アクセスカウンタ

パワーリンゴ

プロフィール

ブログ名
パワーリンゴ
ブログ紹介
元DTPオペレータの「トビフシコ」が、MacやiPhone、デジカメなんぞの話題について一笑に付する・・・じゃなくて、情熱全開の語りを披露するモノ好きバラエティ・サイト。

オールドMacとジャンクデジカメをこよなく愛する一方、付き合い程度にWindowsを絡ませるのでご安心ください。

ブログ化以前のサイト名:Tobifushiko's Page!。
zoom RSS

BIGLOBEがKDDIの子会社にっ。KDDIを全く知らず今後の予測がさっぱりつかない。

2016/12/10 10:13
1997年以来お世話になってきたBIGLOBE。NECから企業婚活サイトちゃう日本産業パートナーズに移され、『KDDIが総額800億円でビッグローブを買収ーー通信事業の土管化を防げるか | TechCrunch Japan』とのことでKDDIに買い取られることと決したようですね。KDDIのニュースリリースはこちら

トビは、BIGLOBEの今後をさっぱり予測することができません。なにせ、いまだかつて通信大手のKDDI様とはほんの一時的にでも関わった経験がないのですよっ。固定回線はNTT一筋ですし、ISPもBIGLOBE一筋、携帯回線なんてJ-PHONE時代からソフトバンク一筋(おかしな日本語ですがわかりやすい表現でしょ)と仁義を貫いて参りました。ま、長期ユーザに対するメリットなど皆無に等しい仁義なき世の中では、ほとんど意味のない行為といっても差し支えありません。

少なくとも現時点までは、概ねBIGLOBEのサービスに満足しています。NECから抜ける前後に、メンテナンスや障害が頻発した程度でしょうかね。今はすっかり落ち着いて、ブログ記事の作成・投稿でエラーが生じる割合も激減しているように感じます。

KDDI傘下に入ってもこのクオリティを維持してほしい、それだけが望みです。


通信業界の裏側が分かる2017
日経BP社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 通信業界の裏側が分かる2017 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


関連記事 関連記事:

ビッグローブに続きニフティも売却を検討とな。ソネットを含め連携を模索? パワーリンゴ/ウェブリブログ(2014/04/15)

「NECビッグローブ」を「日本産業パートナーズ」へ売却とな。よくわからない。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2014/01/31)
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


引ける、引けるぞー。トラックボールM570tでIllustratorのベジェが引ける。

2016/12/07 15:43
利き手の罠にはまったのを悟ってからも、ロジクールのトラックボールM570tを使い続けているトビフシコです。

で、最初からトラックボールでは無理だろうと諦めていたIllustratorのベジェ曲線引きを試しにやってみたのです。なんということでしょう! かなり普通に引けてしまうではありませんかっ

確かにスピードはマウスの半分も出ていないと思います。しかし、ポイント置きやハンドル操作はマウスと同等の精度を簡単に出すことができるのです。ドラッグ操作においてマウスに勝るトラックボールの特長が効いている感じでしょうか。

しかも、4時間作業を続けても肩や上腕に疲労を覚えず、ボールを転がす親指がちょっと疲れたかな?という程度。身体への影響を断じるにはまだ早すぎますけれど、どうやらマウスとは傾向がだいぶ異なりそうです。

とはいえ不慣れな入力デバイス、Illustratorに限らずグラフィックソフト全般に共通する悩みのタネがありまして……どういうわけかキーボードショートカットとポインタ操作が頭の中で結びつかず混乱してしまう状態に陥ります。特に、ペンツールやブラシツールなどを使っている際、スペースキーで手のひらツールを一時的に有効化し画面移動することは日常茶飯事。ところが一瞬、スペースキーを押した後M570tの左ボタンを押さなければならないのかどうかわからなくなるのです……文字にすると病的な何かに見えてしまいますが、実際問題私の脳がプチフリーズするんですよねぇ〜。まぁ頻度は低いのですけれど。

以上を踏まえて利き手問題を考え直すと、本当に左手でトラックボールを操るほうが高精度なのかちょっと怪しくなります。器用だがベジェ曲線を引いたことのない左手と、不器用だがマウスでベジェを引きまくった右手。本当に困った体ですネっ。


LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t
ロジクール
2013-08-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


人差し指タイプや大玉タイプだとどんな使用感になるやら……。
関連記事 関連記事:

親指トラックボールと利き手の罠。M570tはトラックパッドと同じく指先の繊細さが要。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2016/11/27)
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2


今かよっ。iPhone SE 純正レザーケースに真っ赤な(PRODUCT)REDが追加。

2016/12/01 20:38
毎年12月1日は世界エイズデーだそうで、Appleが(PRODUCT)RED製品を拡充しました。
画像

で……愛しのiPhone SE 純正レザーケースに憧れの(PRODUCT)REDカラーが追加↑ なんてこったい!

だったら去年のうちに追加しておいてくれよと思ったのですが、iPhone SEって発売からまだ1年も経っていなかったんですね。そんな鮮度の高いiPhoneは久しぶりだし外観も大して変わらないので、どうにも実感が湧かないのです。

モノ自体は、おそらくiPhone 5s用の(PRODUCT)REDモデルと同一。

これでSE用のレザーケースはブラック・ミッドナイトブルー・レッドという、事情を知らない人からすれば意味不明のラインナップとなりました。ともかく、1色でも増やしてくれるのはありがたいことです。




お安く済ませたい方はこちらをどうぞ。

関連記事 関連記事:

iPhone SE純正レザーケース購入から50日経過。大きな変化はないが、一度外れかける。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2016/11/26)
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


USBレシーバー使用の入力装置とUSB-CオンリーMacの憂鬱。

2016/11/30 13:21
Mac miniの冬仕様快適環境計画が進行中ですので、MacBook Airから久しぶりの更新となります。

トラックボール導入もその一環ですが、なにもMac mini専用と決めつける必要はなかろうと、ただ今MacBook Airに繋いで使っていますヨ。所詮入力装置の一種ですし、これといった違和感もありません。
画像

そこでふと気づいたのは、Bluetooth接続が増えているとはいえ、USBドングルタイプのレシーバーを介した無線入力デバイスもまだまだ多いよなぁということ↑

例えば、このロジクールM570tをUSB-C端子オンリーの現行MacBookやMacBook Proへ繋ごうとするだけで変換アダプタが必要になっちゃうわけですよねぇ。

個人的に、Thunderboltや大電力まで何でも通せるUSB-Cは大いに普及してほしいと願っています。ただ、初代iMacのUSB 1.1のときとは状況が異なり、一般ユーザにとって十分な使い勝手と速度が既存のUSB2.0や3.0から得られる今、普及スピードに大きな期待を持つのは厳しいのではないでしょうか。

幸い、一つで複数デバイスの接続に対応するロジクール Unifyingレシーバーのようなタイプであれば、USB-C型のレシーバーを別売するだけで同社製品の多くが移行できるはずなので考えてほしいですね。

そりゃ全てがBluetoothに置き換わってくれればベストですけれど、USBレシーバータイプの安価で接続安定性の高い特長を引き継ぐまでは、もう少し時間がかかりそう……あと消費電力の差も……うーん、Bluetooth頑張れぇ!




関連記事 関連記事:

禁断の入力デバイス? 無線トラックボール「Logicool M570t」を使い始める。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2016/11/10)
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4


親指トラックボールと利き手の罠。M570tはトラックパッドと同じく指先の繊細さが要。

2016/11/27 13:16
前回わずかに触れた悲しいお知らせの詳細です。

ウィキペディアによればまさしくクロスドミナンスに該当するトビ。他人に見られやすい箸や筆記などは矯正されて右手を使い続けています。えぇ、魚を食べるのに時間がかかりますし、いくら練習してもわりと実直なミミズののたくった字以上には上達しません。

Windows 95のPC9821でパソコンデビューした際も、ただでさえ難解な操作にイレギュラーな要素を加えたくないと、右手でマウスを使い始めたんですね。以来ずーっと、マウス操作は右手です。

マウスによるポインティングは指先というより手首の繊細さが要求されるので、正直なところ右手でもさほど不自由していません。仕事での膨大なベジェ引きにすら十分対応できました。だから、外観がマウスと大差ないロジクールM570tを検討するときも、うっかりマウスと同じ感覚で見てしまったわけです、ハイ。
画像

当然の帰結ながら……失敗しました。親指や人差し指を使うトラックボールは、トラックパッド(タッチパッド)やトラックポイントと同系統のポインティングデバイスです。まさしくノートパソコン用のそれらを左手で操作する私が選ぶべき製品ではなかったんですよねぇ〜。もちろん人差し指用の一部モデルや、手のひらで大玉を転がすタイプにみられる左右対称型は別ですよ。

右利きの人が左手で細かい作業ができるよう訓練する機会はほとんどないでしょうから、その点クロスドミナンスの右手はわずかながら有利なはず。現に日常的なポインティングはわりと普通に行えます。けれどもやはり隔靴掻痒といいますか、文字どおり利き手と反対の手で扱う感は拭えません。

というわけで、使い続けようと思えばできないこともない、しかしマウスと同等もしくはそれ以上の正確な操作は望むべくもない状況で困ったザマスよっ。そもそも自分の体をどれだけ把握していないんだっちゅーね。




関連記事 関連記事:

引ける、引けるぞー。トラックボールM570tでIllustratorのベジェが引ける。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2016/12/07)

Logicool純正ドライバがイマイチなので大昔の傑作ユーティリティソフトを久しぶりに導入。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2016/11/13)
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0


iPhone SE純正レザーケース購入から50日経過。大きな変化はないが、一度外れかける。

2016/11/26 20:45
前回の報告から1ヶ月以上経ち、購入から50日を迎えたトビのiPhone SE用純正レザーケース
画像

どーしましょう、目立った変化がありません↑ ブロガーとしてはさすがに困った状況といえます。
画像

よく見ると角の周囲が若干黒っぽいですかねぇ〜↑ スレや小傷もできています。そういうことにしておいてください。

記事にしづらいという点では、画像の色の再現も本当に難しいのですよ。撮影技術のどーしよーもない未熟さに尽きる話でしょうけれど、このケースのミッドナイトブルーが不思議なほど写らず、狐につままれた気分。断っておきますが、私が買ったのはブラックではなくミッドナイトブルーです……たぶん。

ところで、ある日液晶面を下にして置いたとき、iPhone本体がケースから僅かにずれたことがありました。たしかホームボタン側が浮いたはず。むろん叩きつけるように置くわけもなく、偶然外れる方向へうまく力が集中したのかもしれませんが、緩むのを嫌って一度も外すことなく使い続けた私の努力が水泡に帰した気分ですヨ。

現象は1回きりで今に至るものの、何かの拍子であっさり外れてしまう不安は残りますね。まぁ本品に限らず、はめ込み式ケースの鉄則「できるだけ脱着しない」は守り続けるつもりです、ハイ。




うなぎ革ケースがまだ売っていますね〜。しかも全然安くなっていない……。

関連記事 関連記事:

今かよっ。iPhone SE 純正レザーケースに真っ赤な(PRODUCT)REDが追加。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2016/12/01)

iPhone SE用純正レザーケースを使い始めて2週間。目立った変化は特になし。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2016/10/21)
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2


AirMac製品販売終了の可能性、とな。純正ならではの利点もあったような気がする。

2016/11/24 11:22
Appleがディスプレイ分野から撤退するのはむしろ遅かったくらいに考えているトビですが、無線LAN関連も手を引くとは意外です。『Apple、無線ルータから撤退か - ITmedia ニュース』とのことで、公式見解でないものの、2013年以来アップデートが止まったきりなので信憑性は高そうですねぇ。
画像

これまで私は初代AirMac Expressを2台、中古の初代AirMacベースステーションを1台(ただし中のPCカード狙い)、そして現役のAirMac Extreme 5thを使ってきました。Apple純正の無線LANルータを使う最大のメリットは、Wi-Fiネットワークで不具合が出てAppleのサポートを受ける際に有利かつ円滑に進むことですね。

加えて、OSアップデートやハードの入れ替えでWi-Fiに繋がらなくなった等の不具合報告を少なからず目にしますが、自身の環境においてそういった問題にほとんど直面しないことも、ひょっとすると純正ならではの利点かもしれません。まぁ、自室の電波強度が弱くて参っていますけれど、これは問題でもなんでもないでしょう。

ともあれ目に見えない電波を扱う製品ゆえ、トラブル時の余計な不安要素を一つでも排除するための有望な選択肢だったわけですヨ。そもそも厳密に規格化されているはずなのに、メーカー間の性能差や不具合の発生率が思いのほか大きいってのがどーなんだと……。

このような理由で単なる無線LANルータとして使ってきた私のような場合はまだしも、バックアップソリューションとして提供してきたTime Capsuleまでやめてしまうとあらば、利用者に不親切な感は否めませんねぇ。え? Xserveなど不親切な先例は枚挙にいとまがないと? うーん、そろそろAppleもやり方を変えたほうがいいと思いますよ。




革新的な企業から普通の優良な企業へ……それでいいのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

パワーリンゴ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる