パワーリンゴ

アクセスカウンタ

zoom RSS ワールド工芸の「根室拓殖 銀竜号」進捗その1。テンポよく薄板を貼り重ねて作る木造客室。

<<   作成日時 : 2018/04/17 19:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

< 低品質・低画質・低労力モード = である調 >


前回の続き。

ワールド工芸のキット作りは都合3台目である。「たったの3つかよー」と言われても……金属キットメーカー別では最多なんだから許してくれぃ。

画像

同社恒例エッチング板の山。プチプチとニッパーで切り取って、ゲートを整えて、折り紙よろしくペコペコ折り曲げて、をひたすら繰り返すのだ↑ モデルワーゲンかもめ号のときに述べたが、同じブラスキットでも両社のアプローチは好対照だなぁ。

画像

まず客室から始める。折り曲げ済みの4面を裏からしっかりハンダ付けし、ヤバいほど薄っぺらい窓枠を貼り付けるのだが、怖くて縦桟にはハンダを流せなかった↑ 上下のウィンドウシルとヘッダー(というより幕板)のみを固定。ただ、作業をしていると熱による変形がほとんど現れないことに気づく。そういえば、これの材質がリン青銅っぽいのだ。リン青銅は真鍮や洋白より伸びにくいんだろうか。

画像

4時間でここまで組み上がった↑ やはり薄板の貼り合わせは熱の伝わり方が早くて、初心者でもテンポよく組める。代わりに工程数・部品数や剛性とのトレードオフだから、そこは一長一短。

自走無蓋貨車として誕生した銀竜号を旅客化する際、近所の大工(資料によれば根室市内の早坂さん、改造設計は根室拓殖社員の高野さん)によってこの木造客室が作られた話は有名だろう。おかげで腰板の縦羽目の溝に流れたハンダをキサゲるのに手間取ったよ。キサゲ刷毛様々だわ。


テトラ 燐青銅板 0.3×100×180mm 1枚 32093
テトラ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by テトラ 燐青銅板 0.3×100×180mm 1枚 32093 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


うかつにも今になって、手頃な金属材料がAmazonで販売されていることに気づいた。

関連記事 関連記事:

木造客室もう出来あがり。ワールド工芸「根室拓殖 銀竜号」進捗その2。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2018/04/20)

「ワールド工芸の銀竜はじめました」…真打なのに製作記ナシ? 軽い報告でゆるりと参ろう。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2018/04/16)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「ワールド工芸の銀竜はじめました」…真打なのに製作記ナシ? 軽い報告でゆるりと参ろう。
< 古いとはいっても自社分ストック完売が2011年なのか = である調 > ...続きを見る
パワーリンゴ
2018/04/17 19:32
木造客室もう出来あがり。ワールド工芸「根室拓殖 銀竜号」進捗その2。
< 3低モード + スローペース = である調 > ...続きを見る
パワーリンゴ
2018/04/20 10:09
ワールド工芸「根室拓殖 銀竜号」進捗記事、全15回のまとめ。3低モードを守れなかった反省。
< 今回は60Wと40Wのコテをひっきりなしに持ち替えてハンダ付け = である調 > ...続きを見る
パワーリンゴ
2018/05/07 09:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ワールド工芸の「根室拓殖 銀竜号」進捗その1。テンポよく薄板を貼り重ねて作る木造客室。 パワーリンゴ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる