パワーリンゴ

アクセスカウンタ

zoom RSS ウルトラサイレントなアップデート。Haswellを搭載した「iMac(Late 2013)」登場。

<<   作成日時 : 2013/09/24 23:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

もはや前のスペックなど覚えていない・・・。Appleが「元」屋台骨のiMacをアップデートしたようです。最新のIntelマイクロアーキテクチャ「Haswell」を搭載し、より高速なFusion DriveとPCIe接続フラッシュストレージのオプションが用意される模様。また、802.11ac規格のWi-Fiにも対応です。

画像


最下位モデルのグラフィックス「Intel Iris Pro」の文字がなければ、トビは絶対に気づきません。なお、Iris(あいりす)ブランド付きは内蔵GPUの中でも特に高性能のものに限られ、例えば同じHaswell世代でもMacBook AirはIrisではなくIntel HD Graphics(5000)。また、それ以外のラインナップは独立(ディスクリート)GPU搭載。

その他の仕様に変化はなさそうですね。地味で堅実なアップデートといえるでしょう。確かにつまらないものですが、最近のMacは劇的に変化しないほうが安心できてしまうんですよ・・ヤバいですね。


Apple Design 1997-2011 日本語版 -ハードカバー-
ボーンデジタル
Sabine Schulze(ザビーネ・シュルツェ)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Apple Design 1997-2011 日本語版 -ハードカバー- の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


Mac miniもそうですが、背面のSDXCカードスロットは何を考えて搭載しているのでしょう?

関連記事 関連記事:

久しぶりの戦略モデル。「iMac 1.4GHz」はMacBook Airのデスクトップ版。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2014/06/19)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
久しぶりの戦略モデル。「iMac 1.4GHz」はMacBook Airのデスクトップ版。
Appleは、CRT時代より1,000ドル前後のエントリーiMacをラインナップに加える戦略を何度か試みてきたように記憶しており、今回もまた日本円で108,800円となる「iMac 21.5インチ 1.4GHz」を新たに取り扱いはじめました↓ ...続きを見る
パワーリンゴ
2014/06/19 10:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは、とびさん。
確かに劇的に変化しない方が安心しますね(^^;
あの、最近iTunes11.1.0がスノレパのソフトウェアアップデートで出て来るんですけど、これ、セキュリティアップデート情報サイト(http://support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP)を見ると、Windowsに該当しているみたいなんです。でも、自動でソフトウェアアップデート画面に出て来るから、インストールしちゃって大丈夫なんですよね?
Kaoru
2013/09/26 11:34
Kaoruさんこんにちは。

iTunes 11.1はMac版もリリースされていますから、安心してアップデートなさってください。サポート文書では、確かにMac OSの記述が抜けていますねぇ。おそらく忘れただけだと思います。
トビ
2013/09/26 19:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
ウルトラサイレントなアップデート。Haswellを搭載した「iMac(Late 2013)」登場。 パワーリンゴ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる