パワーリンゴ

アクセスカウンタ

zoom RSS 物議をかもす「新しいThinkPad X1 Carbon」はキーボードよりトラックポイントボタンが。

<<   作成日時 : 2014/01/30 10:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

「新しいiPad」のような名称で日本発表となった「新しいThinkPad X1 Carbon」。先のCESでお披露目されて以来、キーボードレイアウトの大幅な変更と、動的に表示の変化するタッチパネル型ファンクションキーの採用などが話題になっていますねー。

画像


日本語配列の画像は『レノボ、世界最軽量の14型Ultrabook「新しいThinkPad X1 Carbon」 〜日本モデル専用キー配列と適応型ファンクションキーを採用 - PC Watch』をご参照あそばせ。

入力デバイスに対して常に改善の目を光らせ再考し、新たな挑戦を試みる姿勢は素晴らしいとトビは思いますヨ。ただそれが、「保守」や「伝統」を重視するモノ作りと、それによる生産性の低下防止を望むユーザが多いと思われるThinkPad製品でやる必要があるのかという疑問もまた、理解できますね。同じ試みをソニーがやったなら、より肯定的な意見が増えたかもしれません。

しかしまぁ、ファンクションキーとはいえキートップの表示を切り替えるには、今なお一体型のタッチパネルにせざるをえないんですねぇ。コストを度外視してさえ、Optimus Maximus keyboardのようなゴツいキートップと分厚いボディが必要とあらば、とても薄型ノートに搭載できる代物ではなさそうです。

個人的には、キーボードの変化よりもトラックポイントのボタンがタッチパッド式(というよりトラックパッドと一体)になった点がどうにも・・・。マウスのボタンとは違う、深くてしっかりした押し心地の物理ボタンが存在してはじめてトラックポイントの完成だと思うのです。それでも今後は、他のモデルへ波及するのかなぁ、うーーん。




従来モデルは全て物理ボタンが備わっています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
昔の専用機のファンクションキーのラベルが電動で切り替る奴がありました、普及タイプ(?)テンプレートで切り替えるタイプも(汗)
判り易い所だと国鉄の特急券&指定席販売窓口の端末が(汗)
テンプレート切り替えして棒を差し込むやつ、アレです(汗)
ねもねも
2014/01/30 13:32
ねもねもさんこんにちは。

国鉄の端末というのはパタパタでしょうか。私はあの実物を見た覚えがないのです。もう存在しなかったのか気づかなかったのか定かではありませんけれど(背の低い子供の頃ゆえ窓口業務を覗けなかったのかも)、確かにキーを固定して盤面を切り替える点で通じるものがありますねー。

そう考えると、オレンジ色の液晶で金額などを表示する券売機のキートップも同類ですね。うーん、案外昔からある発想だとあらためて認識しました。でも、やはり小型化に難があるのかなぁ。
トビ
2014/01/30 18:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
物議をかもす「新しいThinkPad X1 Carbon」はキーボードよりトラックポイントボタンが。 パワーリンゴ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる