パワーリンゴ

アクセスカウンタ

zoom RSS ELECOMのUSBハブが完全に壊れる。それはいいのだけれど・・・。

<<   作成日時 : 2016/06/24 20:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

ハブは死んじまっただ〜のトビフシコです。故障疑惑を拭えないままMac miniで継続使用してきたUSB 2.0ハブの一台が完全に壊れましたヨ。

画像

エレコムの「U2H-H4SWH」↑ かなり前のモデルですが10年も経っておりません。

故障の経緯は以下のとおり。

1. 今朝、キーボード(本ハブ経由)の反応が悪いためMac miniを再起動。その後は普通に使えるようになる。

2. iPadの空き容量が逼迫していて、久しぶりに復元しようかと考える。せっかくだからiPhoneの復元も一緒にやろうと先にiPhone 5を接続(Lightningケーブルも本ハブ経由)。ところがiTunesとの接続がひんぱんに切れ、始める前の同期&バックアップがなかなか終わらない。「ったく、近ごろのAppleは」などとiTunesのせいにする。

3. いちおう終了したようなので、復元を開始。今考えると不思議だが、問題なく完了する。

4. 気を良くしてiPad 4thの復元を行う。またぞろiTunesとの接続が切れまくるも、終わるのを待って強引に復元開始。

5. システムが復元され、バックアップからの書き戻し中に再び接続が切れまくる。さすがに気持ち悪くなって(遅いよ!)、iTunesを終了しMacを再起動しようとしてキーボードが全く反応しないことに気づく。

6. 後悔。

7. 即刻USBハブを引っこ抜き、キーボードを直結。キーボードに付いているUSBハブ経由でiPadの同期を続行し、どうにか終了。

*****

こう、わかりやすくハブが壊れるのはむしろありがたいほどです。しかし・・・よりによってiOSデバイスの復元中に、それも「空き容量が増えたらいいな、ふっふーん」程度のノリで始めたときにですよっ。

画像


バラしてみましたが、素人目でわかる不自然な箇所は見当たりませんね↑ ハブがないと不便極まりないため、すぐに新しいものを注文しました。もう一台のバッファロー製は本機より新しいはずなので、まだ大丈夫だと思います・・・いや、頼むから!





関連記事 関連記事:

故障品の後釜に、Ankerの「7ポート USB 3.0 ハブ」を選ぶ。で、でかい・・・。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2016/06/26)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
故障品の後釜に、Ankerの「7ポート USB 3.0 ハブ」を選ぶ。で、でかい・・・。
故障したエレコム製USBハブの後釜に選んだのは・・・ ...続きを見る
パワーリンゴ
2016/06/26 19:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
これ電源供給周りが弱くてUSB HDDがスピンアップしないので買って程なくして他のに交換した覚えが
ねもねも
2016/06/24 20:47
ねもねもさんこんにちは。

おっと、そんなトラブルがありましたか。私のは長持ちしたほうなのかもしれませんねぇ。

USBハブの電源供給に問題を抱える事例は、バスパワー・セルフパワー共に少なからずあるようですね。後者の場合は、ハブからパソコン側へ逆流するタチの悪い場合もあって、私の個体もその気があった可能性は捨て切れません。たかがハブ、されどハブです、うーむ。
トビ
2016/06/24 22:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
ELECOMのUSBハブが完全に壊れる。それはいいのだけれど・・・。 パワーリンゴ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる