iOS 13で起動しなくなった「Staccal 2」はリマインダーの連携オフで解決。その純正リマインダーについて。

iOS 13へアップグレードし、まず直面した問題がカレンダーApp「Staccal 2」の起動不能でした。アポロ13なら2段ロケットのエンジン一基が止まってしまったあたり……ずいぶん不吉なことを言いますネっ。

ios13_staccal2_01.jpg

ありがたいことに『カレンダーアプリ「Staccal 2」をiOS13.0で起動させるには「リマインダーをOFF」にすべし! - カスタム/CUSTOM/でいこう』などなど早くも解決方法を記事にしてくださっているサイトがありまして、「設定 App → Staccal → Staccalにアクセスを許可のリマインダーをオフ」にすれば無事に起動しました↑ やはりユーザ数の多いアプリを選んでおけば非常時に助かります。

ios13_staccal2_02.jpg

ところで、その純正リマインダーが大幅リニューアルしたんですよねぇ。ただし、新機能を全て享受するにはアップグレードが必須でして、私の場合はHigh Sierra止まりのMacBook Air(Late 2010)が対象外となり実行できない状況です↑ それはそうと、消費税UP目前なのに未だ本機の後継を決めかねているとは我ながらいい度胸だと思います。

アップグレードしなくともiOS 12以前のシンプルなリマインダーとして利用できるため、私は当面の間それでしのぐつもりです。

そもそも、カレンダーとリマインダーを別のアプリにすべきかどうかは深淵な課題ですね。リマインダーも時間軸で設定する場合が多く、カレンダーに統合してほしいと思われる方は少なくないはず。他方、純正リマインダーがToDoリスト機能を包含するので別アプリじゃなきゃダメだとの意見もわかります。個人的には、カレンダー・リマインダー・ToDoが(横の連携ではなく)同じデータベースを共有して、ユーザへは見せ方を変えるだけにすれば丸く収まるんじゃないかと思ったり……あれ? そんなのMicrosoftにありましったけ? Outなんとかってヤツぅ?

Mac Fan 2019年11月号
Mac Fan 2019年11月号

Outlookを見ていると、カレンダー・リマインダー・ToDoなどの個人情報管理とメールクライアントは分離すべきか否かといった問題が生じますねぇ。