パワーリンゴ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「TrackMan ホイール」マイクロスイッチ修理、その3。別のスイッチの板と交換、ホイールも完治。

<<   作成日時 : 2017/03/12 15:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

前回の記事を書いてから、Mac miniでボタンの調子をうかがっていたTrackMan ホイール。わりと普通に使えるので繋ぎっぱなしのまま1日が経ってしまいました。これでは研究材料という本来の目的から逸脱するため、重い腰を上げて(オイっ)再調整を試みます。
画像

まず、左右ボタンのマイクロスイッチから燐青銅板を外して見比べました。左がピーキー状態で未解決の右ボタン用、右が正常になった左ボタン用↑ 明らかに、バネ部分の張り出し量が異なっていますねぇ。右ボタン用のほうが少ないですし、それ以外の細い部分が変形して平らではありません。雑な仕事ぶりに我ながら呆れます。
画像

丁寧に曲げを直していき、右とほぼ同じ状態に仕上げます↑

これを組み込んで右ボタンの押し心地をチェックすると、固さが増して過敏さが十分に抑えられました。しかし他のボタンと比べるとクリックの明瞭さは今一歩

さらに追い込みたいところですが、銅板を直接ピンセットで押してみたときの感覚からして、どうもこの板では埒が明かない気も……ひょっとすると新品時点での個体差があったのか、前オーナーの使いすぎとトビの微調整からくる金属疲労のムラが原因なのか、いずれにせよお手上げです。

というわけで、不本意ながらホイールクリック用マイクロスッチの板と入れ替えて本件はひとまず完了としましたヨ。幸い、ホイールのクリック感が多少悪くてもあまり気にはなりません。

*****

そうそう、ホイールの回転にも違和感があったのでした。本来「コトコトコト……」と軽やかにクリックを刻むところが、頻繁に「コトコトコトガクガクガク……」ってな具合の異常振動が発生します。断るまでもなく、ホイールを回したときの「クリック感」の話であってホイールを押し込む「ホイールクリック(センタークリック)」じゃないですよ。まぁ、ややこしいですけれどっ。
画像

こちらの原因はバッチリ判明。最初にパーツを洗浄してからホイールユニットの上下動を支えるレール部にグリスを塗り直したものの、量が少なくてガタが生じていたようです。たっぷり塗り込んでやると、ホイール自体がソリッドに固定された感触となって回転クリックの共振も綺麗に消えてくれました↑

ちなみに、ホイールに向かってくねくねと伸びているバネを外せばクリック感そのものを無くせます。

*****

以上、他のスイッチとのパーツ交換ができるのは本機ならではであって、ホイールクリックにタクトスイッチが用いられているM570t単体では左右ボタンの入れ替えしかできず現実的ではありません。ただ、同品番のスイッチが採用されていてクリック感のしっかりしたマウスのジャンク品から摘出する手立てはありますね。


オムロン OMRON マイクロスイッチ 5個セット D2F-01F
OMRON(オムロン)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by オムロン OMRON マイクロスイッチ 5個セット D2F-01F の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


新品のマイクロスイッチを買って、中の青銅板だけ移植するのもアリといえばアリですけれど、さすがにスイッチごと交換しないともったいないでしょう。

関連記事 関連記事:

改めて有線トラボ「TrackMan ホイール」を紹介。トラックボールにおけるワイヤレスの必要性など。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2017/03/16)

有線トラボ「TrackMan ホイール」のマイクロスイッチ修理に挑む、その2。効果はあったが……。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2017/03/11)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
有線トラボ「TrackMan ホイール」のマイクロスイッチ修理に挑む、その2。効果はあったが……。
昨日の続きです。オムロンのマイクロスッチをバラして、機能回復を図りますヨ。 ...続きを見る
パワーリンゴ
2017/03/12 15:36
改めて有線トラボ「TrackMan ホイール」を紹介。トラックボールにおけるワイヤレスの必要性など。
ジャンク品を修理したロジクールの有線トラックボール「TrackMan ホイール」、その全貌をお見せしないのもアレなんで、ご紹介しておきます。その前に、修理記録のまとめをば。 ...続きを見る
パワーリンゴ
2017/03/16 11:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は。

アマゾンで売っていましたか! 恐るべき品揃えですね〜。ボタンを押すとバネ板の下の摺動端子が往復運動するはずで、その下にも摺動箇所があるように思いました。
ハンダ吸い取り器が一つあると便利ですよ。
shigechan
2017/03/12 17:58
shigechanさんこんにちは。本当にAmazonは小売業界を制覇してしまうかもしれません。

このマイクロスイッチはバネ板以外に可動部分がありませんね。オムロンのスナップアクションというタイプで、そこの説明を引用すると

「下じきをそらせておいて、山になっている部分を押していくと、あるところで反対側にペコッと切り替わる動きと似ています。」

これよりわかりやすい説明は私にはできません、ナハハ。このスナップ力で、板の一端の上下を挟むように配されている2つの端子間を、パチンパチンと往復する仕組みです。

吸い取り線は持っているんですが、吸い取り器も欲しいですねー。ただ、ハンダの作業時間はshigechanさんよりはるかに少ないので、どうしても後回しになってしまいます、ナハハハ。
トビ
2017/03/12 18:58
ドモドモ😀

あ、可動部分無しですか! 反り返りだけでクリック感を出しているとは知りませんでした。有り難う御座いました。
確かに真空ポンプ式の吸い取り器を持っている人間は、ちょっと珍しいかも・・・。
shigechan
2017/03/12 22:19
shigechanさんどうもです。シンプルで合理的な仕組みですね。ただ、ハードな使用状況ではヘタリが早そうでもあります。

吸い取り機は、出張の修理業者さんが携えているのを見たことがあります。大きなボックス不要の白光FR300みたいなハンディタイプでしたが、間近でその威力を知っただけに……しかし、勇気のいる値段です、ナハハ。
トビ
2017/03/13 10:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
「TrackMan ホイール」マイクロスイッチ修理、その3。別のスイッチの板と交換、ホイールも完治。 パワーリンゴ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる