iOSで動画をバックグラウンドで再生する方法。iOS 6.1より仕様変更。

今日もテクニカルでタクティカルなお話ですよー。

iOS 6.1アップデートの変更点を調べるうちに、「Safariでの動画再生をバックグラウンドで引き続き再生することができなくなった」旨の報告が目につきました。バックグラウンドで再生するということは、動画の音声のみ再生できるということ。「そんなこと今まで可能だったんかいっ」というレベルのトビフシコは目から鱗ですヨ。NANOKAMO BLOGさん『iOS 6.1の気になる変更点まとめ! Safariのバックグラウンド再生停止や今後の考察など』の記事がとても詳しいです。

この場合の動画とは、YouTubeなどオンラインストリーミングされるもので、デバイスの内蔵ストレージに溜め込んだオフラインのものは含みません(というか、ミュージックと同じくバックグラウンド再生は普通に可能)。

iOS 6.0.2以前の動画バックグラウンド再生は3種類の手段があるようでして、

1. 任意のAppで動画を再生 →(ホーム画面に戻る)→ ホームボタンのダブルクリックでマルチタスクバーを右へスワイプ → ミュージックコントロールより続きを再生

画像


2. 任意のAppで動画を再生 → スリープボタンを押す → ホームボタンのダブルクリックでミュージックコントロールを表示 → 続きを再生

画像


3. バックグラウンド再生機能を持つ動画Appを利用(Appleの用意するAPIを使っていないタイプ?)

以上でしょうか。iOS 6.1では一つ目が不可能になった模様。例えば、「バックグラウンドでYouTubeのミュージックビデオを流しながらゲームを興じる」ことができなくなるわけですねぇ。

そもそも、iOS 6以降はAppleが「YouTube」Appを廃止してしまい、慌ててGoogleがリリースした「YouTube(App Store)」Appは端からバックグラウンド再生に非対応。よって、バックグラウンド再生するためにはSafari上で行うか専用のAppを使う以外に方法がなかったのです。今回の仕様変更によって、再生の手段がさらに狭められたカタチとなります。

なお、iOS 5.1.1で留まっている私の場合は、SafariだけでなくApple製「YouTube」Appでも普通にバックグラウンド再生が可能。本件のおかげでより良い視聴環境を知るなんて皮肉な話ですヨ。iOS 6へのアップグレードがどんどん遠ざかるのは、なんともはや・・・。


SONY ワイヤレススピーカーシステム ブラック SRS-BTV5/B
ソニー
2012-10-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by SONY ワイヤレススピーカーシステム ブラック SRS-BTV5/B の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



関連記事 関連記事:

高セキュリティ?な「ロック解除3段壁紙」のRetinaディスプレイ対応版を作成。(2013/02/01)

「iOS 6.1 ソフトウェア・アップデート」配布。ものすごーく地味な内容。(2013/01/29)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック