駆け込みで「SHURE SE215」のクリアを購入。通算3つ目のSHUREなのに・・・。

というわけで、値上げ前の必死のパッチで購入しましたよ、SE215のクリア。SHUREのラインナップではエントリーでも、トビにとっては永遠の「清水の舞台」級。しかもクリアは永遠の憧れ。ついでにダイヤモンドは永遠の輝き。

画像

SE115と同じ、縦長の紙パッケージ↑

画像

あいかわらず豪華絢爛な中身です↑ 内容の構成もSE115とほぼ同じ。

E2C → SE115と渡ってきて、「SHUREエントリーならお任せあれ」と調子に乗っとる私がバカでした。なんじゃこのケーブルは

形状を保つ針金が入ったことは事前に知っていたものの、これほど扱いにくいなんて・・・。SHURE掛けする際、メガネのツルと首筋の間にケーブルをキュッと差し込んで不動の安定感を得る必殺技(はぁ?)を体得した私には全く余計なギミックですよ。本ケーブル採用モデルが初SHUREの方は、相当面食らうのではないでしょうか。

さらに、誰が得をするのか理解に苦しむ162cmものケーブル長。常識的な長さのものが付属するスペシャルエディションがどうスペシャルなのか痛感する瞬間ですネっ。

せっかくなのでもう一つ言わせてもらうなら、クリアケーブル表面の肌触りが微妙。トランスルーセント全盛期のApple製マウスやキーボードに採用された被覆とよく似ており、将来必ずベタつきの発生するタイプに相違ありません。ま、イヤホンの場合は断線が先でベタつく心配までしなくてもOKですが、新品状態からヌルッとした感触はいただけません。

ともかく・・・ケーブルが交換できる仕様はいろいろな安心に繋がります。後釜の決まったSE115も思う存分使えますし、ね。




で、この短いケーブルは交換用に売ってくれやしまへんのか?

関連記事 関連記事:

SHUREのウレタン製「ソフト・フォーム」イヤチップがこっそり進化。メッシュが入っている。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2015/01/22)

長すぎる「SHURE SE215」のケーブルを巻き取るため、ダイソーのケーブルリールを試す。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2015/01/20)

SHUREが値上げだとっ。今年こそ、と考えていたSE215も1,820円は辛い・・・。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2015/01/17)

SHURE SE115レビュー、前編。ようやく購入。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2011/01/29)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ねもねも
2015年01月20日 19:01
MMCXケーブルなら大体使えるようなのでONKYO HCMX-FC120なら1.2mの長さですよ
2015年01月20日 20:08
ねもねもさんこんにちは。

まさにっ、コレを狙っております、ナハハハ。MMCXプラグの中でもリーズナブルですし、オンキヨーなのでひどく粗悪なこともあるまいと期待しています。ま、それでも結構なお値段ゆえ、すぐには買えませんねぇ。

この記事へのトラックバック