パワーリンゴ

アクセスカウンタ

zoom RSS RICOH GRへの液晶保護フィルムの正しい(?)貼り方。自分のスタイルにオフセット。

<<   作成日時 : 2014/03/27 11:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

従来機と異なり、液晶モニタの前にアクリル製保護カバーが加わったRICOH GR。その上から今までのノリで液晶保護フィルムを貼ると、少々見づらくなります。説明が難しいのですけれども、フィルムの厚み分の薄い影が液晶表示にかかってしまい、人によってはかなり目障りに感じるはず。ま、トビがそうでした。

画像


ゆえに、フィルム貼り付け作業では邪道ながら、わざとオフセットするのが良さそうです↑ 基本は「寄せて、上げて」・・・いやん。

1 センター:

オフセットしない普通の貼り方。液晶モニターを常に目と同じ高さで覗くよう徹底している方なら、なんの工夫も要りません。でもたぶん少数派。

2 右上にオフセット:

以下オフセットの事例は、カメラを目の高さより下に構えることを前提にしています。この場合、タテ構図で撮るときに常にグリップを上にする人向け。私が該当しますし、おそらく多数派。

3 左上にオフセット

2とは逆に、タテ構図で撮るときに常にグリップを下にする人向け。内蔵フラッシュが上にきて自然な写りとなりやすいため、フラッシュをよく使う方に多いかもしれません。

4 左右方向は均等で上にのみオフセット

タテ構図で撮るとき臨機応変にカメラの向きを変える人向け。また、タテ構図だと自然に目線の高さへカメラを持ち上げる癖のある人向け。

*******

以上でしょうか。あくまで参考程度にしてくださいね。でも、私は2回目に試行してかなり満足しています。

なお、下にオフセットしてもメリットは皆無に近いでしょう。カメラを頭上へ掲げるような状況など限られますし、デフォルトのアスペクト比3:2では表示下部が撮影情報の黒帯に割り当てられているため、ほとんど気にならないと思います。

またフィルム自体も、できるだけ薄手のものがオススメです。額縁と保護カバーの段差が僅かしかなく、ほとんどのフィルムが額縁より(厚み方向に)はみだしてしまうはず。そうなるとフィルムのエッジにめくれが生じたり、タイトなケースの出し入れ時に引っかかりを感じてなにかと不都合ですね。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
トビさん、今晩は。

「寄せて、上げて」・・・いやん。か、うまいこと言うなぁと感心していたら、私が何を言おうとしたのか忘れてしまい・・・(^_^;)

$199で購入したMX-1、落札後何日か経って見に行ったら$249へ値上げされていました。これが手に入れる前だったら”そりゃ無いぜ、セニョール”と思うんでしょうが、まあ良いタイミングだったと思います。

普段使いのWG-3GPSが結構良く写るので困るんですが、MX-1用のケースが手許に来たら、もう少し稼働率を上げてやろうと企み中です。
shigechan
2014/03/27 22:04
shigechanさんこんにちは。

お、MX-1購入はベストタイミングだったんですねー。シルバーで199ドルは本当にお値打ちです。

WG-3は良く写りますよねぇ。MX-1での写真も期待しています。さすがに大口径+1/1.7型センサーをもってすれば、WGも顔負けでしょう。
トビ
2014/03/28 15:09
今晩は。

落札したのはペンタックスのウルトラズームケースと言う物で、純正オプションなのか良く分かりません(^_^;)
いずれにしてもケースが来てもう少し天候が安定すればなぁと思います。
shigechan
2014/03/28 19:05
shigechanさんどうもです。

ウルトラズームケース・・・ですか。MX-1は4倍と控えめですけれど、まあ入りさえすれば問題ないですからね。

天気のほうはこちらも微妙です。MX-1の色味はGRと同じようなしっとりした感じなので、わりと曇天に合うかもしれません。雨さえ降らなければ、ですが。簡易防水でも欲しいですねぇ。
トビ
2014/03/28 20:29
お早うございます。ウルトラズームケースではなくメガズームケースでした(^_^ゞ
簡易防水機能が欲しいですよね! メーカーには伝えましたが即座に対応なんて出来ないだろうしなぁ。
shigechan
2014/03/29 01:56
shigechanさんこんにちは。返信が遅れて申し訳ありません。

メガズームケースですか・・・い、いずれにせよ入ればOKですね、ナハハハ。

簡易防水は沈胴式レンズだと難しいんでしょうね。OLYMPUS μシリーズがかろうじて実現したものの、画質への影響が少なからずあったようで・・。今朝のこちらは土砂降りですが、この雨に耐えろというのもちと酷かなぁ。
トビ
2014/03/30 08:47
ドモドモ。

こちらも嵐です。しかも地震まで・・・。
そのケースは余裕すぎで入りそうですねぇ、PENTAX Q+ストロボ+レンズ1本位入るかも。

沈胴式はズームWR90デートと言うのが簡易防水仕様で、まだ持っていますよ。出番はほとんど無くなりましたがリモコンが効くし広角側はボケが綺麗で、デジカメ以前は撮影会の下見に大活躍でした。
実体験からいってLXも!ズーム90WRデートも本降りに耐えましたが、持ち主が一番きつい(^_^;)
shigechan
2014/03/30 12:55
shigechanさんどうもです。荒しと地震のWパンチですか・・うぅ。

銀塩コンパクトの簡易防水や防滴って、コンパクトデジカメよりは簡単そうに思えますが、どっちみち電子部品の実装が多ければ同じですよねぇ。PENTAX LXは防滴仕様とはいえ、本降りに耐えるとは大したものです。

そういえば森山大道氏が、本降りではないけれど小雨ともいえぬ屋外にて、普通に濡れながらGR1での撮影を続けていました。カメラ大丈夫なんかなと端から心配してしまいます、ナハハ。

ま、あの御仁なら予備のGRをたくさん抱えているでしょうし、リコーが特別なサポートを提供していていもおかしくないのですが・・・最悪の場合撮影中に感電しそうで、とても真似しようとは思えません、ナハハー。
トビ
2014/03/30 14:22
今晩は。

確信犯的な使い方ですねぇ。すでに森山先生向けスペシャル仕様だったりして・・・。
ストロボ内蔵の電池式非防水カメラを、雨中で使う気にならないですね。自殺行為に思えます(^^ゞ
shigechan
2014/03/31 00:12
すでにスペシャル仕様・・・だとすると羨ましすぎます、ナハハハ。

そう、ストロボのコンデンサーがショートしたらと想像するだけで・・・しかもGR1やGR21は金属外装ゆえ、ダイレクトに身体へ抜けるんじゃないかと、あわわわ。
トビ
2014/03/31 09:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
RICOH GRへの液晶保護フィルムの正しい(?)貼り方。自分のスタイルにオフセット。 パワーリンゴ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる