218万円が7万円……18K Apple Watch Editionの末路に戦慄。

当時はEditionの整備済製品の心配までしてやったというのに、想像を絶するえげつない末路じゃないですか。『初代Apple Watchの18金版 218万円から97%引きの7万円で販売 - ライブドアニュース』ということで、スパルタカスなど屁でもない記録を打ち立ててくれました。

「もし自分が定価で買ったオーナーだとしたら」な〜んて想像することさえ困難な次元の商品ですが、それでも底知れぬ恐怖を覚えますよ。今さら蒸し返したところで仕方がないものの、せっかく1チップのS系プロセッサを搭載しておきながら、一度のアップグレードサービスも提供されることなく終わったのが惜しまれます。

そういったことを含めて、Appleですら陳腐化の早い最先端デバイスに長期的付加価値を与えられなかった点が一番残念ですかねぇ〜。なにせ、7万円で買えた人に嫉妬する方も少ない気ががが……。




サードパーティからたくさん出てきた安価なバンドは、Apple Watchの価値を損ねるどころかむしろ上げているように思います。

関連記事 関連記事:

アップグレードキット再来? Apple Watch Editionの整備済がどうなるかも気になる。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2015/03/09)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック