ナローガレージ「歌登の超小型自走客車」レジンキット製作記その3。Hゴムを除き、気負わぬ塗装が奏功。

< Hゴムの多い車両を意図的に避けるきらいがある = である調 >


さぁて早くも塗装だよ、いいテンポだねぇ〜。基本的には実車の塗り分けに準ずるが、一部手間のかかる箇所をデフォルメしている。異論があればことごとく却下だ。

画像

まずは全体をクレオス「GX1 クールホワイト」で塗った後、下半分をマスキングして上半分にガイア「クリーム1号」を吹く

画像

次にマスクをひっくり返して下半分を赤に塗るのだが、本車を特徴付けるギザギザラインのマスキングはさすがに一筋縄ではいかぬ。よって変な冒険を慎み、極私的定番すなわち「Illustratorで製図 → コピー用紙にプリントアウト → カッターマットにマスキングテープを貼る → コピー用紙を上に重ねる → デザインナイフで切り出す」というまどろっこしい手順を踏むのだ。

とはいえ、数少ない実物の写真から正確な意匠を起こすなんて無理、適当にそれっぽ〜くでっち上げるしかにゃい。しかも、本来なら切り出して試しに貼り、修正してまた貼って、を繰り返すべきところ、たった一度の貼りと修正でもって責了にしちゃった、テヘ。いやだからお気楽方針なんだってばぁ。

加えて、窓直下にくるべきクリームと赤の塗り分けラインは、Hゴムモールドの出っ張りがマスキングの邪魔になるとの理由で、勝手に0.5mm下げた次第。高価な金属キット相手では考えられない妥協も許してもらえそうな懐の深さが大きな魅力だな。あぁ、全くもって一方的な主観さ。

画像

マスクを万事整えたら、意を決してクレオス「GX3 ハーマンレッド」を吹く↑ Mr.カラーGXシリーズは隠蔽力が高い……らしい、違いのわからぬ男にはわからん。

画像

マスキングテープを剥がすと、見慣れた独特のラインが姿を現したっ↑ ちょ、ちょっと太いか。それでもロクにテストせず、エイヤと強行したわりには上出来だろうと自画自賛しておくゾ。なんつーか、肩の力が抜け切ったおかげの気もする。とにかく昔からね、気負った本番やここぞという時に弱いんだよ、ダメダメだね。

画像

気を良くして屋根をGM「ダークグレー」で塗り分け、勢い余ってHゴムまでタミヤエナメルの「ラバーブラック + 白」で筆塗り↑ 当初、鬼門のHゴムは華麗にスルーするつもりだったのに、締まりのなさがどうにも落ち着かず手を付けてしまったのだ。残念ながら肩の力がどれだけ抜けていようと、Hゴムの色差しは安定のヘタクソさを誇っておったそうじゃ

なお、板厚の大きいHゴムの塗り方に関して、私は上掲のごとくコバを塗り残すタイプである(だから余計に粗が目立つ)。ゴムの色が白やグレーならコバを黒に塗り分けるのがベストだろうが、そんなウルトラテクニックを持っているんなら苦労しないよ。自作はめ込み窓を含め、キットのHゴム処理は今後も続く課題だろうな。

最後にクレオス「GX100 スーパークリアーIII + GX114 スーパースムースクリアー<つや消し>」で半光沢にトップコートする。スーパースムースクリアーは宣伝どおり、強力なつや消しと滑らかな塗装面が両立した傑作だなっ。単独で完全マットに仕上げても表面がサラサラで肌触りが心地イイ。


ウチダ KD型製図器 SE 烏口 ステンレス製 1-703-2500
ウチダ製図器

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


Hゴムの色差しツールとして烏口は確かに大きな威力を発揮する。しかし、間が空くとハンダゴテ以上に腕が大きく鈍るのだ。

関連記事 関連記事:

ナローガレージ「歌登の超小型自走客車」レジンキット製作記その4。保護棒をテープで再現し、完成! パワーリンゴ/ウェブリブログ(2019/06/08)

ナローガレージ「歌登の超小型自走客車」レジンキット製作記その2。バリ取り後の組み立ては一瞬で終了。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2019/06/02)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

文明
2019年06月03日 11:48
こんにちは、時々書き込む者です。
私もウルトラ警備隊のポインターを作る際に、同じ手法でマスキングしてました。
テープ剥がす時にうまく出来てると嬉しいですよね。

└(´Д`)┘<でたー!イオンコート!
みたいな感じで
2019年06月03日 13:03
文明さんこんにちは。

まさしく、おっしゃる通りマスキングがキマっていると本当に嬉しいですよねぇー。私のような塗装嫌いは、マステを剥がす瞬間が唯一の慰みといっても過言ではありません、ナハハハ。

私はカーモデリングをほとんどしないのですが、そちらは光沢へのこだわりが凄いようですね。研ぎ出しの技術など、同じ模型といえど各ジャンルで発展の度合いが様々ですから、横断的に勉強したいものです、ハイ。

この記事へのトラックバック