アクセスカウンタ

パワーリンゴ

プロフィール

ブログ名
パワーリンゴ
ブログ紹介
元DTPオペレータの「トビフシコ」が、MacやiPhone、デジカメなんぞの話題について一笑に付する・・・じゃなくて、情熱全開の語りを披露するモノ好きバラエティ・サイト。

オールドMacとジャンクデジカメをこよなく愛する一方、付き合い程度にWindowsを絡ませるのでご安心ください。

ブログ化以前のサイト名:Tobifushiko's Page!。
zoom RSS

Windows 10 RS2でiPadが同期できなくなる問題、iOSデバイス用ドライバを入れなおす。

2017/05/24 21:06
007のボンドといえばデミちゃうマイケルちゃうロジャー・ムーア!のトビフシコです、合掌。Windows 10 RS1(Anniversary Update)からRS2(Creators Update)へアップデートすると、iPadの同期ができなくなる問題に遭遇しました。訳あって2回アップデートし2回とも再現されたので、いちおう記しておきます。

個人的にiTunes for Windowsをほとんど使ってこず、ましてやiOSデバイスとの同期は家族のメインマシンをDellに替えた今回が初めて。ですから一度知れば当然のこととはいえ、「iPadのデバイスドライバ」などという概念がごっそり落ちていましたよ。

解決方法は『iTunes で iPhone、iPad、iPod が認識されない場合 - Apple サポート』のとおり。要するにApple Mobile Device USB Driverを入れ直せばOKですね。Windows 10の大型アップデートでは標準以外のドライバが外れたり書き換わったりしやすく、本ドライバもそのとばっちりを受けた可能性があります。Appleのサポート文書に従って作業すれば、まず大丈夫だと思います。

なお、デバイスマネージャーの「ポータブル デバイス」のプロパティからドライバを確認するのではなく、「ユニバーサル シリアル バス コントローラー」以下に「Apple Mobile Device USB Driver」があるかチェックするんですが、早とちりしやすいですね……しました。


死ぬのは奴らだ(デジタルリマスター・バージョン) [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2012-11-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 死ぬのは奴らだ(デジタルリマスター・バージョン) [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


子供の頃に観て、その妖しさに巻かれた本品がロジャー・ムーア第1作と知ったのはずっと後のことです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


激遅「Dell Inspiron 14 3000(3462)」のHDDをSSDへ換装、実用レベルに。

2017/05/23 11:31
以前ちらっと述べたように、家族のマシンがDell Inspiron 14 3000(3462)に変わりました。確かにiPad 5thの母艦としては使えるものの、アップデートやメンテ、トラブルシューティングなど時間のかかる作業ばかり引き受けざるをえないトビが根負けして、SSDへの換装に踏み切った次第です。

以下、Inspiron 14 - 3462の手順をご紹介します。裏面が一体になった現行モデルの分解記事が見当たらないのですが、さほど難しいものではありません。

*****

1. ぺらぺらのキーボードを外す↓ 上部5箇所と左右、中央4箇所にツメ。フラットケーブルも外す。
画像


2. 光学ドライブ搭載機なら、キーボードコネクタの上に位置するフラットケーブルも外す(たぶん)↓
画像


3. キーボードの下に隠れているネジ3本を外す。

4. 裏面のネジ9本とバッテリー室内の2本を外す。

5. バッテリー室内のレバーを引いて光学ドライブ or ダミーベゼルを取り出す。

6. 光学ドライブ挿入口付近のネジ3本を外す。

7. はめ込みの裏ブタを外す↓ 順番は、ケンジントンロック側ヒンジ部 > バッテリー室内 > 光学ドライブ室 > 以降反時計回りにツメを外していき、最後に電源ポート側ヒンジ部を外すと楽(たぶん)。CPU冷却に関わる部材は金属板1枚のみ。
画像


8. 写真の左下がHDD。細くて白いケーブルで繋がっている。これを外し、HDDマウンタの固定ネジ(本来4本なのに2本だけで付いているよっ)を外す。

ちなみにRAMはスロットを介したDDR3L PC3-12800 SO-DIMM↓ 低電圧オンリーだが換装できるのはありがたい。右下のバックアップ電池はCR2032。
画像


9 搭載されていたHDDはSeagateのST1000LM035↓ しかも7mm厚。
画像


10. これを、MacBook Proに搭載していたCrucial MX100 128GB SSDへ換装↓
画像


ここで9.5mm厚のドライブが載るかチェックを怠り恐縮だが、同じく7mm(だよね?)のMX100をスペーサー無しでマウンタにネジ止めする際けっこう隙間があったのを覚えているので、9.5mmも大丈夫だと思うたぶんきっとメイビー。

あとは組み立てるのみ。キーボードをはめる前にネジ3本締めるのを忘れないように。

*****

以上です。例によってSSDらしい大幅なレスポンス向上を体感することができます。ひょっとするとThinkPad X60を超えたかもしれません。ただ、やはりCPUもそれなりですし「ようやく使える速度に到達した」と同時に「これで頭打ちだな」の感が強いですね。そもそも10年前のロートルと競争している時点でどーなんだとっ。

いうまでもなく、真似される場合は自己責任でよろしくお願いします。





関連記事 関連記事:

新参「Dell Inspiron 3000」と「iPad 5th」に翻弄される。HDDは鬼門。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2017/04/17)
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


Late 2010のMacBook AirをSierraにアップグレード。索引作成やら大失態やら。

2017/05/22 19:24
いろいろな作業を同時進行していたトビフシコです。ひとまず直近の話題として、しばらくEl Capitan止まりだったMacBook Air(Late 2010) 11インチをmacOS Sierra 10.12.5にアップグレードしましたヨ。

画像

Core 2 Duo 1.6GHz、RAM 4GB、128GB フラッシュストレージの初代Air 11インチです。むろんEl Capitanでもパフォーマンスは相当低かったのですが、1年でも1日でも長く使うためのセキュリティ・アップデートを考えれば、旧バージョンで留まるわけにはまいりませぬ。

画像

別のことをしていたので正確にはわからないものの、アップグレードに結構な時間を要しました。その後もSpotlightの索引作成やらなんやらがバックグラウンドで動き回り、ファンもフル回転↑ 仕方がないので放置を続けます。

画像

で、つい先ほど落ち着いた様子。まだ全然触っていませんけれど、本機のSierraに期待するような新機能も特にありませんし……え、Siriですか? アップグレード直後の設定でオフのまま、おそらくオンにすることは永久にないでしょう。

そうそう、作業中に空前の失態をやらかしてしまいました。El Capitanでの最後のバックアップを済ませてからTime Machine HDDを繋いだままSierraにアップグレードしたのですが、ずっと床に置いていたんですよ。うっかり……USBケーブルへ足を引っ掛けましてね……もうスコーーンって、MagSafeもビックリの軽やかさでケーブルが抜けました。えぇ、ご期待どおりSierra後初のバックアップ中でございましたよ!

バックアップし直していちおう終了しましたけれど、遡ってのチェックはまだ。ったくもう、なにやってんだか。


macOS Sierra パーフェクトマニュアル
ソーテック社
井村 克也

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by macOS Sierra パーフェクトマニュアル の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


低クロックのCore 2 DuoでSiriが動くのは、凄いようでさほど凄くないのかもしれないが心情的に凄いって感じぃ〜。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「iOS 10.3.2」配布。32bit機のiPhone 5とiPad 4thをアップデート。

2017/05/18 10:14
一時はこの32bit機用ベータ版がリリースされず、マイナーバージョンでの切り捨てが行われるかもとの憶測が飛び交いましたが、さすがにそこまで無慈悲ではございませんでした。Appleが「iOS 10.3.2」を配布しています。

画像

デバイス単体もしくはiTunes経由でアップデートしてください。例によって後者をお勧めします。効能書きは以下。
iOS 10.3.2にはバグの修正およびiPhoneまたはiPadのセキュリティの問題の改善が含まれます。

このアップデートのセキュリティコンテンツについては、次のWebサイトをご覧ください:

https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

10.3.1に引き続き、こういった小規模なアップデートはデバイス単体でも問題になることは稀だと思います。ま、石橋を叩き壊して満足して引き返すトビのような性格をお持ちなら、余計な気の患いなくiTunes経由を選ぶほうが無難でしょう。

アップデートしたiPhone 5とiPad 4thはいたって普通に動作しております。両機は32bitアプリを動作させるためのマシンとして重宝する可能性もあり、現役時代より扱いがちぃと丁寧になっているのは秘密です……あれ?




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「macOS Sierra 10.12.5」配布。Mac App Storeの将来的な……って何だ?

2017/05/16 11:49
アップデート祭りです。Appleが「macOS Sierra 10.12.5」を配布しています。

画像

App Store.appのアップデート項からどうぞ。効能書きは以下。
macOS Sierra 10.12.5アップデートでは、お使いのMacのセキュリティ、安定性、および互換性が改善され、すべてのユーザに推奨されます。

このアップデートの内容:

・USBヘッドフォンで再生する際にオーディオがとぎれとぎれになる場合がある問題が修正されます
・Mac App Storeの将来的なソフトウェア・アップデートのための互換性が強化されます
・Boot Campを使ってWindows 10 Creators Updateのメディアフリー・インストールが可能になります

このアップデートについて詳しくは、次のWebサイトを参照してください: https://support.apple.com/ja-jp/HT207706
このアップデートのセキュリティコンテンツについて詳しくは、次のWebサイトを参照してください: https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

アップデータのサイズは894MBでマシンの再起動が必要です。

トビはMac mini(Late 2014)を上げたばかりでして、不具合の発生等々を確認できておりません。いずれのアップデート内容も直接関わらないものの、Mac App Storeの件は気になりますね。

ところで、El Capitanで止まっているMacBook Air(Late 2010)を次期macOS登場前にSierraへアップグレードしておくべきか思案中です。すでに速度面で厳しいのですが、少しでも長くセキュリティアップデートの恩恵にあずかることを考えるとねぇ〜。


macOS Sierraマスターブック (Mac Fan Books)
マイナビ出版
2016-10-20
小山 香織

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by macOS Sierraマスターブック (Mac Fan Books) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Anker USB 3.0ハブの筐体裏に銅箔テープを貼って、電磁波のシールドを試みる。

2017/05/15 11:33
配置を変えたりケーブルを変えたりしてノイズ対策に苦労したAnkerの「7ポート USB 3.0 ハブ(Amazon)」。あれ以来、Mac mini冬仕様ではさほど大きな問題ともならず過ごすことができました。どうもMagic Mouseほか一部機器の接続が非常にシビアな様子で、ExpertMouse ワイヤレスのBluetooth接続は極めて安定しております。

とはいえ夏に向けた機器の移動も踏まえ、コメントでも頂戴したとおりハブの電磁波シールドを試みました。1年保証が切れる1ヶ月前ですから、DIYOR(Do It at Your Own Risk)の精神でっ。まずはプラスチック筐体の裏側へ銅箔テープを貼る対策。

画像

背面シールに隠れた4本のネジを外してハブを3枚に下ろした図↑ 案の定、防磁もへったくれもないガワですね。

画像

以後、銅箔テープを切って貼っての繰り返しです↑

画像

ペタペタ↑

画像

ペタペタ……でずいぶん端折って下半分が完成↑

画像

上半分はLEDの窓があるので面倒です↑

画像

ペタペタ、ペタペタペタ↑ シンプルですがけっこう時間のかかる作業です。好きでなきゃやってられないかもしれません。

画像

ペタペタ……で上半分が完成↑ 頂いたコメントでは「この状態だと内部で反射しまくるからサンドペーパーを貼るべし」とのことでしたが、ひとまず様子を見たかったのでサンドペーパーは次の段で試してみることに。

画像

基板は初めから筐体に接していなかったものの、念のため絶縁を考えてマスキングテープ + 一部補強に配線用テープを貼りました↑

画像

大きな空隙がある上半分はバイタルパートのみ↑

画像

以上、組み立てて完成です↑

*****

冒頭に記したとおり、現状問題がないため効果のほどは不明。久しぶりにMagic Mouseを接続したら普通に使えましたけれど、比較のため作業前にテストしておくことをええ加減学習すべきですネっ。思い立ったが吉日とばかり、勢いに任せてしまう性格は一生治らないでしょう。

これでもまだ干渉が生じるなら、隅に残っているシールドの隙間を徹底的に埋めてサンドペーパーを貼ろうと考えています。


ニトムズ 銅箔テープ 38mm×5m J3160
ニトムズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ニトムズ 銅箔テープ 38mm×5m J3160 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


近所のホームセンターと比べて半額に近い価格ゆえ助かります。

関連記事 関連記事:

AmazonベーシックのUSB 3.0ケーブルで電波干渉の低減を図るも……。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2016/12/18)

USB 3.0ハブを机の下に置くことでMagic Mouseのマウスポインタ挙動不審問題が解消。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2016/07/06)

すわ電波干渉かっ。USB 3.0ハブを導入してからMagic Mouseのポインタが飛ぶ!遅れる! パワーリンゴ/ウェブリブログ(2016/07/05)
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4


4thからの「iPad 5th」ファーストレビュー、その6。Smart Coverの剛性不足に悩む。

2017/05/13 11:38
前回挙げた4つの気になる点などささやかなもんでして、使うほどに不満が溜まる箇所はやっぱり純正Smart Coverざますのよ、奥さん。

頸動脈を切ったときの血しぶきを思わせる鮮烈な赤はこの際どーでもいいんです。頸動脈を実際に切ったことがないのは少々惜しいところですが。むろん薄くて軽いのも文句ナッシング。となると……そう、剛性の低さ

画像

トビが最も多用する、寝かせて後ろを持ち上げるポジション↑ iPad Air以降が初iPadの方なら「こんなもんじゃないの?」と納得できるかもしれませんが、なまじiPad 4thを知っているだけにフワフワ感がどうにも気持ち悪いのです。

画像

構造の詳細は第3回で述べたとおり。ウレタン1枚のヒンジが致命的に見えて、実際は三角折りしたカバー全体がたわんでいるようです↑

一方、エッジではなく面での吸着により強固な三角柱を形成する上、2軸ヒンジの中間リンクが三角の頂点に座る4thのカバーは、ソフトウェアキーボードでバシバシディスプレイを叩いたって微動だにしません。

そもそもiPad 5thの場合、構造的な弱さ以前にたわみを抑えるべき適度な荷重が不足している……すなわち軽すぎるiPad本体こそ問題の根源ではなかろうかという疑惑が……まさしくあちらを立てればこちらが立たずの状態ですねっ。

とはいえそれ以外の利便性を捨てるには忍びないですし、別途スタンドを用意するのも癪ですし、なんとか本品と付き合っていくほかありますまい。使い込むうちに折り目がしっかり付いて多少はソリッドになるかもしれないとの淡い期待を抱きつつ。




悔しいですが、スタンド機能を重視する方へは純正Smart Coverをお勧めしかねます。簡易な造りになって価格が下がったのならまだしもねぇ〜。

関連記事 関連記事:

4thからの「iPad 5th」ファーストレビュー、その5。気になる点を4つ、特にTouch ID。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2017/05/10)

4thからの「iPad 5th」ファーストレビュー、その3。大きく変わったSmart Cover。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2017/05/03)
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

パワーリンゴ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる