「hello again」の裏でひっそり終了。名機MacBook Air 11インチよありがとう。

「hello again」スペシャルイベントでは全く触れられませんでしたが、ついにMacBook Air 11インチが現行ラインナップから姿を消しました。えぇ、触れなかったからといってフィル・シラーを逆恨みするほど器の小さい人間じゃありませんよ。なに? わざわざ断りの文章を入れるところがどうですって?
画像

13インチAirや13・15インチMacBook Pro Retina 2015年モデルは継続販売されており、実質的に11インチAirのみが販売終了ということですね。そうそう、不死身の光学ドライブ搭載MacBook Pro(Mid 2012)も消えました

トビとしては、現在に至るまでIntel Mac随一のポータブルと確信してきただけに返す返すも残念。ただ、MacBook Retina 12インチの登場によってラインナップの整理に入ることは十分予測できましたから、今までどうもありがとうと感謝の言葉で終えませう。

画像
下はMacBook黒 13インチ↑


むろん、販売終了になったからといってユーザの手にあるマシンが使えなくなるわけではありませんし、ね。私の初代Late 2010もEl Capitanでまだ頑張れそうです。いや……正直いってかなり厳しいものの、Windows 10を入れたThinkPad X60に比べれば十分マシじゃないかと……えぇ、ユーザが遅い環境に適応さえすれば全てがハッピーなのです(やけくそ)。

乗り換え先が相当悩ましい問題になったことは否定しません。コストパフォーマンスを考えると、MacBook Retina 12インチのパワーはちょっとねぇ〜。13インチ以上なら選び放題(相変わらずラインナップがおかしいよ!)ですけれど、11インチに慣れきった手前どうしてもクラス違いの感が強いですね。12インチの基礎体力が上がることを祈るばかり……。


Mac Fan 2016年12月号
マイナビ出版
2016-10-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Mac Fan 2016年12月号 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


Late 2010のMacBook AirをSierraにアップグレードするのはしばらく先かなぁ。

関連記事 関連記事:

新MacBook Proの「Touch Bar」に戸惑う。今後のモデルチェンジでサイズアップするか… パワーリンゴ/ウェブリブログ(2016/10/30)

3度目の「Hello」。10月27日にApple Special Event開催とな。新型Macか? パワーリンゴ/ウェブリブログ(2016/10/20)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

shigechan
2016年10月30日 18:09
今日は。

無くなりましたね~、大方の予想通りMacBook Pro新型発表があり、12inchの立ち位置が不明です。まあ明るいニュースと言えば新型MacBook ProのSSDがリムーバブルだと判明したこと位でしょうか。
そう言えばAppleは外部モニターから撤退したそうです。それにしてもインターフェイスがThunderbolt3/USB-Cになっちゃうし、なかなか変化が急ですね。
2016年10月30日 21:31
shigechanさんこんにちは。

ウルトラモバイル機として唯一の存在となった12インチですが、やはり性能と価格のバランスが微妙ですねぇ。だからといって無理にCore iを搭載しても、通常クロックでの動作がほとんどできないのであれば意味がありませんし、うーむ。

Touch Bar非搭載のMacBook Proは一応SSDが取り外せるようですね。Touch Bar搭載機も同じ仕様が期待できます。

イベントにてLGがどーたらと言っていたのはそういうことでしたか。個人的にはApple純正のディスプレイにさほどこだわりがなかったので、低価格化の著しい分野だけにもっと早く撤退してもよかったかなぁと思いますね。
shigechan
2016年10月31日 12:35
ドモドモ😄

今回のイベントはまともに聞き通した覚えが無く、LGに関する実感がありません😅
来たる定年に備えゴチャゴチャしている機材の整理でもしようと思い、AirにmSATA-SSDを内蔵するべく準備中です。従兄弟のところへ渡そうかと考え中で、素人様に128GBは少なくて、使いにくいだろうと思った次第です😄
2016年10月31日 17:08
shigechanさんどうもです。

私もmSATA-SSD変換アダプタが気になっています、ナハハハ。非常に魅力的な値段ではあるものの、十分な速度が出るのか、特別な作法なく認識するのか、そもそも製品の組み合わせによって11インチの筐体に収まるのかと不安要素もたくさんで…。
shigechan
2016年10月31日 21:10
今晩は。読み書き速度:540MB/s 380MB/sとしか出ていませんね。特段遅くは無いと思いますし、何と言っても今回は容量勝負です。
あとアダプターはAir 2011に使えたとレビューが入っていたので、信じました!
2016年10月31日 23:16
shigechanさんどうもです。

やはり容量優先ですかねぇ。変換アダプタといっても基板上にチップが載っているように見えず、もともとSATAですからピン配置を変えるだけで済むのかもしれません。

アダプタに取り付けるSSDが両面実装のものも大丈夫なのか、そのへんが気になっています。
shigechan
2016年11月02日 00:17
お早うございます😄

両面実装品が行けるかどうかはまったく、気にしていませんでした😅 そもそもSSDを帯防袋から出しておらず、観察不十分です。今更使えなかったら相当ショックですね😱
2016年11月02日 09:29
shigechanさんどうもです。

おっと、もう購入されたのですか!是非是非、レビューのほどをお願い申し上げます~。

私がAmazonで見ている製品と同じタイプだとすると、おそらくオンボードRAMとの接触は避けられると思います。純正品はそのためにRAM側を実装しないようにしていますので。

ゆえに、底面カバーを閉めることができるかどうかが鍵ですね。極端な話、僅かなカバーの変形を許せるのなら強引に閉められないこともない……かも。純正状態でSSDと底面カバーにどの程度のクリアランスが残っているのかも同時にわかる興味深い挑戦ではあります。
shigechan
2016年11月02日 09:41
ギョエー、だんだん期待と不安が高まって参りました😅 見ている奴ってどれでしょう⁉ サムスンの512GB でしょうか?
2016年11月02日 13:01
shigechanさんどうもです。すんませんすんません、変に煽ってしまいまして。

SSDではなく変換アダプタのほうで、

https://www.amazon.co.jp/dp/B01DGZH3KK

この形状ならSSD直下のRAMチップと接触することはないだろうと判断しました。しかし、レビューを見ると他の変換アダプタで干渉したとの記述があり、どのような形状か不明ながら、そんなアダプタも存在するのだな、と知ったわけです。

で、底面カバー側はもうSSDの厚み次第なので未知数ですねぇ。ただ、同じくレビューの成功例では、この点について全く触れられていないところを見ると、案外余裕があるのかもしれません。
shigechan
2016年11月02日 14:28
ドモドモ😄 私がゲットしたのは、下の奴です。
Samsung PM851シリーズ SSD mSATA SATAIII 6Gb/s 512GB MZMTE512HMHP バルク
どっちが表だか裏だか、定かでは無い😅
2016年11月02日 20:53
shigechanさんどうもです。

この製品はm.2じゃなく正真正銘のmSATAなんですね、なるほど。AmazonのページにあるスペックシートではMAX 3.85mmとなっています。mSATAをMacBook Air用に変換するアダプタをちょっと探せていないのですが、アダプタと本品の具合によっても変わると思いますし、やはり実際に試すのみでしょうか。
shigechan
2016年11月02日 23:15
今晩は。

mSATAのアダプターは、mSATA SSD → MACBOOK PRO Retina A1398 A1425 アダプターです。レビューにはAir2010、2011の両方ともOKとあったので信じましたよ😀

もう一つはM.2 NGFF 2280 SATA SSD → APPLE 2011 2010 Macbook air A1369 A1370 MC965 MC966 MC968 MC969 64G 512G SSD 変換アダプターです。

M.2 NGFFのSSDは大きな容量が見付からずmSATAに転びましたけど、アダプターだけM.2 NGFF用を買っていたというおまけ付きで😅、慌ててmSATAアダプターを追加購入しました。良く見直したら512GBがありましたかね~。異常に熱いと書いてあったようで、それを嫌って止めたかも・・・。記憶があやふやです。
2016年11月03日 10:09
shigechanさんどうもです。

これはSSDの下に板1枚が入るカタチなんですね。厚みがかなり厳しそうですが、おっしゃるようにレビューでも装着できた事例が複数あるので大丈夫なのでしょう。

となると、底面カバー側のクリアランスにわりと余裕があるのか、カバーの柔軟性に助けられるのかもしれませんね。私も何度かバラしましたが、底面カバーの薄っぺらいアルミなら案外いけるのかもなぁと……。
shigechan
2016年11月03日 13:26
今日は。

ガーン😂 mSATAのアダプターは、mSATA SSD → MACBOOK PRO Retina A1398 A1425 アダプターです。レビューにはAir2010、2011の両方ともOKとあった・・・これはAir本体とは合わなかったです。

結局mSATA → 2010,2011Airへ合わせるアダプターは無いんですね。いささかドツボです。
2016年11月03日 19:13
shigechanさんどうもです。

ダメでしたか~残念。MacBookシリーズのSSD接続規格の変遷は本当にややこしいですからねぇ。初めから普通のmSATA端子にしておいてくれれば……と今更ながら痛感します。

でも、m.2アダプタのほうが活きるのはまだ幸いだったかもしれませんね。
shigechan
2016年11月03日 23:48
ホントにドツボですよ。

破れかぶれで別のアダプターを注文しました。上手く行けば良いですが😅
2016年11月04日 10:22
別のアダプタですかっ。今度こそ成功されることを祈っております。
shigechan
2016年11月10日 12:41
ドモドモ😄

取り急ぎm-SATA SSDはケースを買って活用を始めました。しかし、あの小さなSSDは劇的に発熱が多いですね~、ビックリしましたよ😱 室温が下がり始めた今の時期であんなに熱いと夏は越せないと確信しましたよ。楽天ブログへアマゾン購入品の事を詳しく書き辛いので、"画像を見てね、宜しく"的な紹介になっています😅
次はAirですが270GB SSDを入手済みです。
2016年11月10日 21:13
shigechanさんこんにちは。記事を拝見しましたよー。

そんなに熱くなるのですかぁ……M.2タイプも発熱がちょっと心配ですねぇ。そう考えると、純正SSDの発熱はかなり抑えられているということでしょうか。稼働中に裏ブタのSSD付近を触っても熱く感じたことがないので、ああ見えて(失礼な!)熱設計もしっかりなされていたのかどうか……。
shigechan
2016年11月11日 00:18
お早うございます😄

AirのSSDと裏蓋の間は結構隙間があるので、筐体へ直接熱伝導していないと思います。スピードもm-SATAより遅い⁉ならば発熱も少な目かと。
先ほどm-SATA SSDへライブラリを上書きしたところ、放熱介助無しよりは筐体全体へ発熱が拡散したかのように思えますが😅 希望的観測かも。基板と筐体スリットとの密着度が上がったのは確実だと思います。

何だかAirにも放熱介助が必要に思えて来ました😅
shigechan
2016年11月11日 08:27
お早うございます😄 カキコが入っていなかったかもしれない。

純正のSSDはスピードが速くない?分、発熱が少ないかもしれません。底蓋とは相当の余裕があるので、筐体直接熱伝導にはならないと思います。粘着性の放熱シートを併用しないとダメ⁉ 等と皮算用中ですが、それはそれでまたお金が💴・・・。
2016年11月11日 09:59
shigechanさんこんにちは。スパムメール対策の承認制ゆえ、反映に時間のかかる場合が多くてすみません。一度投稿いただければ大丈夫です(のはずです)。

裏ブタまでの空隙が影響しているのでしょうね。さすがに裏ブタを外したまま起動して触って確かめるのもちょっと勇気がいるなぁと想像したり……ナハハっ。

そうそう、今となっては低速な部類に入るSSDゆえの低発熱もありえますね。ただ、私が換装しようか悩んでいるのもまさにこのへんです。発熱のことは忘れていたというか、気にもしていなかったものの、電力消費が上がってバッテリー駆動時間に影響が出たら困るなぁと。

まあ、なんらかの放熱対策をするに越したことはないですからね。うまくいくことを祈っております!

この記事へのトラックバック