せっかくなのでMacの「写真」Appを使い始める。まずはiOSとの同期用に。

これまで写真データは全てApertureに一本化することで管理の煩わしさから逃れてきたトビフシコです。ただし、一つの系統・・・iOSデバイス上の写真を除いて

再三述べてきたように、iPhoneのカメラはもっぱらメモ撮り専用なんですヨ。メモ写真はApertureへ読み込まず、Evernoteに放り込んでお終いというパターンゆえ・・・

iPhoneで撮影 → Dropboxへ入れる → MacのEvernoteに放り込んで体裁を整える

と、なかなか面倒な工程を踏んでいました。iPhone版Evernoteを直接使わないのは、編集作業がもどかしく感じてしまうから。

そこで、Dropboxを介した画像の受け渡しまでを「iCloud フォトライブラリ」で自動化しようと考えた次第です。Evernoteに放り込めば元画像を削除してもかまいませんから、ストレージ容量も多くを必要としません。

画像

同期用なので、正直なところ「写真」Appの使い勝手はどーでもいいですね。けれど、iCloud フォトライブラリについてはビデオまで同期対象となる点が大いに不満。フォトライブラリを名乗るんならフォトだけにしろよっ、と。

*****

まだ使い始めて1日ですが、当面の目的には素晴らしく合致しますねー。iOSのスクリーンショットも、撮るとすぐにMacへ入って快適至極。さらにDropbox内の整理整頓まではかどりました。ま、これまでが面倒すぎただけかもしれませんけれど。いまひとつ、フォトライブラリの同期システムにWindowsが入れないのはちょっぴり痛いかなぁ。


MacFan 2015年 07 月号
マイナビ
2015-05-29

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by MacFan 2015年 07 月号 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この写真はこのデバイスのみに置いておきたい・・・といった選択的余地がないのも欠点ですが、自動同期と相反するので致し方ありません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック