とりあえずMac miniのHDDとSSDを入れ替えてFusion Drive再構成を実施。

512GB SSDぃ〜などと世迷言を抜かしつつ、Mac mini(Late 2014)の内部構造チェックを兼ねて、自作Fusion Driveを構成するドライブの入れ替えを決行しました。ひとまず超特急で作業を振り返りますね。

作業は全てiFixitのガイドを参照。毎度毎度ありがたや〜。

腐ってもデスクトップ、ポータブルよりは余裕ある造りになっていて、迷う点は特にありませんでした。けれど、少なからず苦労した箇所がひとつ・・・

画像

背面のI/Oポートカバーと一体になったロジックボードの引き出しです↑ ガイドのとおり、指定の穴に太い針金(カーテンフック2本で代用)を差し込み、テコの原理で引き出す構造になっています。こいつがもう、固いのなんのって! 初分解なのを差っ引いても、組み付け手違いでどこかが噛んでいるんじゃないかと勘ぐったレベル。

画像

ままよとばかりに針金を引き倒して、ようやく外れました。特にSDXCカードスロット側が固く、次回の分解を踏まえてプラと金属のツメを少し内側に曲げておきました↑

画像

内蔵されていた2.5インチ1TB HDD↑ 予想どおりHGST製ですね。日立ドライブを妄信的に愛する私としては嬉しいものの、馴染み深いTravelstarのブランド名は見当たらず。

画像

USB接続外付けケースに入れていたSanDiskのSSDを内蔵トレイにマウントし、HDDを外付けケースに挿入します↑ これにて内蔵と外付けの入れ替えが完了。どーでもいいですが、今や両者ともWestern Digital傘下なのですね。

*****

驚いたのは組み立て後。物理的にドライブを入れ替えたのだから、初期化してFusion Driveの再構成を行う必要があるだろうと覚悟しつつ、でも興味本位でそのまま電源を投入したところ・・・普通に起ち上がってしまいましたヨっ。

画像

システム情報やディスクユーティリティで確認しても、Fusion Driveとして機能している模様。つまり、物理的なインターフェースが入れ替わる程度ならFusion Driveの構成は維持されるようですね。ついでに、内蔵したSSDはTRIMが効いています↑

加えて、体感速度も明らかに向上しました。前でも十分速く感じたというのに、低く見積もってもその3割増し。いやはや、HDDオンリーからステップアップを繰り返すのは非効率だと思いつつも・・・楽しいもんです、ハイ。


Transcend SSD 512GB 2.5インチ SATA3 6Gb/s MLC採用 3年保証 TS512GSSD370S
トランセンド・ジャパン
2015-04-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Transcend SSD 512GB 2.5インチ SATA3 6Gb/s MLC採用 3年保証 TS512GSSD370S の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この安さの前では、過去の因縁も無かったことにしたい・・・。

関連記事 関連記事:

Mac mini(Late 2014)をEl CapitanへUG、Split Viewに感動。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2015/11/20)

64GBと128GBと500GBと1TBの狭間で・・・Mac miniの換装はいつになるやら。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2015/11/06)

Mac mini(Late 2014)購入から1年。ポートの空きは2つを残すのみ。例の入れ替えは…。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2015/10/28)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

shigechan
2015年11月10日 08:19
お早う御座います😊
miniの分解は大変なんですね。サードパーティのSSDにtrimが効くようになったのは、El Capitanからでしたっけ?
私はねもねもさんに教えて貰った方法でYosemiteからtrimを有効にしました😊
ねもねも
2015年11月10日 13:51
>ついでに、内蔵したSSDはTRIMが効いています
なんか前にコマンドでオンにしてませんでしたっけ?
2015年11月10日 21:43
shigechanさん、ねもねもさんこんにちは。

ちょっと手こずりましたが、それでもずいぶんと考えられた構造になっていまして、分解NGが惜しいくらいです、ナハハハ。

そうそう、ねもねもさんのおっしゃるように、前にYosemiteでTRIMを有効にした設定が反映されたようですね。今週中にはMac miniをEl Capitanへアップグレードできると思います。
shigechan
2015年11月13日 16:07
トビさん、今日は😄 こちらはすっかり曇っていますが、そちらは如何ですか?

本件と話が変わりますが、MacPro用の交換CPU:Intel Zeon E5 2690 V2が届きました😊
届いたのは良いのですが、万一手違いがあると取り返しのつかない損害になるので、緊張します。今のところ、正月休みに対応予定ですが😅
2015年11月13日 22:52
shigechanこんにちは。今日は一日降ったり止んだりややこしい天気でした。

す、すごい・・・10コアですかっ。もうどんだけ速いんだか、想像すら及びません、ヒェ~。

そのパワーを活かせる作業で私が思いつくのは、3D CGアニメーションを無駄にフルHDでレンダリングするくらいですかねぇ。ともあれ、無事換装されることをお祈りします! まあ、shigechanさんならわりと余裕だと思いますが、ナハハハ。
shigechan
2015年11月15日 00:08
今晩は。ハイ、物好きです😅

ホントですよね~(まるで他人事)。今入っているのはE5 1650 v2 6コア 3.5GHzです。当然充分に速いんですが、Intelのスペックシーートを見ると3次キャッシュの容量が違うとか、CPUのベンチマークは段違いだとかはありますね。

eBayを見ていて圧倒的な取引実績のある出品者がE5 2690 v2を出していて、3週間ほど眺めていたんですよ。今日は思い切ってポチっちゃおうかなぁと見に行ったら、出品が取り下げされていて😱

今一歩思いきれずにほぞを噛むというよくあるパターンです。で、別の出品者さんの取引実績などを見て、行ってしまったという衝動買い?です。
ねもねもさんから早く動作チェックした方が良いと言われているんですが、慌てると失敗しそうで怖いです😖
2015年11月16日 10:39
shigechanさんこんにちは。

6コア 3.5GHzとの比較でも段違いですか・・・もう、ついていけません、ナハハハ。それでも、愛機のスピードアップにこそ意義があるのだっ、とのお気持ちは大変共感できますよ! むしろ、さほど速さを求めなくなってしまった自分につまらなさを感じるくらいで、オイオイオイ。

あー、でもそういった経緯でしたら、ねもねもさんのおっしゃるようにちょっと早めに動作確認だけは済ませられたほうがいいかもしれませんね。
shigechan
2015年11月16日 11:39
トビさん、今日は😄

出来れば早く確認したいのはヤマヤマですが、帰宅してからバラし、換装、動作確認までは出来ないっす😅
自作パソコンのCPU動作確認と、不良時の対応ってどんな感じなんですかね~。身の周りはMacユーザーばかりで、聴きようが無い😅
2015年11月17日 09:12
shigechanさんこんにちは。

さすがにCPU交換はMac Proでも結構時間がかかりますかねー。私もPCを作ったことがないため、CPUの動作確認方法はちょっとわかりません。自作PCを一度はやりたいと思いつつも、作ったDOS/Vマシンを使うあてが無いために踏み切れず・・・。

PowerBookやPower Macのドータカードやロジックボードなどを換装したり2個1したりは何度も経験しているんですけれど、ナハハハ。
shigechan
2015年11月17日 18:49
今晩は。
ドーターカードの頃は楽でしたねぇ😄 MacProは整然としているものの、ほぼ最後までのバラシになるので緊張感がハンパじゃないです😅
2015年11月18日 08:55
shigechanさんどうもです。

そうそう、ドータカード形式は簡単なものでした。CPU単体のソケット換装そのものも滅茶苦茶難しいわけではありませんが、いかんせんMacユーザの場合は場数が足りないのが普通だと思います。

特に放熱板周りのグリスアップや密着のさせ具合など、自作PC派の中で多くの流儀がある始末ですからね。あのへんは半ば宗教のように思えるレベルですが、ナハハハ。

また、おっしゃるようにMac Proでもユーザが積極的にバラせる構成とは言い難いのが現状でしょうねぇ。この方針ばかりは、今後より厳しくなっても緩くなる可能性が限りなく低くて無念・・・。
shigechan
2015年11月18日 09:27
お早う御座います😊 凄い濃霧で蒸してますね。
放熱介助用グリスの塗り方とか延ばし方? クレープ屋さんは上手かも😅

私が手掛けたのはドーターカード上のPPC604emを3.0GHzから3.5GHzへクロックアップした位です。圧倒的に経験不足ですよ😱
2015年11月19日 09:04
shigechanさんこんにちは。

グリスの塗布はMacで何度かやっていますけれど、個人的にはヘラでできるだけ薄く全面に塗るのがベストかなぁと思いました。中央に玉のように持って圧着する方法だと、放熱板とCPUダイの平滑性が悪い(PowerBook G4がそうでした)場合は到底均一とはいえない塗りになってしまい失敗。過不足なく塗布するのは難しいですねぇ。

私もDOS/V機で一度だけCPU交換しただけでして、後はドータカード交換ばかり・・・でも、shigechanさんなら大丈夫、余裕です。保証します(何を根拠に!?)。
shigechan
2015年11月23日 23:56
今晩は。

無事にCPU換装を終了しました😃ホッとしましたよ。バラしたついでにファンなどに付着したほこりを吹き飛ばしました。CPUが接触するヒートシンク面はCuでした。
ヒートシンク全体がCuだとは考えにくいので、一部分だけCuを埋めて熱拡散を良くしているんでしょう。

内部電源からはコードではなく、バー!から電流が供給されます。第電流を供給できるし、ワイヤハーネスが出てこないので外観上もスマートですね。バーの接触部分をごく少量のケイグ赤で磨いておきました😃

とにかく良かったです。
shigechan
2015年11月24日 08:23
お早う御座います😊
大電流の間違いです😅 変換結果を確認しないほうが悪いんですが、学習しているのかなぁ? 私も懲りない変換ミスを学習しなくちゃいけませんが😅
2015年11月24日 09:02
shigechanさんこんにちは。

記事を拝見しましたよっ。おめでとうございます! お見事ですねー。またそちらへ伺ってコメントしますです~。
shigechan
2015年11月24日 12:42
ドモドモ😄 お立ち寄り有難う御座いました。

猫に小判、豚に真珠ですね~。FinalCut Expressなんかもありますが、使用頻度が劇的に低いので使い方を忘れています😅
従兄弟のところのムービー編集でもしてやりますかね~。

しかし、あの内部構造は工業製品の中の芸術です。改めて見てビックリしました😊
2015年11月24日 19:50
shigechanさんどうもです。いえいえこちらこそ毎度ありがとうございます。

いやいや、マシンのパワーアップは換装作業そのものに意義があるのですっ、ナハハハ。でもホント、私も自作PC華やかなりし頃は少なからずDOS/V機に嫉妬しましたし、パソコンをいじくる楽しさは今でも変わりません。

>しかし、あの内部構造は工業製品の中の芸術です。

私もムービーを見て驚きました。もうAppleの情熱というか執念というか・・・MoMA収蔵の折には、ある程度分解した状態で陳列すべきじゃないかと思います、マジで。

この記事へのトラックバック