パワーリンゴ

アクセスカウンタ

zoom RSS 非RetinaのMacでMojaveのフォントが見辛い。コマンド1行で旧アンチエイリアス処理に戻す。

<<   作成日時 : 2018/09/27 10:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

macOS 10.14 Mojaveではフォントのサブピクセル・アンチエイリアス処理が変更されカラーフリンジがなくなるため、非RetinaディスプレイのMacに大きく影響。 | AAPL Ch.』とのことで、目の悪い私でもmacOS Mojaveへアップグレードした直後に気づくくらいです。Mac miniにフルHD解像度のDELL液晶ディスプレイを繋いでいる、すなわち非Retina環境だと、フォントが微妙に見づらくなりました

アンチエイリアスの処理方法が変わったらしく、High Sierraまでは背景色などから適切なカラーを含めた「カラーフリンジ」を生成していたのに対し、Mojaveはそれを端折って単色フリンジに変更した……という解釈でOKですかね。Retinaディスプレイならこれで十分だが、非Retinaだと見にくく感じる場合がある、とのこと。本件はなんとなく聞き覚えがあるようなないような、今年のWWDCキーノートで言っていましたっけ?

ともかく、High Sierra以前のアンチエイリアス処理に戻す方法を『macOS Mojaveで非Retinaモニタのフォントが汚い件の解決策 - はてな村定点観測所』が紹介してくださっています、ありがたや〜。さっそく適用してみました。

画像

左がMojave標準、右が上記コマンドを実行した結果の200%表示↑ 緩いグラデーションになっているタイトルバー上の「システム環境設定」にはカラーのフリンジが付きました。背景がグレー単色の「Mission Control」や「言語と地域」はカラーフリンジの影響が無いはずですけれど、処理が異なっている様子がうかがえますね。

以上、MacBook Airなど内蔵ディスプレイが非RetinaのMacや、一般的な解像度の外付けディスプレイを使っている場合は旧アンチエイリアス処理に戻すのがオススメです。




4Kディスプレイを完全なRetina表示で使うなら、小型のほうがいいと思います。

関連記事 関連記事:

期待していなかったMojaveの「ダークモード」、UI文字の見やすさが向上。サードパーティの対応が肝 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2018/10/04)

SierraのMac miniを「macOS Mojave」にアップグレード。MASのUIに面食らう パワーリンゴ/ウェブリブログ(2018/09/26)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
SierraのMac miniを「macOS Mojave」にアップグレード。MASのUIに面食らう
「勇猛果敢」以外の表現はお断りするとして、メインのMac mini(Late 2014)に「macOS Mojave」を入れましたよっ。 ...続きを見る
パワーリンゴ
2018/09/27 10:05
期待していなかったMojaveの「ダークモード」、UI文字の見やすさが向上。サードパーティの対応が肝
macOS Mojaveで注目していた新機能のうち、極私的環境のせいで致命的に使えないものがいくつか発生して残念至極のトビです。その件は後回しするとして、あまり期待していなかった「ダークモード」が存外悪くないことに気づきました。 ...続きを見る
パワーリンゴ
2018/10/04 10:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
非RetinaのMacでMojaveのフォントが見辛い。コマンド1行で旧アンチエイリアス処理に戻す。 パワーリンゴ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる