一時しのぎのはずが…ThinkPad X60の後釜に第3世代のCore i5。

ずいぶん前に手に入れたものの紹介するタイミングを逸したというか、それこそ当サイトがパワーウインドウズになりかねないほどWindows関連記事を投稿していた時期ゆえ、今になってしまいましたとさ。

限界をはるかに突破し、愛着を通り越して腐れ縁の付き合いとなっていたThinkPad X60、その後継機をお迎えしました。

画像

選んだのは、昨年末より放出され始めた中古の「ThinkPad X230↑ 正確にはRefreshed PCってヤツで、他のメーカーだとRefurbished PCの表記が多いでしょうか。購入額は約3万円。届いた外箱がまさかのIBMでびっくり。コンシューマ事業から完全に撤退したのかと思いきや、妙な業務だけ残しているようです。そのためLenovoで製品登録しようとしてもできないという罠が……。

画像

底面には、Windows 10のRefurbished専用スクラッチ付きライセンスシールが貼られています↑ リファービッシュのOSってこんな仕組みになっているんですね。Macユーザなら整備済製品を思い浮かべるでしょうけれど、Windows PCの場合は使い込まれて外装がボロボロのもの(機能面はいちおうチェックされているはず)も普通に存在するため、ほぼ新品に近い前者とは別物といえます。

画像

また、ニュースサイトの広告よろしく筐体のあちこちに貼り付けられた目障りなステッカーは現在全て剥がしております↑

スペックを簡単に述べますと、Core i5 3320M 2.6GHz(第3世代 IvyBridge)・8GB RAM・128GB SSD・12.5型1,366x768 TN液晶・USB3.0搭載。2012年発売ですからすでに5年落ちとなるものの、X60より6年も新しいマシンなんですよネっ。おかげで比較にならない速さです。

*****

なお紹介が遅れに遅れたのは、ごく短期間の一時しのぎ用として導入し、ちゃんとした後継機を決めた時点で売却する予定を立てていたことが最大の理由。ところが、その「ちゃんとした後継機」の当てが外れたうえ、X230も予想以上にいいマシンじゃないかと満足してしまったわけですね。ま、ある意味トビの平常運行ともいえます。

いずれにせよ、もともとThinkPad Xシリーズの中でも地味な存在ですし、今となっては全く面白味のないチョイスなので大規模なレビューは割愛ということでどうかひとつ。


SanDisk SSD PLUS 240GB [国内正規品]メーカー3年保証付 SDSSDA-240G-J26
サンディスク
2016-06-09

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by SanDisk SSD PLUS 240GB [国内正規品]メーカー3年保証付 SDSSDA-240G-J26 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


容量や性能はともかく、SSDの高い時期に標準搭載されている点がありがたいですね。

関連記事 関連記事:

X230を選んだ理由。ThinkPadであるということと、それから…結局はタイミング。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2017/08/31)

ThinkPad X60に「Win10 Creators Update」を適用。グラフィックが…。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2017/04/09)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック