MacBookシリーズの「バッテリーの状態管理機能」を有効にしても、制限された充電量の上限に達すると「100%・充電済み」表示になる。

先に昨日の記事を訂正します。ThinkPadのパワーマネージメント(を含むハードウェア総合)ユーティリティはLenovo SettingsからLenovo Vantageに変わっておりました。いっそのことThinkVantageの名を復活してくれりゃよかったのに……。

本題はCatalina 10.15.5に搭載されたバッテリーの状態管理機能でして、有効化するとバッテリーの最大充電量が抑えられる仕組みです。ただし、例えば常に80%充電といった決まった上限値に固定されるのではなく、サポート文書によるところの『日頃の利用状況に即して』インテリジェントに可変するものと思われます。

catalina10155_03.jpg
で、本機能がオンの場合でも、メニューバーのバッテリーアイコンは上限値を迎えた段階で「100%」・「バッテリーは充電済み」と表示されるのです↑

catalina10155_04.jpg
ちなみに、このときのシステム情報ではまだ充電中となっていますね↑

これは賛否の分かれる表示方法かもしれません。本来の満充電でなくとも100%と表示してくれたほうが気持ちよく感じる方は少なくないでしょう。他方、状況に応じて本機能のオン・オフを頻繁に変更するつもりなら、今有効なのか否かがすぐには判断できず不親切といえます。

catalina10155_05.jpg
上限を85%に設定したLenovo Vantageは、「85%を使用できます (接続済み、未充電)」と簡潔かつ曖昧さを残さぬ表示↑ 同機能を搭載したWindowsノートの多くも本来の充電量を示すタイプではないでしょうか。

私は頻繁にオン・オフする予定もありませんし、どちらかといえばAppleの100%表示のほうが気分的にすっきりします。ただ、メニューバーアイコンのプルダウンに本機能の有効・無効を示すくらいはあってもいいかなと思います(option + クリックでも今は現れません)。

ここまで書いておきながらなんですけれど、そもそもが頻繁なオン・オフを想定した機能ではない気もします。設定が一段深い場所にありますし、基本的な仕組みが iOS 13 の「最適化されたバッテリー充電」よりフィードバックされたものならば、長期の利用状況が重要になりますからねぇ。

Anker PowerCore+ 26800 PD 45W (26800mAh 2ポート 超大容量 モバイルバッテリー)【PSE認証済 / Power Delivery対応 / USB-C入出力ポート / USB-C急速充電器付属】iPhone / iPad / Android 他各種対応
Anker PowerCore+ 26800 PD 45W (26800mAh 2ポート 超大容量 モバイルバッテリー)【PSE認証済 / Power Delivery対応 / USB-C入出力ポート / USB-C急速充電器付属】iPhone / iPad / Android 他各種対応
USB-C搭載機なら、素直にモバイルバッテリーを用意したほうが精神衛生上よろしいです。

関連記事 関連記事:

13インチ MacBook Pro(2019)にて「バッテリーは充電できません」の表示。バッテリー温度上昇が原因か?: パワーリンゴ(2020/08/01)

「macOS Catalina 10.15.5」配布。MacBookシリーズの「バッテリー状態管理機能」が追加。: パワーリンゴ(2020/05/27)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント