MacBook Pro導入を機に「スクロールの方向:ナチュラル」へ。そもそものきっかけはApple Watchだが、訓練の成果たるや……。

私はこれまでMacにおける旧来のスクロール方向を堅持してきましたが、MacBook Pro(2019)導入を機に、(大袈裟ではなく)一大決心でもって「ナチュラル」に変更したのですよっ。

mbp_scroll_natural01.jpg
スクロールの方向:ナチュラル』すなわち「指を動かす方向にコンテンツが移動」ってヤツ↑

ただ、新しいMacBook Proのトラックパッドがどうこうではなくて、1年前に購入したApple Watchこそ諸悪の根……直接のきっかけとなります。

mbp_scroll_natural02.jpg
要するに、Apple Watchのデジタルクラウンの回転方向が「ナチュラル」固定っつーわけです。クラウンを回す頻度は増える一方であり、おかげさまでデバイスごとのスクロール方向に混乱しっぱなし。watchOS 6の設定では「向き」のバリエーションが増えて「これでいける!?」と思いきや、どう組み合わせても単純に回転方向を逆にすることができません↑

当然ながらホイール搭載のマウス・トラックボールもナチュラル方向に統一して、この1ヶ月強訓練しましたよ。えぇ、私には全くもって苦痛を伴う訓練です。その成果ですが……

・Apple Watchのデジタルクラウンは万事OK。
・トラックパッドやMagic Mouseなどタッチ系もほぼ順応。
・水平のスクロールリングを持つケンジントン ExpertMouse 7は方向を変えずに済み、問題無し。
・一般的なスクロールホイールはまだ迷うことが多い。
・方向を変えなかったThinkPadのトラックポイントが非常にマズい。
・同じく方向を変えなかったポータブックの光学式フィンガーマウスはなぜか問題無し。


現状最大の課題がトラックポイントです。まず、スクロール方向を変える設定が見当たりません。そりゃ超小型ジョイスティックみたいなものですから、これを逆転する事例など想定外でしょう。自分自身、自然の摂理に反するというか生理的違和感を覚えてよさそうだと頭では考えているのに、指が勝手に反対方向へ倒してしまうんですよねぇ。

つくづく不思議でならないのがポータブックのフィンガーマウス。トラックポイントに最も近いポインティングデバイスでありながら、従来方向のままで迷いなく操作可能ときました。もう、なにがなんだか……。

率直なところ旧来のスクロール方向へ戻すことも含めて思案中です。ひとつだけ、ExpertMouse 7の圧倒的な柔軟性がはっきり現れました。やっぱりあれはスゴいっ。

Kensington ExpertMouse ワイヤレストラックボール K72359JP 【日本語パッケージ】
Kensington ExpertMouse ワイヤレストラックボール K72359JP 【日本語パッケージ】
全部これに置き換えたいくらいですが、値段と設置スペースが問題外ですよね。