新元号対応「macOS Mojave 10.14.5」配布。Omni製品の問題修正も。

だいぶ体調は戻ったものの、まだ咳が続いているトビです。『macOS Mojave 10.14.4の和暦表示は「平成31年5月1日」だった。』にて期待した新元号対応の「macOS Mojave 10.14.5」がリリースされました。

画像

システム環境設定のソフトウェア・アップデートからどうぞ。効能書きは以下。
macOS Mojave 10.14.5アップデートでは、お使いのMacの安定性と信頼性が改善されます。このアップデートは、すべてのユーザに推奨されます。

このアップデートの内容:
• ビデオ、写真、ミュージックなどをMacからAirPlay 2対応のスマートテレビにダイレクトに共有するAirPlay 2の機能を追加
• 和暦の元号“令和”に対応
• 2018年に投入されたMacBook Proでのオーディオ遅延を改善
• 特定の非常に大きなOmniOutlinerおよびOmniPlanの書類が適切にレンダリングされない問題を修正

このアップデートについて詳しくは、こちらを参照してください: https://support.apple.com/kb/HT209149
このアップデートのセキュリティコンテンツについて詳しくは、こちらを参照してください: https://support.apple.com/kb/HT201222


画像

『和暦の元号“令和”に対応』と明記されましたね。前の記事の方法で表示することができます↑

また、Omni社の製品に関する問題修正が含まれおり、超大手とは言い難い(失礼!)サードパーティ製ソフトのピンポイントな対応は珍しい気がします。私も「OmniOutliner(Mac App Store)」にはずいぶんお世話になりましたが……過去形です、ハイ。スタンダード版がMacにバンドルされていた時期もあって、知名度はそこそこ高くユーザ数も存外多いのかもしれません。




アウトラインプロセッサののちにマインドマップが流行したと記憶していますが、私は後者の利用を早々に諦めてアウトライナーに戻ったクチです。

関連記事 関連記事:

「iOS 12.3」配布。新元号対応と「ビデオ」から「Apple TV」Appへ。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2019/05/15)

macOS Mojave 10.14.4の和暦表示は「平成31年5月1日」だった。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2019/05/01)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック