オリンパスTG-5の「LOGモード」を試した後、一晩でバッテリーが空っぽに。

GPSロガーとして優秀なApple Watchのおかげで、TG-5の「LOGモード」を使う機会がありません。写真に位置情報を付けることも、ブログをやっている手前余計なお世話機能……って今ごろ隠そうとしたって手遅れですかそーですか。

画像

まぁ、いちおう本機のLOGモードがどんなものか試しました。今動作しているか一目でわかる物理レバーの存在が嬉しいですね↑ このレバーはわりと固く、不意に動くこともないでしょう。

なお、写真に位置情報を記録する場合は、カスタムメニュー内の「GPS位置情報記録」設定をオンにする必要があります。ややこしいことに「LOGモード」と「GPS位置情報記録」は完全に独立しており、前者をオンにしても後者がオフだと写真に位置情報が付かず、後者がオフで前者がオンだと写真に位置情報が付くわけです。

ともかく、LOGモードで遊んでからLOGレバー・GPS位置情報記録ともオフにして(GPSアイコンが現れないことを確認)、翌日電源ボタンを押すと……一切反応なしっ。不思議に思うも状況からしてバッテリー切れを瞬時に悟りました。案の定、充電器につなぐと残量ゼロから充電が始まります。

前日使い終わった段階でバッテリー残量は目盛り2つ分残っているのを確認しており、なにかしらバックグラウンドで動き続けていたと考えるのが自然でしょう。しかし、説明書を見返してもLOGレバーをオフにすればそのようなことが起きないはずで、仮に「GPS位置情報記録」がオンでも、これは電源を入れて撮影スタンバイになってから測位が始まる仕様ゆえ無関係。

その後、充電を終えて一晩過ぎましたがバッテリーはほとんど減っていません。なんだか狐につままれた気分ですけれど、まだ設定の見落としがあるのかも……いずれにせよデジタルカメラ内蔵のGPSは、電力消費が激しかったり測位に時間がかかったりとまだまだ課題が多いようで、私が常用することはないと思います、ハイ。


事前にiPhoneアプリからGPSアシストデータを転送しましたが、それでも遅いと感じます。

関連記事 関連記事:

オリンパス TG-5の「LI-92B」バッテリーは、RICOH「DB-100」より分厚かった。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2019/03/21)

スライド式「UNプロテクトキャップ」でTG-5の保護ガラスを保護。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2019/02/02)

この記事へのコメント

shigechan
2019年02月14日 16:38
今日は。

WG3-GPSもGPSオンにすると1晩で電池がなくなります。サービズセンターへ問い合わせたら、速攻で”GPSをONにしていませんか?”と聞かれました。
一旦切ってからのコールドスタートし、どの程度で衛星信号を捕獲して位置を確定するのかわかりませんが、スマホのパーツは凄いなぁと単純に思ってしまいます。
2019年02月14日 19:59
shigechanさんこんにちは。

そうそう、スマートフォンとの差に驚きますよねぇ~。確かに常時起動しているぶん有利なのでしょうけれど、それでも速いと思います。車載ナビのGPSはコールドブートですかね?そう考えると、デジカメのGPSが際立って遅いだけだったり……なかなか難しいものですね。

この記事へのトラックバック