うれしいような……「macOS High Sierra」の動作対象機種はSierraと同じ。

Appleのネーミングセンスには毎度驚かされるトビフシコです。WWDC 2017基調講演で珍しく大量の新製品発表が行われましたが、じっくり記事を書く余裕がないのでひとつだけ。

画像

macOS High Sierra」の動作対象機種がSierraと同じ、すなわち私のMacBook Air(Late 2010)もアップグレード対象に含まれるではないですかっ↑ Yosemiteあたりからパフォーマンスは相当厳しくなっているものの、単純に延命されるのは喜ばしいことですヨ。でもホント……ぬか喜びできるレベルじゃないですからねぇ。

加えて、MacBook(Late 2009)だけは引き続き腑に落ちません。




キーノートのアニメーションでは特に標高の高い部分を指しているように見えますが、ウィキペディアによるとシエラネバダ山脈自体がハイシエラとも呼ばれるそうな。ま、ここは現地人のほうが確かでしょう。そもそも学校ではシェラネバダ山脈と教わったので、未だにシエラ表記がすんなりと入ってきませんね。

関連記事 関連記事:

MacBook Air(Late 2010)は「macOS 10.14 Mojave」の動作対象外に パワーリンゴ/ウェブリブログ(2018/06/05)

Late 2010のMacBook AirをSierraにアップグレード。索引作成やら大失態やら。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2017/05/22)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ねもねも
2017年06月07日 10:07
売りのハズのHEVC(H.265)対応もCore i機種のみです。
(再生側はそんなに重い処理ではないのですが。)
2017年06月07日 14:48
ねもねもさんこんにちは。

動画圧縮についてはよくわからないのですが、4K HEVCだとSkylake以降と大変厳しいようですね。

私のMacBook Airなんぞ、恩恵にあずかることができるのはAPFSくらいじゃないでしょうか、ナハハハ。

この記事へのトラックバック