パワーリンゴ

アクセスカウンタ

zoom RSS ワールド工芸「根室拓殖 銀竜号」進捗その6。虚弱体質気味の下回りとフレキの話。

<<   作成日時 : 2018/04/26 20:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 6

< 全体的にペラい感じもワールド工芸の味なのさ= である調 >


まだ完了していない上回りを放ったらかして、下回りに移るゾ。いや、ちと悩んでいる箇所があってねぇ、下回りを含めた仮組みをせねば判断がつかんのよ。

画像

ボンネットの下付近に細かなパーツが集中する↑ いずれもエッチングの折り曲げ・折り重ねで表現される。ラジエターは三重につづら折り。ワールド工芸のエッチングマジックは、ジャポネーゼ折り紙テクノロジーが応用された一つの到達点だ、間違いにゃい。

画像

台枠も薄いエッチングから↑ ここが少々惜しい。さすがにt0.3真鍮板一枚では弱かろうと、2枚重ねにした細長いt0.3燐青銅板を台枠側面にベタ貼りするという補強方法が採られているのだ。合計0.9mm厚になって十分な強度が出るとはいえ、スマートさに欠けるなぁ。なにより補強用の材料を1枚の厚板でなく、2枚に折り重ねてまで薄板でまかなうとは恐れ入ったわ。そりゃ、コストの問題だと思うけれどさ。

画像

台枠にパーツを半田付けし、賑やかになった↑ ラジエターのレリーフが前面に付いた箱こそ他ならぬエンジンだが、実際のところ前しか見えないのだから単なる箱で十分だ。台枠の横方向に複数の梁が渡るカタチになって頑丈さを増すものの、厚板やロストの塊を惜しげもなく投入するモデルワーゲン製品のソリッド感には及ばない。

右は客室の床下で、後部排障器兼カプラー座を半田付け。さらに取り付けるべきパーツが1つ残っていて、そいつのディテールアップを検討するも……

画像

結局キットの部品を使うことに決定↑ 時間が前後して恐縮ながら、全体を仮組みしたところ、床下のクリアランスがけっこうギリギリになるのと後部排障器を作り直す必要があるので、今回は見送った次第。

画像

で、この細長いパーツは脱線復旧用のレールなのだ↑ ゆえにフレキシブルレール(フレキ)の切れ端から作るのが至って自然と考えたわけ。ま、今回はキットに忠実に従うことにするよ。なお、実車は細い金具でレールを引っ掛けていたらしく、その金具の存在を匂わせるためにエッチング板折り返しの出っ張りはあえて残しておいた。

実は、フレキからの自作をためらう最大の理由が他にあってだな……手持ちのHOeフレキが篠原製なのよ。事情をご存知なら全て悟っていただけると思う。他にPECOやTOMIXファイントラックの切れ端もあるんだけれど、手持ちの中では篠原が一番細くてリアルなのだ。しかし今となっては5cmのレールも無駄にしたくない。ま、そういうことでヨロピィコ。


テトラ 真鍮板 1.0×100×182mm 1枚 52066
テトラ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by テトラ 真鍮板 1.0×100×182mm 1枚 52066 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


色が似ているせいか金に対して偽物・安物のイメージがある真鍮も、工作素材としては決して安くないと思う。ここ数年銅合金の価格も上がっているらしいしねぇ。

関連記事 関連記事:

ワールド工芸「根室拓殖 銀竜号」進捗その7。動力ユニットの仮組み。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2018/04/29)

ワールド工芸「根室拓殖 銀竜号」進捗その5。ハリボテボンネットと3灯で末期的表情。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2018/04/24)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ワールド工芸「根室拓殖 銀竜号」進捗その5。ハリボテボンネットと3灯で末期的表情。
< エッチングの薄っぺらさがまたいい味。 = である調 > ...続きを見る
パワーリンゴ
2018/04/26 20:07
ワールド工芸「根室拓殖 銀竜号」進捗その7。動力ユニットの仮組み。
< 初心に帰って低品質・低画質・低労力モード = である調 > ...続きを見る
パワーリンゴ
2018/04/29 10:39
ワールド工芸「根室拓殖 銀竜号」進捗記事、全15回のまとめ。3低モードを守れなかった反省。
< 今回は60Wと40Wのコテをひっきりなしに持ち替えてハンダ付け = である調 > ...続きを見る
パワーリンゴ
2018/05/07 09:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
お早うございます。

コメントが通っていなかったみたいなので、もう一度・・・。篠原って横浜の篠原模型店ですか?! ガキンチョの頃はプラモデルを買いに行ってましたよ。お店の奥で鉄道模型を製作している親父さんを何度も見ました。
完成品も置いてあり、今となっては何ゲージか分かりませんが、子供心に凄げーと思って居たのを思い出します。ほぼ畏怖の念でした😀
shigechan
2018/04/28 10:25
shigechanさんこんにちは。

恥ずかしながら、レール関連のメーカーだと思っていたら実店舗もあることを今知りました。調べてみると、確かに横浜の篠原模型店で間違いありません。

そうですかぁ、shigechanさんが通われていたとは。で、店舗のほうがどうなるのかわかりませんけれど、レールの製造はやめるそうです。すでに全国の店頭在庫も枯れ始めているとのこと。貴重なラインナップだっただけに本当に惜しいものです、ハイ。
トビ
2018/04/28 17:04
今日は。

私が行った店舗からはとうの昔に移動していたんですが、今月いっぱいで廃業らしいです。もう秒読みですね。

検索したら”関内の店を閉めて本牧へ移動した時点で怪しいと思った”と書いてあるのを見ましたが、関内に店があったことを私は知らない😅 元が本牧ですからね〜。

いずれにしても、身近で廃業なんて言うニュースを聞くと寂しいです。
shigechan
2018/04/28 18:00
shigechanさんどうもです。

店も閉めるということですか、残念ですねぇ。篠原模型のサイトは移転の告知が最後のようで、以後の経過はわかりませんでした。

私の近所にも小さな模型店が数件ありましたが、今は全て消えました。ただ、篠原模型はフレキを含む道床無しレールメーカーとして大変貴重な存在だっただけに残念でなりません。
トビ
2018/04/28 22:18
今晩は。

昔は車輌以外にもトランジスタコントローラーを篠原名で販売していました。アバウト50年ほど前の話ですが😅
模型専業は厳しいんですかね〜。
shigechan
2018/04/28 23:26
shigechanさんどうもです。

50年前にトランジスタコントローラを販売していたとは、かなり先進的だったはずです。意欲的な会社だったんでしょうね。

私の町の模型店は、量販店やネット通販が隆盛を極める前にほとんど淘汰された印象でして、子供心に「模型屋は儲からないんだろうな」と寂しい気持ちになったのを覚えています、ナハハハ。

今、模型専業で大きくなった店舗は、自社ブランドの製品も積極的にリリースしている感じですね。純粋に販売のみを行う個人商店は本当に生き残るのが難しい時代なのでしょう。
トビ
2018/04/29 09:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
ワールド工芸「根室拓殖 銀竜号」進捗その6。虚弱体質気味の下回りとフレキの話。 パワーリンゴ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる