禁断の入力デバイス? 無線トラックボール「Logicool M570t」を使い始める。

現在、Mac miniの環境をいろいろ見直しているトビフシコです。まぁ冬仕様に変えたいだけですが、どうせなら一年を通して使えるものをと検討しています。
画像

その一環として、ずっと試したかったLogicoolのトラックボール「M570tを入手しました↑ Amazonだと、誰でも利用できるクーポンを使えば4,000円ちょいで買うことができますね。でも、だいぶ値下がりしたとはいえ、まだ3,500円前後で販売されていた数年前、悩んだ末に見送った過去があるもんで微妙なところです。
画像

トラックボールは、その図体のでかさが難点でしょう↑ 手の小さい私にとって、なかなか購入に踏み切れなかったポイントのひとつですヨ。とりあえず即席のパームレストをくっつけておりますが、その話はまた後ほど。

正直に白状しますと、トラックボールはこれまで店頭で遊ぶ程度しか触ったことがなく、絶望的に使いにくかったらどーしようとビビりまくっておりました。ファーストインプレッションとしましては……なんのことはない、普通に扱える入力装置でした。少なくともThinkPadのトラックポイントを初めて触ったときよりは違和感がありません。ただし、中途半端にマウスと似ているせいで本体ごと動かそうとついつい手が反応してしまい、苦笑する始末。

そんなトラックボールを今ごろになって使う気になった理由ですが、いくつかある中でMagic Mouseのへたりが挙げられます。ソールの摩滅が進行して、電池ブタのロックパーツまで減り始めたんですヨ。こいつの擦れる感覚がたびたび伝わってきてどうにも不快。ソールの減り分を足すカタチで滑り材を試しているものの、未だ納得のいく出来栄えに至りません。厄介なことにマウスの前と後ろで減り方が大きく違うんですよねぇ。ワイヤレス Mighty Mouseなら可能だった電池ブタに直接貼るワザも、ぺらぺらグラグラの脆弱なアルミ製となっては安定性が皆無なのです。

で、少ないとはいえ選択肢のあるトラックボール製品からM570tを選んだ経緯などなど、今後お話していく予定です。いずれにせよ、高くなって内蔵バッテリー化した現行Magic Mouseは買いづらいですねぇ。


LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t
ロジクール
2013-08-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


当該ページのクーポンに関する情報をよくご確認くださいませ。

関連記事 関連記事:

親指トラックボールの最上位「MX ERGO」発表となっ。待望のチルト+BT。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2017/09/08)

10%オフの誘惑……キングオブ禁断のデバイスこと「ExpertMouse 7 ワイヤレス」を購入。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2017/03/31)

Logicool M570tを使って3ヶ月あまり。トラックボールのメリット・デメリットを列挙。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2017/03/02)

USBレシーバー使用の入力装置とUSB-CオンリーMacの憂鬱。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2016/11/30)

Logicoolのトラックボール「M570t」を選んだ理由。未知への一歩は定番品で。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2016/11/12)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ねもねも
2016年11月11日 11:17
某パ○サポのエアパッド●ールぐらいですかね
もっともこれはすり減る前に継ぎ足して貼るタイプなので
磨り減り具合によっては元のソールを引っぺがして
プラ板で下駄を作る必要があるかもですが。
あとは100均かホムセンのトスベールが(^^;
2016年11月11日 17:23
ねもねもさんこんにちは。

まさしく、ねもねもさんと同じ思考経路をたどりました、ナハハハっ。

パワサポの製品は使用前に貼るタイプですし、いかんせんお値段が……。ただ、私のMagic Mouseは最初期型のはずなのでトラッキングセンサーの問題が比較的起こりづらい点は有利かもしれません。

で、ずばりトスベールではないものの、100円ショップの滑り材を切った張ったして試行錯誤しているところです。トラックボールを買ったとはいえ、ベジェ曲線はマウス以外で引ける気がしないので、Magic Mouseにはまだまだ頑張ってもらうつもりです、ハイ。

この記事へのトラックバック