「macOS 10.15 追加アップデート」配布、らしい。まだCatalinaを導入する目処立たず。

Apple、インストールと信頼性を改善した「macOS 10.15追加アップデート」を配布開始 | Mac OS X | Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)』とのことで、Appleが「macOS 10.15 追加アップデート」を配布しているらしいです。「らしい」などと書かざるをえないのが無念にござりまする、ハイ。

よって、スクリーンショットの類が撮れません。効能書きもお宝さんBlogから転載させていただきます。
macOS Catalina追加アップデートの新機能
・ディスクの空き領域が不足しているMacでのmacOS Catalinaのインストールの信頼性を改善
・一部のインストールで設定アシスタントが完了しない問題を修正
・複数のiCloudアカウントでログインしている場合にiCloud利用規約に同意できない問題を解消
・Apple Arcadeのゲームをオフラインでプレイしている場合のGame Centerのデータ保存の信頼性を改善

このアップデートのセキュリティコンテンツについて詳しくは、こちらを参照してください: https://support.apple.com/kb/HT201222

実際のところ、Catalinaを丸々飛ばしたって特に問題ないのですよ。ただねぇ……初めて使ったMac OS 8.6以降、順当にアップグレードを重ねてきた手前、未使用の欠番を出すことに気が引けるっつーかなんつーか。ま、すでにMac OS X 10.0(とその前のPublic Beta)をスルーしたはずので完璧ではないんですけれどっ。

macOS Catalina パーフェクトマニュアル
macOS Catalina パーフェクトマニュアル
Macの「iTunes.app」が解体されたのにiOS 13には「iTunes Store」Appが残り、両アプリの一対一の対応は叶っておりません。なかなか揃わないものですねぇ。

関連記事 関連記事:

日本時間10月8日、「macOS 10.15 Catalina」登場。事情によりMac miniへの導入は先送り。(2019/10/08)