LombardからApple Watchまで……この6月でMac歴20年を迎える。

この6月でトビがMacを使い始めてから20年が経ちました。あれから20年っ……と言いつつ私自身さほど感慨深いものではございませんけれど、いちおう節目ということで記事にしておきませう。

画像

引退したメインマシンたち↑ いずれも起動できる状態にあり、いつでもスクランブル発進可能な(オールドMacコレクションの増殖に対する)抑止力を維持しているのです。惜しむらくはほとんどがAC電源限定となっちゃいました。

画像

私の初Macは再三述べてきた「PowerBook G3 '99 Lombard」。1999年当時の標準構成がPowerPC G3プロセッサ400MHz・64MB RAM・6GB HDD・DVD-ROMドライブ搭載でMac OS 8.6 プリインストールといった内容です。スペックからは月日の流れを痛感する一方で、使用者の進化が梅雨前線並みに停滞しているのが興味深いですネっ(←他人事)。

画像

Appleはこの20年、Mac OSからMac OS Xへの移行、iPodリリース、PowerPCからIntel Coreへの乗り換え、iPhone・iPad・Apple TV・Apple Watchのリリースなどなど従来に輪をかけて波乱万丈な歴史を刻んできました。そして、なんといってもジョブズからクックへのバトンタッチが大きいでしょう。クック船長の舵取りには賛否両論あるものの、少なくとも私は「ジョブズなら……」を禁句に記事を書いてきましたし、今後もその方針を通すつもりです。いやべつに利口ぶっているのではなく、単純に無意味だと考えているだけですヨ。

画像

振り返れば、私がもっとも熱を上げた1999〜2006年はMacのシェアがどん底の時期と重なります。なにせWindows 98・2000・XPの黄金期ですから勝ち目はねぇってもんです。ゆえに尚更、リンゴマークの入ったデバイスが街中に溢れる景色をいまだに夢……というかパラレルワールドのごとく感じてしまいます。

画像

今後の20年は見当もつきません、以上。だってコンサバティブな形状をしたデスクトップ・ノートブック型パソコンの存続すら怪しいじゃないですかぁ〜。でも、そういうのを自分はギリギリまで使っていることでしょうね。Apple Watchまで着けるようになりましたが、あくまでMac、Macなんですよっ。


Macintosh Museum
アスキー
柴田 文彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


SCSIとUSBが混在する過渡期のLombardは、「Macintosh」銘の入った最後のポータブルMacでもあります。

関連記事 関連記事:

43mmから14.9mmへ……改めて初Macから20年の歳月を思い知るも、当時だって「できることなど山ほどあった」。: パワーリンゴ(2019/12/31)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック