パワーリンゴ

アクセスカウンタ

zoom RSS Retinaディスプレイ搭載の新「iPad」は、実際に見て、触れて、感動したい。

<<   作成日時 : 2012/03/09 16:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さぁて、登場しました新「iPad」。噂どおり、Retinaディスプレイを搭載してきましたねー。

画像


このディスプレイを拝むだけでも十分に価値がありそうですけれど、ディスプレイの中で展開されるヴァーチャル世界が空前のリアリティを持ち得ることは想像に難くありません。スペックの数値だけ追うと、大したアップデートには思わないかもしれません。その神髄は、自分の目で見て、触れることにより理解できるのではないかと・・・トビは期待していますヨ。

ただ、Retinaディスプレイ以外の特徴は確かに突出するものがありません。フルHD解像度を遥かに上回るディスプレイを駆動するためにより高性能なチップが必須となった結果、A5Xが送り出されたわけで、「とりあえず速いチップを搭載して、速い速いと喧伝するだけ」の他社製品とはアプローチが真逆であることを忘れてはいけませんね。

ところで、ディスプレイの解像度が変わってしまうとユーザ・インターフェース(UI)を構成するパーツも全て作り直しになるのですが、今回もまた、開発者の方々には荷の重い作業となるのではないでしょうか。特にiOSはMac OSと違い、アプリケーションの実行時はフルスクリーン表示が前提になりますから、各デベロッパーは否応なく変更作業に追われるでしょう。

いい加減、UIのパーツを従来のラスタグラフィックスからベクタグラフィックスに全面移行すればいいのにと思うのですけれどねぇ。Appのファイル容量も大幅に減らすことができるでしょうし、メリットは計り知れないと私は考えております。

いまひとつ気になるのは、iPad 2に較べて厚さが0.6mm、重量が50g増加した点。僅かな差ではありますが、スティーブ・ジョブズなら「旧型より厚くて重い新型があるかっ」と一蹴するに違いありません。サイズや重さが大事な要素のデバイスだから、なおさらのはず・・・うーむ、へむへむ。

ともあれ、できるだけ早く実機に触れてみたいと思わせる逸品ですねー。従来のビットマップ・ディスプレイに長年お世話になった人ほど、大きな感動を味わえる気がします、えぇ。




早くも新iPadのアクセサリが登場していますね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Retinaディスプレイ搭載の新「iPad」は、実際に見て、触れて、感動したい。 パワーリンゴ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる