してやられたっ……4コアCPU「MacBook Air」登場。Pro 1.4GHzとの性能差が気になる。

やられましたよぉ〜、ハイパワーなAirとして13インチMacBook Pro 1.4GHz(2019)を選んだ私としては。4コアCPUを選択できるMacBook Air(2020)がついに登場です。

mba2020_01.jpg
自分の理想的なカスタマイズ、すなわち「1.1GHz 4コアCore i5・16GB RAM・512GB SSD」で税抜154,800円なり。私の整備済Proが「1.4GHz 4コアCore i5・16GB RAM・256GB SSD」で152,800円でしたから、たいへん安いと感じますねぇ。

しかも、従来どおり物理ファンクションキーが搭載され、安定のシザー(パンタグラフ)キーボードへ回帰し、それに伴う厚さや重量の増加も最小限に抑えられています。

Pro 1.4GHzとの性能差が気になるところですが、そもそも全コアをフルにぶん回す機会など滅多になく、むしろ軽〜中負荷の処理を長時間行う私の使い方ではあまり影響なさそうです。むろん、その場合でも2コアと比べれば余裕と安定性がかなり違うと体感できるはず。特にバックグラウンドで小物をたくさん動かすのが趣味……じゃなくて、なぜかそうなってしまうタイプなら、そちらにパワーを持っていかれる感覚がほぼ消えますからね。

一方で、最廉価モデルがデュアルコアのCore i3となりました。またぞろApple専用カスタムチップでもない限り、第10世代(Ice Lake)のCore i3はハイパースレッディング・ターボブースト共に対応しているようなので、2019以前のCore i5と同等かそれに近い処理能力をキープしているのではないでしょうか。いずれにせよ購入を検討される方は、あまり急がずに、各所より出されるベンチマークをよくチェックされることをお勧めします。

Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ【4K対応HDMI出力ポート / 60W出力 Power Delivery 対応USB-Cポート / 1Gbps イーサネット / 2つの USB-A ポート / microSD & SDカード スロット搭載 】 MacBook Pro 2017 & 2018 / ChromeBook 他対応 テレワーク リモート 在宅勤務
Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ【4K対応HDMI出力ポート / 60W出力 Power Delivery 対応USB-Cポート / 1Gbps イーサネット / 2つの USB-A ポート / microSD & SDカード スロット搭載 】 MacBook Pro 2017 & 2018 / ChromeBook 他対応 テレワーク リモート 在宅勤務
不安を挙げるなら、4コアモデルのバッテリー駆動時間ですね。仕様表の「最大」表記はCore i3のものでしょう。

関連記事 関連記事:

新型iPad Proとトラックパッド付き「Magic Keyboard」を見て、13インチ未満のMacBook登場を諦める。: パワーリンゴ(2020/03/20)

MacBook Air(Late 2010)の後継にMacBook Pro(2019)13インチ 1.4GHzを選ぶに至った過程と理由。: パワーリンゴ(2019/11/26)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

shigechan
2020年03月19日 18:05
すいません、途中で送信された様です😣
今回はあまり間を開けずに新機が出ましたね。
新しいiPad ProではA12Z Bionicだかが採用されたそうで、A13XにならなかったのはA14に力を入れているのか? 等と感じてしまいますね。さては年内の締めくくりで、Aシリーズ採用のMacが本当に出て来るかもしれませんねぇ。
トビフシコ
2020年03月19日 18:49
shigechanさんこんにちは。

出ましたねー。まだ情報を追えていませんが、iPad Proに話題が集まっているようで。なるほど、A13系ではないのですか。フラグシップなのに最新チップを選ばないとは珍しいですねぇ。

AシリーズのMac、出ますかねー。個人的には速けりゃなんでもOKですけれど、Boot Campや仮想化ソフトなどのWindows環境が必要な方には、それらがどうなるか気になるところかもしれません。