83倍ズームの「COOLPIX P900」は1/2.3型で実焦点距離357mmとかもう・・・。

ブリッジカメラ、ネオ一眼、呼び方はなんでもいいですが、近ごろの人気再燃にビビるトビフシコです。コンデジは死んだといわれて久しく、間違ってはおりません。こやつらは単にレンズ一体型というだけで、ちっともコンパクトじゃありませんからネ。

画像

1/2.3型2,000万画素センサーよろしく、「COOLPIX P900」のような超・超高倍率ズームにもオーパーツ級テクノロジーを感じてしまいます。こんなんでよくもまあ、何が写っているかわかるような画像を生成できるもんだなぁ~と。

望遠端の35mm判換算2,000mmは実焦点距離357mmと、およそ1/2.3型センサー機らしからぬ数字が踊る始末。だって、私の貧しい機材の中でも最長を誇るAF-S DX 55-300mmを超えてますやん。

ま、他社の最新型ライバル機が備える20mm21mmという、これまた化け物じみた超広角端まではカバーしきれなかったようですけれど、今後も高倍率競争が続くならばあるいは・・・。




軽快に取り回せる2,000mmなら、月、鳥、鉄、飛の定番モノにとらわれることなく意表をつく写真を撮れそうな気がします、えぇ。

関連記事 関連記事:

素人感覚じゃ「フルサイズ5,000万画素」より「1/2.3型2,000万画素」に奇跡を感じてしまう。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2015/02/10)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

shigechan
2015年03月04日 11:44
どもども(^-^)/

2000mmは普通じゃありませんよ!
昔、新橋駅の近くにあったペンタックスのサービスセンターで1200mmを借りて見たことがありますけど、帝国ホテルの客室の蛍光灯が良く見えましたからね(^^ゞ
2015年03月04日 18:59
shigechanさんこんにちは。

ペンタックスの1,200mmですかっ・・・てよく存じないので調べると、デカいですねぇ~。やはり実焦点距離が1,200mmというのは別格です。シグマの通称マグロでしたっけ、アレも笑っちゃうサイズですし。

その1,200mmをPENTAX Qに付けたら・・・1/2.3の換算倍率を5.6とすれば6,720mmもの換算焦点距離に!
shigechan
2015年03月05日 12:57
(^-^)/

ハイ、色収差も良く補正され抜けの良いレンズでした! レンズにQを着けたら"カメラはどこだよ?"みたいになりますねぇ(^-^)v
2015年03月05日 16:25
shigechanさんどうもです。

いやホント、レンズのマウント側に小さな箱が引っ付いている具合ですね、ナハハハ。

長焦点で抜けがいいと、じつに気持ち良いでしょうねぇ。抜けの良さばかりは、高倍率コンデジが最も実現しづらい点なのかもしれません。
shigechan
2015年03月06日 09:41
一本で¥1,000,000超のレンズと比較しちゃいけませんが、もうひとこえ頑張って欲しいと思うことは多々あります(^^ゞあ
2015年03月06日 22:35
shigechanさんこんにちは。

まあ「とりあえず写ルンです」ってことでしょうか、ナハハハ。

この記事へのトラックバック