MacBook Proの未知のポートに対応するため、Anker製USB-C変換ケーブルとPowerExpand+ハブを入手。

先日触れたように、MacBook Proは私の所有する全デバイスで初のUSB-Cポートを搭載してくれちゃいました。バックアップHDDすら繋げられず「今そこにある機器の危機」的状況ゆえ、マシン本体とほぼ同時に2アイテム購入しましたよ。

mbp2019_14_13.jpg
小さな箱が「Anker USB-C to USB-A 変換ケーブル(Amazon)」、大きな箱が「Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ(同)」↑ 要するに変換ケーブルとハブです。

mbp2019_14_14.jpg
変換ケーブルは13cmと短く取り回しのよい品で、だいたいはこちらで済みそう。ハブは7ポートもあり、そこそこの大きさです↑ ところでAnkerは価格帯によるのか、両者のクオリティに相当な差が……ま、まぁ、機能が万全であればいいのですっ。

mbp2019_14_15.jpg
ハブの色はスペースグレイ風ですが、MacBook Proより明らかに濃いですね↑ ポートの挿抜に違和感はありません。ケーブルの曲がり具合はハブのほうがずっとしなやか。

mbp2019_14_16.jpg
ハブには持ち運びを考慮したであろうポーチも付いてきます↑ タイトな造りながら、変換ケーブルも一緒に収納できました。

ハブが1つあれば十分かもしれませんが、確実にバスパワー駆動したい周辺機器のことを考えて変換ケーブルも調達した次第です。またハブ選びについては、自分の知っているメーカー・Ethernetポート搭載などの点で一気に絞られました。私のポータブルマシンは代々、ネットワーク管理を否応なく担当せねばならないもので。

ただ、USB-Cポートを持つ周辺機器ってまだ少ないことに驚きましたよ。私もそれほど浦島太郎ではなかったようで安心しました。いやむしろ、ロジクール UnifyingレシーバーのUSB-Cバージョンを早急にリリースしてほしいところです、えぇ。

Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ【4K対応HDMI出力ポート / 60W出力 Power Delivery 対応USB-Cポート / 1Gbps イーサネット / 2つの USB-A ポート/microSD & SDカード スロット搭載 】 MacBook Pro 2017 & 2018 / ChromeBook 他対応
Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ【4K対応HDMI出力ポート / 60W出力 Power Delivery 対応USB-Cポート / 1Gbps イーサネット / 2つの USB-A ポート/microSD & SDカード スロット搭載 】 MacBook Pro 2017 & 2018 / ChromeBook 他対応

関連記事 関連記事:

Touch BarにDockを表示する「Pock」を試用。Touch Barカスタマイズ入門に最適だが……。(2019/12/02)