Apple Silicon Macへの移行を控え、レガシー二重奏となったボリューム名称「Macintosh HD」は生き残れるか?

WWDC20基調講演でもジャーンと鳴るシーンが用意されていました。Arm MacもといApple Silicon Macは起動音が復活し、Thunderboltも引き続きサポートされるとのことで、過去に束縛されるロートルへの気遣いが感じられて嬉しいですネっ。

実際、PowerPCからIntel Coreへの移行時は各ラインナップ初号機のデザインをほとんど変えずに既存ユーザの心理的ハードルを下げる戦略が取られました。中でも、先陣を切ったMacBook Proについてはその旨ジョブズが明言したはずです(記憶が確かならば)ので、半分本気でそう思っていますよ。

applesilicon_dtk01.jpg
ま、Apple Silicon Mac初号機がどのようなデザインや構成になるかは未知数ですけれど、基調講演で公にされたMac miniの筐体そのままのDeveloper Transition Kit(DTK)が、早くも緩衝材の役割を果たしている気がします↑

applesilicon_dtk02.jpg
ところで、今なお内蔵ストレージのボリューム名に使われている「Macintosh HD」、個人的にはこれがいつまで生き残るのかちょっと興味がありますね↑

私は「Mac」より「Macintosh」のほうがずっと好きな単語です。自分がMacに興味を持った時期や、初MacにかろうじてMacintoshの文字がプリントされていたことなどに強く影響されているのでしょう。残念ながらAppleはその後「Macintosh」の利用をどんどん縮小し、ハード・ソフト・サービスを含めて上記ボリューム名がおそらく現存する最後の砦となっています。

加えて「HD」の存在すら危うくなりつつあります。唯一HDDを標準搭載するiMacの新型がSSDオンリーとなれば、HDD採用製品は絶滅し、アイコンもろとも完全にレガシー入りするわけです。むしろ現行のSSD搭載MacにHDの文字とHDDアイコンが残っているのも、他社ソフトウェアにおける「フロッピーディスクアイコンの保存ボタン」と同じノリ(というか単なる怠慢?)に見えますねぇ。

私のテケトー予想だと、やはり二重にレガシーな「Macintosh HD」はApple Silicon Macに引き継がれず終焉する運命ではないでしょうか。ここまで熱く語っておきながら……私は新しいMacのセットアップ時に必ずボリューム名を書き換えてしまうのです、えええぇぇ〜〜〜。

Macintosh Museum - 柴田 文彦, マックパワー編集部
Macintosh Museum - 柴田 文彦, マックパワー編集部
今はむしろ、サードパーティ製ソフトの動作条件にMacintoshの文字が残っていることのほうが多いかも。

関連記事 関連記事:

最後のIntel Mac?「iMac 27インチ(2020)」発表。第10世代Core搭載とともに、Fusion Driveも消える。: パワーリンゴ(2020/08/05)

ついにバージョン11、「macOS Big Sur」発表。少し引き上げられた動作条件とApple Siliconへの移行。: パワーリンゴ(2020/06/24)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント