OLYMPUS「TG-5」購入から1年。気兼ねなく使える安心感と、長所を数点追記。

精密光学機器をラフに扱う背徳感がサイコー……ウソです、わざとはダメです。オリンパスの防塵防水耐衝撃デジカメTG-5」を購入して1年が経ちました

tg5_1year01.jpg
やはり、危なっかしい場所へも気兼ねなく持っていける安心感こそがサイコーなのです。冒頭と同じことを述べているように見えるかもしれませんが、慎重に扱おうとするあまり、かえって手つきが怪しくなって事故を起こす危険性がずいぶん軽減されるんですね。おかげで小傷こそ増えているものの、落下やぶち当てなど激しいショックを与えることなく今に至ります。

過去レビューから印象の変化したポイントは特にありません。あいかわらずAEには苦戦しています。いくつか付け加えるなら、

・換算 25 - 100mm相当の画角が使いやすい。
・全般的に動作音がとても静か。
・AFが速い。
・昔に比べれば取っ付きやすいUI。


画角は適切だと思います。そりゃ欲を言いはじめればキリがありませんけれど、もし 28 - 112mmの4倍ズームだったら微妙ですよねぇ。25mmスタートで正解でしょう。

tg5_1year02.jpg
屈曲光学系かつ密閉筐体のタフネス機ゆえ、電源オン・オフ・ズーム・AF作動の機械音がほとんど気になりません。また、AFも実際高速なのですが、作動音が聞こえないことで余計にそう感じます。

個人的に、オリンパスとソニーのUI(といっても相当古いコンデジ)が苦手でした。本機は、一通り慣れるとだいたい迷いなく操作できています。いかんせんリコーに慣れ切っているため、もどかしい思いをする場面が払拭できないのは潔く諦めるべきですかそーですか。

最後に画質について。私の選定ポイントの一つでもあった、1/2.3型センサーのタフネス機としてトップクラスの画質を維持してきたTGシリーズ。本機を使っていくうち、率直なところ低感度はそれほどでもない印象を持ちました。一方、感度を上げても崩れ方が比較的緩やかなんですね。撮影シーンも暗い場所が少なくありませんし、積極的に感度を上げて(といってもISO AUTOで十分)撮るほうが良さそうです。

OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-6 レッド 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS 内蔵Wi-Fi TG-6RED
OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-6 レッド 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS 内蔵Wi-Fi TG-6RED
TG-6は、PやAモードでも1cmマクロ撮影ができるようになりました。

関連記事 関連記事:

AELが無い……OLYMPUS「TG-5」の不満点を5つ挙げる。: パワーリンゴ(2019/03/25)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント