Photo:桜雲に 無能無才を 紛らわせ。レンズの悪いわけがないD40 + タムキュー。

全滅し続けて日の目を見ないのもアレだから、恥を忍んで掲載。

画像

D40+272E 換算135mm、F8、1/640、ISO200、-0.67EV


ブツ撮り以外ではひさしぶりだねタムロン90mmマクロ。世間の評判とは裏腹に、これほど手こずるレンズは初めてでござるよ。なにせ持ち主のファインダーを覗く目を、右から左に替えさせちゃったんだぜぇ。

画像

D40+272E 換算135mm、F8、1/500、ISO200、-0EV





低視力 + 眼鏡 + エントリーデジイチのファインダー = ピントの山を掴めない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

shigechan
2014年04月02日 00:38
トビさん、お早うございます。

デジイチのファインダースクリーンは見にくいですよね~。私はLXしか見ていなかったのでK10Dのファインダーを見てショックを受けました。
撮像素子が小さい分スクリーンも小さいから仕方がないですが、そのK10Dが割と見やすい方だとMacBSさんから言われて、また驚きました(^^ゞ

写真仲間(平均年齢:私の2回り上)たちは”もうピントが合わせられないんだよ~”と言ってましたが、何となく分かるような気がしてきました。
トビ
2014年04月02日 09:53
shigechanさんこんにちは。

スクリーンの小ささについて、眼鏡な私は情報表示が蹴られず見られる点が気に入っているのですが、被写体もまた小さく映って痛し痒しといったところです。

PENTAXはエントリークラスにもペンタプリズムを奢ったりと、ファインダーに力が入っていて羨ましいですね。私も、加齢の遠視が加わろうものなら、一眼レフを諦めざるをえないかもしれません。いや、老眼に厳しいのは液晶モニターなのか・・・もう自分に合致するカメラがないよーっ。
shigechan
2014年04月03日 16:31
今日は。

確かに土門拳さんみたいに助手が付くなんて、我々にはあり得ないですからねぇ。”仏様が笑った”なんて生まれ変わっても言えませんよ。

私は近中距離用の眼鏡を作りました(^^ゞ 会社では老眼アダプターを使っていますよ。そうしないとパソコンの画面にピントが合いません!
ファインダーの視度調整で何とかなる範囲なら良いのですが。
トビ
2014年04月03日 19:17
shigechanさんどうもです。

土門さんはまあ病気ですし、逆を言えばアマチュアの余裕なんてありませんからねぇ、ナハハハ。ファインダーや液晶をちゃんと見られなくなったり、カメラが持てなくなれば、おとなしく辞めちゃうのが趣味としてベストではないかと。

私も近視累進眼鏡(下方ほど度が低い)を作ったのですが、どうにも合わなくて・・・結局今の常用は、その一つ前に作った普通の近視用です。

私は眼鏡をかけた状態で、良いほうの左目なら視度調整範囲内に収まります。つーことは、最初から右目で覗くのが無理すぎたんですね、トホホホー。
shigechan
2014年04月03日 21:33
トビさん、今晩は。

その近視累進眼鏡は合わないかも知れないとのことで、眼鏡屋さんから特段のお薦めはなかったです。

デジイチのレイアウトは右目で覗いて、顔の横に操作系と言うのがほとんどですから、左目だと窮屈ですよね。
トビ
2014年04月04日 10:43
shigechanさんこんにちは。

そうそう、デジイチは右目で覗くのが前提ですよね。そもそも左利き用のカメラ自体極めて限られますし、ユニバーサルデザインの観点から最も遅れている分野といえそうです。

ただ、鉄道写真家の中井精也さんが左目で覗くのを知り、一眼レフでも可能なことを知った次第です。

この記事へのトラックバック