パワーリンゴ

アクセスカウンタ

zoom RSS MacユーザのDOS/V PC学習記08。第二部の一発目はジャンクメモリへの置き換えだっ。

<<   作成日時 : 2012/11/28 16:29   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 6

※※ この記事はMac一筋のトビフシコが、DOS/VパソコンやWindowsの学習を自らに無理強いするためスタートアップした、「である調」で進められるハードボイルド物語である。 ※※

お蔵入りしたものとばかり思っていたから、よもや再開されるなんて・・・と考えた貴殿はまだまだ甘い。「ヤツなら、第二部の2回目あたりで沈黙するはずだ」くらいの深読みが欲しいもんだな・・やかましい。

DOS/V PC学習記、第二部の一発目は、ハードウェアの、しかもジャンキーな話である。06回のとおり、学習記を綴るきっかけとなったPCがずいぶんなジャンクだし、どうせなら増設メモリもジャンク品に換えてやれば一本筋が通るっつーもんだと強引な理由を付けて買ってきた。

画像


一見、普通のSO-DIMMだ↑ KINGMAX製144pinのPC-133 256MB。ジャンク価格315円なり。

画像


これまで搭載していた256MBと較べてみる↑ おやおや載っているチップの数が違うぞ。従来のが片面4枚ずつの計8枚なのに対して、KINGMAXのジャンクは片面8枚ずつの計16枚

実は、RAMモジュールのチップ数によって使える/使えないの生じる場合があるらしい。こちらのページがわかりやすいだろう。また、Macも無関係とはいえないようで、medical macintoshさんに詳しい。

恐ろしく大雑把にいえば、128Mbit(= 16MB)チップで構成されるモジュールのほうが古いマシンでも問題が起こりにくいということだ。256MBなら、16MB × 16枚のほうが安心できるということだ。

むしろ、この知識が頭の片隅にかろうじて引っかかっていたから、本モジュールの購入に至ったのが本音である。普通の8枚構成256MBは、まだお店のジャンク箱に複数枚転がっていよう。

画像


さっそくVersaPro VA80へ装着↑ 本機は8枚構成の256MBでも動いていたわけで、あえて交換する必要などない。たんに「全てをジャンク品」に揃えたいがためである。バカである。ちなみにチップセットはVIA VT8606。

画像


BIOSでしっかり認識したぞ↑ Windows上でも問題ない。いや・・・告白すると最初はダメだった。315円とはいえ「うっぴょー、ゴミ買っちゃったのー???」と動揺しまくりボンバー。RAMの動作検証はMacのほうが慣れているため、PowerBook Pismoに挿してみたところ・・やったネ、普通に認識する。

端子を少し奇麗にしてから、再度VersaProに組み込んでようやく認識してくれた。ここらがジャンクの綱渡りで、肝を冷やしつつ楽しめるかどうかが適正の分かれ目となろう。「楽しめないほうが普通だろ」という反論の反論は控えさせていただく。

欲をいえば512MBのモジュールが欲しい。だが、レアすぎてジャンク箱に収まる機会は極めて限られるのだろう、一度もお目にかかれやしない。私のPowerBook G4 GEにはPC-133の512MBを2枚突っ込んで「夢の1GB」を実現しており、なにがなんでも死守するつもりだ。まあ、モジュール1枚につきiPad1枚と交換なら(すごく)前向きに検討させていただこう。

画像


余った8枚構成256MBは、VersaProの前の宿主に粛々と返却する↑ 天気 & 雨雲監視モニターと化した伯父の形見も、合計384MBの快適環境へステップアップ。一石二鳥の結果オーライでハッピーエンドだ参ったかっ。




新品512MBはまたえらい価格である。

関連記事 関連記事:

MacユーザのDOS/V PC学習記09。SSDの空き領域をデフラグしてみたやってみた。(2013/01/21)

MacユーザのDOS/V PC学習記。おかげさまで第一部のまとめじゃ。(2012/07/18)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
MacユーザのDOS/V PC学習記09。SSDの空き領域をデフラグしてみたやってみた。
※※ この記事はMac一筋のトビフシコが、DOS/VパソコンやWindowsの学習を自らに無理強いするためスタートアップした、「である調」で進められるハードボイルド物語である。 ※※ 奇特な読者諸兄も、ええかげんiPadの話にはうんざりだろうから、180度気分を変えてPC学習記いっちゃおうー。 ...続きを見る
パワーリンゴ
2013/01/21 11:05
MacユーザのDOS/V PC学習記12。ワンセグ視聴機VersaProに512MB RAMを奢る。
※※ この記事はMac一筋のトビフシコが、DOS/VパソコンやWindowsの学習を自らに無理強いするためスタートアップした、「である調」で進められるハードボイルド物語である。 ※※ 奇跡の2日連続PC学習記、後にも先にもあり得な〜い。十八番のメモリ換装ネタだ、文句あるか。 ...続きを見る
パワーリンゴ
2013/06/03 22:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
Mac用のメモリーは高かった。探すのはDOS系のメモリー、指して動けばめっけものでしたね。冒険する価値はありました。
とめ
2012/11/29 03:13
とめさんこんにちは。

Mac用を謳うメモリは確かに割高でしたねー。Power Mac G3や初代iMac、PowerBook G3 '98以降はDOS/Vとほぼコンパチになりましたから、ずいぶん助かったものです。

ただ、一部機種はRAMモジュールの物理的な高さが問題になったり、一筋縄ではいかない場合も・・・。
トビ
2012/11/29 16:15
miniだとメモリの厚さとメモリ取り付けスロットの取り付け不良(笑)で、押し付けないと認識しないのがありますね。
写真に写ってるAirPortカードで思い出したのが、すっかりデスクトップオブジェと化した家のG4/AGPの専用ポートには、某ラジオ屋の青紫用無線LANカードが刺さってますよ。
ねもねも
2012/11/30 08:06
ねもねもさんこんにちは。

miniの不良はなかなか厳しいですねぇ。私がRAMの制約で印象深いのは、Power Macintosh G3 DTの高さ制限。電源との兼ね合いで168pin SDRAMの中でも1.15インチ以下のものを選ばなければならないという理不尽さです。MTでは一般的なサイズが選べ、安いDOS/V用の流用も簡単でしたし、腐ってもタワーだなと感心しました。

VAIO用の無線LANカードにAirMac互換品があるのは知りませんでした。探してみると、

http://www.stworks.dyndns.org/my_tech/airmac/airmac.html

この記事にあるような製品でしょうか。なかなかレアですねー。

トビ
2012/11/30 10:59
あぁん色々濁して書いたのにソレですよ(笑)
ねもねも
2012/12/01 15:47
いやいやいや、公序良俗に反する内容でもありませんし、むしろ有用ならば濁す必要はないかと、ナハハハ。
トビ
2012/12/01 19:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
MacユーザのDOS/V PC学習記08。第二部の一発目はジャンクメモリへの置き換えだっ。  パワーリンゴ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる