Photo:たそがれの金粉と白筋髪切。開放絞りGR。

大きなカミキリムシ。英語だとロングホーン・ビートルだって。漢字もカタカナも英語も大層なこって。

画像

GR 換算28mm、F2.8、1/60、ISO500、-1.3EV


ちなみに苔は英語でモス。モスグリーンのモス。マクドに・・・モス。

画像

GR 換算28mm、F2.8、1/60、ISO100、-1.3EV




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

shigechan
2014年07月18日 23:47
トビさん、今晩は。

立派なカミキリムシですね~。ロングホーンとは牛みたいな名前でこれまた立派!
しかし箱根ではヒグラシが鳴くのを聞いたのに、自宅周辺では全く聞こえてきませんねぇ。絶滅しちゃうんではないかと心配です。
トビ
2014年07月19日 09:31
shigechanさんこんにちは。ありがとうございますっ。

ロングホーンってたしか、Windows XPの開発コードでしたねぇ。立派な触角やそれに類するものをことごとく牛の角に例えるのは、英語圏の文化や生活様式の現れなのでしょう。

私、ヒグラシは夏の終わりかと思っていましたが違うんですね、知りませんでした。このへんでも今はまったく聞こえません。ただ、鳴き声はしっかり耳に焼き付いているのでおそらく時期が来るのだと思いますが・・・うーん、減っているのも事実かもしれません。
shigechan
2014年07月19日 10:52
お早うございます。

ヒグラシは夏の終わりで間違いありませんよ。7月半ばにヒグラシを聞いたのはたぶん生涯初で、びっくりしました。
今朝は胃カメラを飲んできまして、帰りに街路樹でニイニイゼミが鳴いているのを聞きましたよ。

子供の頃の記憶ではニイニイゼミは7月早々に鳴いていたような気がします・・・。夏に蚊は要らないが蝉は要るみたいな感じですね(^^ゞ
トビ
2014年07月19日 23:07
shigechanさんどうもです。

夏の終わりでよかったんですね。まあ最近はいろいろと時期がおかしくなっていますし、ヒグラシのタイミングが狂うのもしかたがないのかもしれません、ナハハハ。そうそう、おっしゃるとおり蝉の声は欲しいですね。

胃カメラとは、またお疲れさまです。

この記事へのトラックバック