「写真」Appの参照イメージは一方通行で、iCloudフォトライブラリは参照イメージがNG。

まず訂正しなければなりません。写真(Photos)Appの記事を書くため、超・久しぶりにiPhotoを起動したところですね・・・

画像


環境設定 > 詳細 > 読み込み:項目を iPhoto ライブラリにコピー」なるチェックボックスがあるじゃないですか↑ これって、iPhotoも参照イメージを扱えるということですかね? いや、間違いなくそうですよね? 失礼しました~。iPhotoよ、いつからだよっ。

となると、写真Appの唯一の存在価値さえ消えてしまうことに。あぁ、なんてこったい。

*****

ま、まぁ気を取り直して、その参照イメージをもう少し詳しく見ていきます。

参照イメージを外部ストレージに保存した場合、その接続が切れた状態で写真Appを起動すると、

画像


元画像ファイルを納めたボリュームが見つからないよ、とのアラートが現れます↑ ここで重要なのが「オリジナルを検索」ボタン。Apertureの「参照ファイルを検索」と同等の機能であり、参照イメージの含まれたフォルダを移動したい場合に用いることができます。

*****

また、参照イメージ形態で運用してきたが、やはりオリジナルの画像ファイルを「Photos Library」へ統合したいと思えば、統合したい写真(場合によっては全て)を選んで「ファイル > 統合」と進みます↓

画像


写真ライブラリにオリジナルファイルを統合」が現れて「コピー」ボタンを押せば、「Photos Library」へ参照イメージが統合されます↓ Apertureでいうところの「管理されたイメージ」ですね。

画像


統合後は参照イメージ側の画像ファイルを削除してもかまいません。ヘルプによると、iCloud フォトライブラリ」を利用する際、参照イメージが自動アップロードから除外されてしまうため、統合が必要だそうな。

*****

問題はその逆、つまり「Photos Library」に含まれる「管理されたイメージ」ファイルを参照イメージ形態へ変えたい場合。Apertureなら「オリジナルの変更」で簡単にできますが(参照イメージの移動もこちらのほうが簡単)、残念ながら写真Appでは・・・たぶん無理っぽいのです。

ちなみに、iPhotoでは「iPhoto Library」内のオリジナル画像ファイルをFinderに表示する機能が備わっているんですねぇ、なかなか大したもんです。写真Appだとそれも無く、「Photos Library」パッケージを開いて探すほかありません(第1階層の「Masters」以下にあります)。もちろん、これだけ取り出しても写真Appでの編集パラメータやキーワード付けなどは追随しませんし、データベースが壊れると思うのでご注意ください。

*****

いまひとつ、コメントにて頂戴しました。ネットワーク越しのストレージに参照イメージを置くと「参照ファイルをFinderに表示」が機能しないとのこと。大量の写真をNASに保存している方も少なくないでしょうし、痛い仕様ですねぇ。

総じて、写真Appの参照イメージは「とりあえず備わっている」レベルですね。おそらくiPhotoと同等であり(すんませんねぇ~)、Apertureの自由度を期待してはいけません。ただ、限られた容量のiCloud フォトライブラリを活用するにあたって、参照イメージと「管理されたイメージ」を使い分ける手があるかも・・・試される方は自己責任でどうぞ~。


Adobe Photoshop Lightroom 6 日本語版 Windows/Macintosh版
アドビシステムズ
2015-04-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Adobe Photoshop Lightroom 6 日本語版 Windows/Macintosh版 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


いずれにせよApertureユーザはLightroomへ行くのが最短だと思います。

関連記事 関連記事:

今更だが「iPhoto」の参照イメージはバージョン6から対応。それ以前はライブラリがパッケージでない パワーリンゴ/ウェブリブログ(2015/04/27)

「写真(Photos)」Appを試す。参照イメージ、バージョンはOK。読み込み、キーワードは微妙。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2015/04/24)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ねもねも
2015年04月26日 14:10
iPhotoも写真(Photos)も、このチェックを外してもLibrary内にサムネイル(といっても横幅1024pixel)とフルサイズのJpegファイルが作られるんですよね。
まだiBooksと違ってホームフォルダから移動できるからいいんですが、5000枚ぐらい入れると18GBほどのファイルに(汗)
2015年04月26日 17:51
ねもねもさんこんにちは。

写真Appを見てみると、私の環境では1024pixelのものとより小さな(360pixel程度)サムネイルがありました。フルサイズのJPEGは無いですねぇ。

それでも参照イメージの入ったフォルダ180MBに対してPhotos Libraryが90MBと2倍・・・大したサイズです、ナハハハ。まあ、僅か20数枚のテスト環境ですから、1,000や1万の単位ならその差がもうちょっと開くと思います。
shigechan
2015年04月27日 08:43
お早うございます、暑いです(^^ゞ

リリース当初から曲がりなりにも写真を使っていた小生よりも早く、レビューを上げて下さり感謝です(^-^)/

Mastersと言うフォルダーの中味はオリジナルではない? あとウェブの画像を写真へ保存するを選択しても動作しませんね。外付けディスクへデータを保存しているからなのか原因は不明ですが、不便ですね(~_~;)
一度どこかへダウンロードすると保存可能です。
鬱陶しい・・・。
2015年04月27日 10:34
shigechanさんこんにちは。暑いですねぇ~。

いえいえ、私もテストばかりでまだ不明点だらけです。

参照イメージでなければ(つまり管理されたイメージであれば)、Mastersにはオリジナルの画像ファイルが納まりますね。

ウェブの件、私の環境では「イメージを"写真"に追加」を実行するとうまく動作します。ただし、こういった連携を使うと参照イメージ形式で運用していても「管理されたイメージ」へ強制的に入ってしまうのが難点でしょうか。
shigechan
2015年04月27日 20:04
(^^)/今晩は。

あ~、動作するんですね。やっぱり外付けディスクのせいか!
鬱陶しいことこの上ない。早く改良せよと私は言いたい。

写真アプリで補正したイメージをPhotoshopで読み出すことが
出来ないし、そこいら中が不便ですね。
ねもねも
2015年04月27日 23:15
項目をコピーしない設定ですが読み込み元がJpegの場合、Preview配下にオリジナルサイズのJpegが作られてます。
そして参照元のRAWフォルダをマウントしない状態でもフルサイズの画像が見られるのでどこかにJpegが作成されています。
ねもねも
2015年04月27日 23:39
追記
/resources/modelresources/配下にフルサイズJpegが作成されていました。
2015年04月28日 09:17
shigechanさんこんにちは。

iWorkしかりFCPXしかり、心機一転なApple製ソフトはゆっくりゆっくり進化する法らしいので気長に待つしかないですね、ナハハハ。外部ソフトとの連携も、おそらく時間が解決すると思います・・・思いたいです。

ねもねもさんこんにちは。

RAWの件はまさにフルサイズのJPEGが作成さていますねぇ~。RAWだと仕方がないのかもしれませんけれど、RAWで撮るカメラは普通、高解像度のモデルが多いですから、無視できないサイズとなってしまい痛いところです。

Preview配下の件は、私の環境ではほとんど入っていないのです。唯一、「ライブラリにコピー」した1枚のみ(「イメージを"写真"に追加」テストの画像)が残っていますねぇ。どういうときにPreview配下に作られるのか、ちょっと不明です。
shigechan
2015年04月28日 14:49
(^-^)/
各局、いつもお世話になります。

画像を一覧表示するとRAW データにはハートマークの透かし?が入る様ですが、観察不足かもしれません。

私は画像をアルバムへ振り分け直していますが、枚数が多くて難儀しています。ソフトの開発リソースがiOS に偏りすぎているとか(-_-;)
2015年04月28日 19:01
shigechanさんどうもです、こちらこそ~。

ハートマークといえば「お気に入り」のバッジでしょうか。RAWに限らず画像の上にマウスポインタが来ると、左上にチラッと表示されますね。

iPhotoからでしたら、イベント?が無くなったんでしたっけ。Apertureのプロジェクトもそうですが、分類の単位を勝手にやめられるのは辛いところですねぇ。
shigechan
2015年05月05日 10:44
お早うございます。
今日は涼しいですね、北風が吹いています。

私はいつの頃からかイベントをアルバム替わりに使っていたので、その分類が跡形もなく消え去りました(-.-#)
今は大人しくアルバムを作って分類していますよ。

人々をクリックすると登録した人物が一覧でグワっと出てきますね。ランチパックのシールで登場する剛力ちゃんや、小田原の友達犬コニーもちゃんと出てきました。
登録してあるんだから当たり前かも(^^ゞ
2015年05月05日 19:03
shigechanさんこんにちは。こちらも今日は涼しい風が吹いています。

おっと、イベントの分類が消えてしまいましたか。私の家族もイベントで分けているため、写真Appの移行時は覚悟せねばなりますまい、うーむ。

なるほどー、顔認識は意外な方面で役立つんですね。どうせなら、物の認識もやってくれるとありがたいんですが、ナハハハ。技術的に大変難しいわけでもないと思いますし。
shigechan
2015年05月06日 15:00
今日は。

もうね~、お覚悟召されよって感じですよ。スッキリさっぱり消えましたからねぇ。え~(>_<)、どこさ行ったベ~みたいな感じでショックでした・・・。

今のうちにアルバムへ仕分けなさることをお薦めします。マジです(^^ゞ
2015年05月06日 21:32
shigechanさんどうもです。

面倒なので先延ばししています、オヨヨヨ。

いや、本当に早くしたほうがいいんですけれど、iPhotoに慣れた家族に写真Appの基本的な使い方を教えることが面倒という・・・オイオイオイ。

ま、家族の使い方であれば写真Appのシンプルさが味方すると思いますし、Appleの狙う層に近いんでしょうね。

この記事へのトラックバック