パワーリンゴ

アクセスカウンタ

zoom RSS macOS Sierraで「GW-450D KATANA」が動作しない時の対処。ドライバを手動で。

<<   作成日時 : 2016/11/06 09:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 4

えー、Planexの無線LAN子機「GW-450D KATANA」が動かなくてドツボにはまっていたトビです。いきなり対処法を簡潔に述べますと、

1. Planex純正ドライバのインストーラを実行する。

2. 「システム > ライブラリ > Extentions」に「RT2870USBWirelessDriver.kext」を手動で入れる。


以上です。
画像

macOS 10.12 Sierraでは、Planex(やその元となるMediaTek)のインストーラが正しく動作せず、WirelessUtility.appやメニューバーアイテムは追加されるものの肝心のドライバファイルが入らない模様です。
画像

私の環境に限る可能性も否定できません。ただですねぇ、インストーラpkgファイルの中身をチェックすると、ドライバが各OS Xのバージョンごとに入っているようで、この最新ドライバが配布されたのちに登場したmacOS Sierraの文字は当然ながら見当たりません。となると……うーむ、へむへむ。

厄介なことにインストーラの挙動は、途中で進捗バーがしばらく止まるものの(この時点が怪しい)、完了し再起動を促すところまで問題なく進みます。しかも、再起動後はアプリケーションフォルダにユーティリティが存在し、メニューバー項目も追加されているので、一見成功したかのように見えます。タチが悪いですね。

で、対処法の2つ目「RT2870USBWirelessDriver.kext」の入手方法ですが、恐縮ながら私の場合はTime Machineバックアップから復元しました。もし、SierraのMac用に本品を購入して、初めてドライバをインストールする方は、インストーラpkgから個別にファイルを取り出す手段を考えるしかなさそうです。ターミナル.appからいけるはず……ですけれど、まだ試しておりません。ひとまずご報告ということで。




Planex様、Sierra対応ドライバも出してくれます……よね?

関連記事 関連記事:

無線LAN子機「GW-450D KATANA」のmacOS Sierra対応版が公開されていた。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2017/02/12)

「GW-450D KATANA」のドライバとmacOS SierraのFinderがコンフリクト? パワーリンゴ/ウェブリブログ(2016/11/07)

自室のWi-Fi向上を目指し、Planexの無線LAN子機「GW-450D KATANA」を入手。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2016/08/07)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
自室のWi-Fi向上を目指し、Planexの無線LAN子機「GW-450D KATANA」を入手。
一式戦・・・じゃなかったフレッツ光ネクスト隼に変更するも、自室のWi-Fi強度がボトルネックとなっている状況を打破するため、Planexの無線LAN子機「GW-450D KATANA」を買いましたヨ。 ...続きを見る
パワーリンゴ
2016/11/06 09:57
「GW-450D KATANA」のドライバとmacOS SierraのFinderがコンフリクト?
『macOS Sierraで「GW-450D KATANA」が動作しない時の対処。ドライバを手動で。』の記事で大切なことを書き忘れていました。 ...続きを見る
パワーリンゴ
2016/11/07 20:53
無線LAN子機「GW-450D KATANA」のmacOS Sierra対応版が公開されていた。
無理やり手動でインストールしてからさほど不都合もなく使ってきたPlanexの無線LAN子機「GW-450D KATANA」。今日になってふと思い出し、macOS Sierra 10.12対応ドライバが配布されていないかPlanexのサイトを確認したところ、 ...続きを見る
パワーリンゴ
2017/02/12 19:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
カニさんチップのカーネルエクステンションですか。手動でしかるべき場所にインストールするのは、かなり面倒ですね。あちこちで問題噴出という感じですね〜、困ったもんです。
shigechan
2016/11/06 11:40
shigechanさんこんにちは。

カニマークはRealtekですかね。Planexの技術資料だと本機の内蔵チップはMediaTek MT7610Uとなっています。ただ、ドライバがRTから始まる型番なので、ハードウェアが単なるOEMの可能性も……その辺の事情はよく知りません、ナハハハ。

たしかに問題が少なからず報告されてもいい気がしますけれど、さっぱり見当たらず苦労しました。どうもSierraの動作するMacでわざわざ無線LAN子機を取り付けるヘンタイは限られるみたいでして……。
トビ
2016/11/06 13:54
今晩は。

カニさんチップはリアルテックで間違いありませんが、今回のRTはRalinkでしたね。失礼しました。RT何チャラというと、Pismo用の無線LANカードのチップがRalinkだったような気がします。
RT2870USBWirelessDriver.kextは有名みたいですね。検索したら関連する内容がたくさん出て来ましたが、全く訓み下せませんでした😅
shigechan
2016/11/06 23:58
shigechanさんどうもです。

Ralinkは聞いたことがないのですが、調べるとMediaTekに買収されたようですね。NICのチップメーカーまで興味が及んでおらず……ナハハハ。

このドライバ名で検索すると出てきますねぇ〜。相当汎用性の高いドライバですか、なるほど。私の件はドライバそのものというより、インストーラに問題がある(といってもSierraに未対応なだけ)っぽいので、いずれPlanexがSierra対応版を出してくれると思います……願っています。
トビ
2016/11/07 09:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
macOS Sierraで「GW-450D KATANA」が動作しない時の対処。ドライバを手動で。 パワーリンゴ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる