東京駅開業100周年で思いを巡らす。南海難波駅は来年130周年か。

東京駅開業100周年の限定Suicaで一悶着あったようですね。来年のApple Lucky Bagも年々問題が増えているように感じますし、もう中止すべきじゃないかと思うトビフシコです。一度も参戦できなかったことが心残りですけれど。

駅の開業といえば、歴史ある南海電鉄「難波駅」は何年経っているのか調べてみると、当然ながら南海(阪堺鉄道)の開業と同時の1885年12月29日。つまり、来年で130周年なんですねぇ。

画像

子供の頃、擦り切れるまで読みました↑

さすがに駅舎そのものは何度か作りかえられて、現在のものは4代目だそうな。まあ、南海としては難波駅どうのこうのより鉄道開業自体を祝うでしょうね。それでも、現存する日本最古の私鉄らしく日本初の私鉄駅舎として建設された歴史は大したもんじゃないですか。なぜ関西私鉄最低人気を甘んじて受け続けるのか不思議でなりません(オイ)。

なお、個人的には利用回数の多い難波駅よりも、和歌山市駅のほうに(さらにいえばそこの高島屋に)強い思い入れを持っています。南海本線の全通に時間がかかっているため、市駅の開業は1903年とのこと。1903年といえばライトフライヤー1号が飛んだ年ですよ。いつの間にか鉄道から翼が生えてしまいましたね。ん、車から羽根・・・ハっ、南海のシンボルじゃないですか!




羽車はともかく、今からでも遅くはないから旧塗装へ戻してくださいお願いします・・・。

関連記事 関連記事:

2014年「Lucky Bag」は荒れた? あと、iPod nano 7thをハズレと呼ばないで。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2014/01/05)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック