Photo:池の底のロマンチックなバルブ。DIGITAL HARINEZUMI 4.0。

池の水を抜くんなら、潜って底の栓を開ければいいんだよーってのは、半分冗談で半分マジらしい。
画像

DIGITAL HARINEZUMI 4.0、Nomal、Smoky_high


昔のため池は、村の男たちが底樋(一番底にある栓)の板を潜って引き上げにゃならんかった・・・と聞かされたことがある。その前に、途中開けられた斜樋で徐々に水位を下げるんだろうけれど、なかなかどうして大変なもんだねぇ。
画像

DIGITAL HARINEZUMI 4.0、Nomal、Smoky_high



【SET】デジタルハリネズミ4.0+超薄型充電器4200mAh(白)+microSDカード
chinon(株式会社チノン)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 【SET】デジタルハリネズミ4.0+超薄型充電器4200mAh(白)+microSDカード の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


モバイルバッテリーも重宝しとりまっス。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

コルキナ
2014年11月26日 18:58
 こんばんは、Tobiさん。寒うございますね。

 お久しぶりでした。私はMacに限らずPCには無知なので、mini関連のレビューにはコメント出来ず申し訳ありません。
 遅ればせながら、「購入おめでとうございます」…と書いてもそろそろ大丈夫…でしょうか(笑)。

 一枚目の写真をパッと見たとき、ピラミッドのような建物を、下から写したのかと思ってしまいました。水面が、あたかも曇り空であるかのように逆転して見えたのです。
 これならではの独特の色彩も相まって、マジカルな画だと思います。


 こちらは昼夜雨が降り続く、寒い日が続いております。そちらも多分かなり冷え込んできたことと思いますので、外での撮影時にはお気をつけください。
2014年11月26日 23:52
コルキナさんお久しぶりですっ。寒くなってきましたねー。

お祝いどうもありがとうございます。いえいえもう、そのお気持ちが本当に嬉しいです。ご興味の及ばない記事は全部すっ飛ばしていただいてかまいません。どうせ大したことも書いておりませんし、ナハハハ。

私も、撮った後見返したら、マヤ文明だかの階段ピラミッドっぽいなぁと思いました。うろこ雲が水面に反射したのが良かったのかもしれません。このトイデジカメは面白いフィルターをたくさん備えているものの、バグっぽい設定の組み合わせが気に入ってしまって、そればかり使っている次第です。1枚目の色彩も思い描いた通りに現れてくれて満足です、ナハハ。

お気遣い痛み入ります。こちらも2日ほど雨模様でして、明日は晴れてくれるかな? コルキナさんもどうぞお体お気をつけくださいませ。
コルキナ
2014年11月27日 04:16
 再びこんばんは、Tobiさん。

 「自分が気に入ったものを長く使う」言葉の上では簡単ですが、そうしたいけど…ということも、残念ながら多くなってきました。でも、miniと 楽しく、長く過ごせるといいですね。

 >マヤ文明
 ああ、まさに(笑)。中にはエイリアンがウジャウジャいて、それを狩りにきたプレデターがてっぺんでドヤ顔で吠えているあれですね!…って、そんな文明どこにあるんだ(笑)。

 「これでないと出ない色があるから」という理由で、少し前の世代のカメラを使う人が、デジタルの世界にもいます。
 そんな、「自分の感覚に合う一台」と思いがけない形で出会うことは、それ自体が不思議で面白いこと、ですね。

 こちらこそありがとうございます。外でカメラを扱う際は、指抜きの手袋(ドラッグストアの吊るし品)が不可欠…な季節になりました(笑)。

 忙しない時期ですが、シャッターを切るときくらいは、ゆっくり楽しみましょう(笑)。
2014年11月27日 10:52
ありがとうございます。このminiと長く付き合っていければと願っております。

ま、マヤ文明ってやっぱりその手の文明だったんですね・・・ってナハハハ。ちょっと意図がずれますけれど、同種の人工物って大昔も今も基本的なところで変わっていないなぁと感じることは、ままありますねぇ。

>「これでないと出ない色があるから」という理由で、少し前の世代のカメラを使う人が、デジタルの世界にもいます。

それはよくわかります。フィルムと違って色味など後でいかようにも料理できる点は確かにそうですが、撮影後の補正は技術・技量に加えて、ほかならぬ「自分自身の目利き」を納得させる必要があるのだと思います。多くの人にとって、自身の目利きほど厄介でワガママなヤツはおらんという具合でしょうか、ナハハ。だから、始めから気に入った色を出してくれるカメラに出会うと、手放し難くなるのも頷けますね。

私も100円ショップで買った指ぬきの手袋を取り出すことにします・・・ってええ加減ほつれてきたので今年は新調するかもしれません・・・また100円ショップで!

この記事へのトラックバック