的には困りません。ただ、うっかり忘れると翌日はたいへん厳しくなってしまいます。

しかしまぁ、果てしなく呑気に後継機選定できるのも、現状のiPhone SEがまだそれなりに使えるからですネっ。iPhone 3Gの衝撃は別格として、我がiPhone史上最高の名機と断言できます。だからこそ後釜への過剰な要求に繋がるというジレンマ……厄介な話です。

DIGIFORCE for iphone se バッテリー 互換 LPB-DIGISE PSEマーク 工具付
DIGIFORCE for iphone se バッテリー 互換 LPB-DIGISE PSEマーク 工具付
結局、中華製バッテリーのお世話になることもなく終わりそうです。

関連記事 関連記事:

バッテリー交換の配送修理に出した「iPhone SE」、1年後の最大容量は?: パワーリンゴ(2020/01/03)

27日を経て……バッテリー交換に出したiPhone SEがついに帰還。: パワーリンゴ(2019/01/05)

テキストエディタ「mi 3.5.1」配布。ベータ無しのマイナーアップデートとな。

毎度お世話になっているテキストエディタの最新版「mi 3.5.1」がリリースされています。

mi351_01.jpg
今回はβ版を経ることなく、3.5から3.5.1にマイナーアップデートしました。昨年はバージョン番号の振り直しもありましたし、アップデートに関するなんらかの方針転換があったのかもしれません。

効能書きは以下。
・Big Surにてツールバーの表示色がタイトルバーと一致しない問題、ウインドウドラッグ時に不要な境界線が表示される問題を修正(#1547)
・miバージョン2.1.10以前のモードデータを正常にインポートできない問題を修正(#1548)

表示や不具合修正ですね。

mi351_02.jpg
ツールバーの表示色をアップデート前後で比較しました↑ 下がアップデート後。私の環境だとツールバーのアイコンや文字の色が少し濃くなった程度ですね。ただ、これまでよりは視認性が向上しています。

[増補改訂第3版]Swift実践入門 ── 直感的な文法と安全性を兼ね備えた言語 (WEB+DB PRESS plusシリーズ) - 石川 洋資, 西山 勇世
[増補改訂第3版]Swift実践入門 ── 直感的な文法と安全性を兼ね備えた言語 (WEB+DB PRESS plusシリーズ) - 石川 洋資, 西山 勇世

関連記事 関連記事:

テキストエディタ「mi 3.5」正式版リリース。モード設定のiCloud共有やApple Siliconネイティブサポートなど。: パワーリンゴ(2020/12/06)

2021年元日をもって「当サイト開設より丸20年」を迎える。続けることすら目標にしなかったからこそ……。

改めて、あけましておめでとうございます。本年も辺境のMac系ブログをどうぞよろしくお願い申し上げます。

信じがたいことですが、2021年元日をもって当サイト開設より丸20年を迎えることと相成りました。Tobifushiko's Page!として2001年元日に正式公開し、2007年からは現在のブログ形式に移行。いやしかし自分でもバカじゃないのかと思いますね、ホント。

「継続は力なり」も、なんらかの目標を定めることで意義を持つことわざであって、よく「続けることが目標になってはいけない」と言われます。私の場合、続けることすら目標にしなかったからこそ、力にもならなければ止める必要すら感じもせずに今までやってきたのだと思います。

今年も変わりなく、不整脈のごとき更新頻度で続いていくことでしょう(←もはや他人事)。ただ、ブログ化前の(良い意味で)ラフな文章に回帰したい願望はここ数年抱いておりましたので、21年目の抱負といたしませう。目標があるならそれに越したことはありません、ハイ。

Mac Fan 2021年2月号 [雑誌] - Mac Fan編集部
Mac Fan 2021年2月号 [雑誌] - Mac Fan編集部
この20年でMac系専門誌も一冊になってしま……いや、一冊でも生き残っているのですっ。