パワーリンゴ

アクセスカウンタ

zoom RSS 水没したアルミのテンキー付きUSBキーボード、1週間の乾燥で復活。

<<   作成日時 : 2017/12/30 10:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

三ツ矢サイダーをぶちまけたアルミのテンキー付きApple USB キーボード除湿剤と一緒に袋詰めして1週間が経ちました。もうよかろうと開封して、別に洗っていたキートップを取り付けます。

画像

さて、容態のほどは……見事、完全復活!……たぶん。

全キーの入力と打鍵感をチェックしたところ、特に問題なさそうです。2基のUSBハブも機能している模様。ホント助かりましたよ、予備のキーボードから戻すとキータッチの柔らかさが余計に感じられ「コレじゃなきゃいやん」な気分も倍増です。まぁ、単なるラバードームの劣化といえますし、それでは何のために予備を持っているんだかもう。

画像

ところで入力チェックにはキーボードビューアを用いたのですが、少しばかり妙なことに気づきました。まず、F12キーの右隣にあるメディア排出キーが無いことになっています。「command + option + メディア排出キー」でスリープに入るのを確認しましたから、物理キーは生きているはずです。

また、F14とF15キーは押下してもそれを示すグレー反転に変化しません。ここはサイダーが直撃した箇所ゆえ「ヤバい、死んだか?」と焦りました。そこで、Mission Controlの一部を両キーに割り当ててみたところ正常に機能したので、こちらも問題ないと思われます。

おそらくSierraのキーボードビューアが、ええ加減旧型になった本キーボードに完全対応していないだけのような気がします。そーゆーことにしておきませう。ひとまずはホッとしたものの、今後なんらかの症状が出る可能性もあります。大事なキーボードは年月を経ても油断せず、十分注意して取り扱いたいものです、ハイ。




水とりぞうさんは常備品です。

関連記事 関連記事:

アルミのテンキー付きApple USB キーボードに炭酸飲料をこぼす。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2017/12/22)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アルミのテンキー付きApple USB キーボードに炭酸飲料をこぼす。
< 多忙により低品質・低画質・低労力モードで絶賛更新中!! > ...続きを見る
パワーリンゴ
2017/12/30 10:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
復活おめでとうございます。新年を前に縁起が良い! イジェクトキーは、MacPro2013へ外付け光学ドライブを付けたときに機能していますね。
Appleのキーボードは昔から安くないので、大切にしないといけませんね。ずっと前はAdjustable Keyboardが欲しかったですが、手が出ませんでしたよ。
shigechan
2017/12/30 12:01
shigechanさんこんにちは。

ありがとうございます。新年の幸運を前払いで消化したのかもしれません、ナハハ。なるほど、外付け光学ドライブでも機能していますか。

AppleのAdjustable Keyboardは中古売り場でしか見たことがありませんが、サイズと見た目のインパクトが強烈ですね。iMateなどADB - USB変換アダプタを介すれば現行macOSでも使えるはずなので、今なお愛用している方がいらっしゃるかもしれません。
トビ
2017/12/30 16:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
水没したアルミのテンキー付きUSBキーボード、1週間の乾燥で復活。 パワーリンゴ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる